(詩)なにものも彼等を引き裂けない。(夢詩/TF) | 憧宮の 書斎 兼 アトリエ

憧宮の 書斎 兼 アトリエ

管理人・憧宮の徒然ブログ。

徒然更新でいきます。

気ままにゆるゆると。

主に小説、詩、加工画像を載せていっています。

たまにブログや読書レポート等。

交わした刃の先
そこにあったのは
苦しそうな
貴方の蒼だった

いつから
こうなってしまったのだろう
蒼と紅
共に生き
共に笑っていた同士が
袂を分かってしまったのは
それと共に
私達の愛も
分かれてしまったのは

荒れ果てた大地で
私達は
愛ではなく
刃を交わす
ああ
いつになれば
この不毛な争いは終わる?


何十年
何百年の時が過ぎただろう
青い惑星(ほし)で
蒼と紅は
再び手を取り合った

ああ
やっと
やっと
終わったんだね
手にした刃を放り投げて
私は駆け出す

たどりついたそこは
愛しい蒼の
あたたかい腕の中でした










更新情報をお知らせします


ランキングに参加させていただいてます!
ご協力よろしくお願いいたします!

創作詩ランキング


aika_togu1003_hs0707@yahoo.co.jp
↑感想等はこちらへ♪