越智啓子さんbot(twitter)で見つけた、平安時代の恋愛のお話。 | 天使とお話してみよう!(占いの窓「蓮.」)

天使とお話してみよう!(占いの窓「蓮.」)

オラクルカードリーディング・エンジェルカードリーディング・エネルギーリーディング&ヒーリング。「占いの窓」に在籍させて頂いております。


テーマ:

こんにちは。

オンライン占いサイト「占いの窓」で鑑定師をさせて頂いております蓮.(れん)です。

今日も、「占いの窓」に出演中でございます。

皆様との光のご縁、心よりお待ち申し上げております。

 

さて、

今回のブログ、

越智啓子さんのbot(twitter)から抜粋させて頂いて、

気になるツイートをご紹介させて頂きます。

 

image

 

平安時代って、

イメージ的に、色恋のお話が多めな印象。これは勝手に私がイメージを持ってしまっているのですが(笑)。

でもね、

今でこそ、みんなが携帯電話やスマホを持ってて、

家の電話に連絡することなんてめったになくなっちゃったけど、

私が10代の頃とかは、家の電話にかけてたんですよ。

20代になって、携帯電話をみんなが持つようになり、徐々に、家電にかけることがなくなったけど。

平安時代なんて言ったら、

はるか昔の、本でしか読んだことない時代じゃないですか?

あの頃の恋って、

今より、文明も化学もなくて、人の「気持ち」「感覚」「心」だけが頼りだったと思うんです。

想い人への気持ちだって、

逢いたい気持ちだって、簡単には実現出来ない。直接行くか、文をしたためるか、待つ。勿論、文をしたためても返事がすぐくるわけではない。

今の私たちにそれが果たして出来るだろうか。

 

image

 

 

本当は出来るんです。

 

携帯電話が無かったら。

電話も無かったら。出来ます。

 

本当は出来るのに、便利なものや、すぐに調べることが出来るインターネット環境が当たり前にあって情報に溢れているから、待てなくなってるし、感じなくなっているのです。

 

平安時代の恋愛、

思い浮かべてみてね。

何も、調べられない、何も手段がないところで、

あの人の心を感じて幸せになる。

あの人の存在そのものを想いやって、愛を感じる。

あの人の文字や文章に恋をする。

顔や容姿が分からない、知らない、それでも恋をする、恋におちる。

 

ネット恋愛が、

今の時代だと、近いかもっていうことですね。

相手の顔も容姿もまだ見たことが無い・・・けど、なんだか惹かれる。気になる。逢いたくなる。

それって、

今ある情報の中で、恋をしているってこと。

だけど、圧倒的に違うのは、ネット恋愛だと、何度も読み返せたりするし、気になったらチェックできる。

平安時代の文のやりとりでは、それも出来なかった。

 

感じ取る、感じる力、

育てて行こう。

 

相手の心は

なにかで確認することなんて、絶対に出来ない。

それは、あなたの心が何らしかの方法で全て分かるわけがないのと同じです。

心は、

自分が感じ取るもの。

そこに愛を感じられるかどうかも、

感じ取る人の感覚によります。

愛が無い人なんて居ない。

愛されていない人なんて居ない。

誰かに愛されているから生きています。

 

その愛を、見つけて、感じ取り、じんわりと自分の中で暖められるかどうか。

 

恋愛は、そこだと思います。

 

image

 

本日も占いの窓にてお待ちしております。

image

 

 

 

天使と一緒(「占いの窓」所属「蓮.」のブログ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ