怜香です晴れ

 

気が付けば8月も終わり、明日からは9月に突入です。

いよいよ2017年度・玄空飛星派風水講座の開催日が近づいてまいりました!

 

 

4月の応用講座Ⅰの鑑定では、あるレストランの鑑定を受講生の皆さんに実際に行ってもらいました。

その店舗は大型の複合施設内にあり、オープンから10年近く経つお店です。

その複合施設内の店舗は半数以上が閉店しては入れ替わっていく中、
この店舗は、オープン8年目(2016年)にして最高売り上げ叩きだすという快挙を成し遂げました。
その秘密はまさに山道老師の手掛けた風水にありました。

その複合施設内の店舗は半数以上が閉店しては入れ替わっていく中、
オープン当初こそ順調だったそのレストランも、3年目の2011年には売り上げが下がり始めたのです。 

「このままじゃいけない!いや、危険だ!」
と、相談を受けたのが、山道老師です。


エントランスは坐向を見分ける判断材料の重要な一部でもありますが、
エントランスの方位が向首になるとは限らないことは講座に出られた皆さんはしみじみ実感したことでしょう。
今回の実例は2か所の異なる方位のエントランスから、一直線ではないガラス窓など、 
Level3の勇者達はこの店舗を前に迷宮に深く立ち入ってしまいましたね。
正しく坐向を取れなければ飛星チャートは描けませんし、
太極がわからなければ、各エネルギーの異なる八方位の区分によって空間内に侵入してくる
エネルギーを分析できません。

 



Lv.3以上のはずの勇者たちは、メダパニにかかっている人もいましたね。(笑)
「坐向は?!太極はどこ?!」と。



悩ましい坐向、太極の位置ですが、
2011年にこの案件を手掛けた山道老師は、きちんと坐向、太極を割り出し、
適切な判断を下せたことは、その後の実績となる「数字」が物語っています。

そして、山道老師の提案により、玄空飛星風水から見て衰気となる一方のエントランスは閉じて、新たに工事費931,875円を費やして、今まで窓だった場所にエントランスを2012年の初めに作ってしまったのです。

 


(よく、そんなに金投入したな、オーナー。)


売り上げ推移グラフを見るとわかりますが、正しく2012年初が売り上げの底辺でした。 

                                                     (単位/千円)

そして、現在8運の旺気となる向星を取り込む方位に新たにエントランスを作ってしまったことにより、店舗の売り上げは大きく変化していたのです。


そして、2012年の工事終了後から売り上げは右肩上がり!

更には‼2016年オープン8年目にして過去最高売り上げをたたき出したのです。

これは飲食界の常識からは、まさに奇跡なのです!

この様に現実を書き換えていく魔法が風水なのです‼
ただし、今年4月の前回講座の際に、Lv.3の勇者達が全滅したように、現場で、お客様の前で次のようなことができないのが風水師でもありますからね。笑

 

{54D85BA3-FC95-470E-992B-D78B58F5B25C}

 

 


論より証拠。「風水」を学ぶのではなく、「正しい風水」を学ぶことが大事なのです 

 

 

 そして勇者達のその後はこちらに書かれてます爆笑

勇者たちのその後

 

 

 

 

9月22日(金):玄空飛星超入門講座

9月23日(土):玄空飛星基礎講座

9月24日(日):玄空飛星応用Ⅱ講座

10月21・22日(土・日):玄空飛星応用Ⅰ講座

10月23日(月):玄空飛星応用Ⅱ講座

詳細はこちら

 

お申し込みはこちらから

 

 

本日もお立ち寄りくださり、ありがとうございましたニコニコ

 

 

AD