日々仕事や、家事におわれていると、

しなくちゃいけないことの連続で、

なんだか、追われてるような気持ち

になることはありませんか?

 

 

あれもしなきゃ、これもしなきゃ

と忙しく動いていても

なんだかすることが

どんどん上積みされていってる

感じ。

 

 

1日なんてあっという間だよ~びっくり

って嘆きたくなることありますよね。

 

 

 

また、女性の場合、自分のことは

どんどん後回しになっていくから、

 

ストレスもたまるし、

 

心も身体もケアできない時間が増えて、

 

ふと鏡の自分に気がついたら

どんより、老け込んだ自分がいた(;^_^A

 

ということも

あるある、です。

 

 

 

 

 

50代にもなってくると、

だんだん脳の処理能力が

低下するといわれています。

 

 

 

若い頃に比べて、同時並行的に

何かをする、ということが

苦手になってくるのです。

 

 

 

だから当然、1日に処理できる

タスクも減ってくる。

 

 

 

 

じゃあ、やっぱりこのまま

忙しくして過ごすしかないの?あせる

 

 

 

 

 

いえいえ、その前に

 

 

自分に今一度聞いてみて欲しいのです。

 

 

 

 

 

「あなた、何に忙しいの?」

 

 

 

 

 

こう聞かれると、

 

「だから、仕事もあるし家事もあるし・・」

 

みたいなざっくりした答えになりませんか?

 

 

 

 

 

案外、私たちは、時間を何につかっているか

具体的には把握していません。

 

 

毎日することをルーティン化しているので、

流れる時間を気に留めていない。

 

 

 

だから、ここはまず、

 

 

 

自分がいったい

何にどれだけ

時間を

かけているかを

把握しておくことが大事。

 

 

 

そこで、

1週間、自分のタイムスケジュール

をつけてみましょう。

 

 

 

そうすると、自分の時間の使い方

がよくわかります。

 

 

 

たとえば、

パソコンやスマホを

長くみてるな、

 

とか

 

献立決まらなくて、

スーパーうろうろしてる

時間長いな

(ハイ、これ私です)(〃∇〃)

 

とか

 

 

 

 

それに気がつくことで

無意識に流れている時間が

急に実態のある時間として

認識されるのです。

 

 

 

「忙しくて何にもできない」

って嘆く前に

 

 

まずは、

自分の時間の使い方を

みえる化してみましょう。