⑩ 知らず知らずのうちに体内に取り込んでいる毒 | バンコクのリンパ痩身&理学整体スパ♡RENE

バンコクのリンパ痩身&理学整体スパ♡RENE

タイのバンコクで、リンパ痩身、理学整体、リンパと理学整体を組み合わせたフェイスマッサージや頭蓋マッサージを行う日系スパです。スタッフは国家資格を持つ理学療法士です。


テーマ:
 

とても長いデトックスのシリーズになっていますが、具体的なデトックスの方法の紹介に入る前に、ここでもう一度毒素のおさらいです。


前回までの記事で、

・現代社会では、食事・生活用品・大気汚染などから普通に生活しているだけでも有害物質や毒素を摂取してしまう

・これを完全にシャットアウトすることは、もはや不可能といえる位、巷には合成化合物や有害金属等の毒素があふれている

ということがわかっていただけたと思います。

 

もう一度、毒素についてまとめてみましたので、

 

1 皮膚から吸収された毒は排出されにくい?

皮膚から吸収された化学物質等は、10日経ってもその10%ほどしか排出されません!!

口から吸収したほとんどの化学物質は、肝臓を通り分解されて尿や便としておよそ10日間で90%は体外に排出されてしまうのです。

しかし、経皮から吸収したものは、消化や分解する器官を通らないので、そのまま皮下脂肪に蓄積されたり、血液を通って子宮や脳に蓄積されてしまいます。

化学物質が肝臓を通った場合と比べて、皮膚を通った場合の分解率は、なんと・・・・たったの2%しかないとも言われているのです。

 

2 化学物質は分子量が小さく、皮膚から吸収されやすい

皮膚というのは、表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されているのですが、その中でも表皮はさらに何層かの角質層でできています。

 

実は、体の場所によって角質層の厚さが違うのです。瞼の下などは非常に薄いことは、皆さんも実感されていると思います。

通常、角質層は分子量500以上の微生物やウイルスの分子を通さないようになっています。

これをお肌のバリア機能というのですが、自然界に存在するものは、この角質層を通過できないと言われています。

 

ところが・・・・

現在は、界面活性剤を始め、沢山の化学物質が、私達の日用品等に使われているのです。

それらは、極めて小さな分子の集合体であり、皮膚の分子量よりも小さいため、私達の皮膚を簡単に通り抜けてしまうのです。

 

化粧品に使われている、アンチエイジングの有効成分で知られるヒアルロン酸は、実は分子量が皮膚の分子の100万以上の大きさになります。

とても大きな分子なのです。

コラーゲンはもっと大きいです。

なので、通常ではお肌に浸透することは絶対にありえないのです。

 

しかし、界面活性剤等の化学物質を同時に使うことで、角質層のバリア機能を破壊して、これらの有効成分を角質層に浸透させるという方法が取られています。

 

今は、安全な界面活性剤も沢山開発されていますので、神経質になる必要はないと思いますが、タイに輸入されている中国製品などは信じられないような成分が未だに使われています。

その点で、日本製品はタイではとても安全で信用できる商品だと認められているので、本当にありがたいことです。

 

3 皮膚から吸収された毒の蓄積場所

皮膚から吸収された毒は、一度吸収されると皮下脂肪に蓄積されます。

それが血液などを通って体全体に回ります。

多くの化学物質は脂溶性のため、皮下脂肪はもちろん、脂肪の塊である脳や肝臓にも蓄積されると言われています。

さらに、女性は子宮に、男性は前立腺に蓄積されやすいとも言われています。

貯まりやすい場所については前回の記事を参考にしてください

毒素や老廃部はどこから排泄されるの?

 

4 皮膚から吸収された毒と関連づけられている病気

皮膚から吸収された毒素と関連付けられる病気の中で最も多いのは、皮膚の病気です。

肌荒れ、湿疹、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などです。

そのほか、婦人科系の病気(子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫)がん(乳癌、子宮がん、前立腺癌等)、脳に関する病気のうち認知症やアルツハイマー病も経皮毒が要因の1つだと考えられています。

けれど、病気と皮膚から吸収された毒とを直接関連づけることはとても難しく、可能性があったとしても原因として特定することは難しいことから、経皮毒を真っ向から否定される医療機関が多いのも事実です。

さらに、皮膚から吸収された毒について調査研究が行われているものの、正式に学術的な発表がなされていないということも、皮膚から吸収された毒を否定する材料になっています。

 


にほんブログ村

 

 リンパ&理学整体スパ (小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等)
RENE  JAPAN  BEAUTY & HEALTH

ガーベラ  HP http://rene-thailand.sakura.ne.jp/
ガーベラ  営業時間 11:00〰20:00 定休日(月)
ガーベラ  住所 102/14 Soi University of Thai Chamber of Commer.Dingdaeng.Bangkok アクセス
ガーベラ  電話 09-5964-8484

   (日本語で対応可。タイ人スタッフがでた場合は日本語で「もしもし」と言っていただければ日本人に変ります。)

ガーベラ  Facebook  Rene ThailandまたはRene seitaisui

ガーベラ  Insutagram rene_thailand
ガーベラ  Twitter @rene_Japan

ガーベラ  LineID  rene8484 

   (ご予約はラインからが便利です。初めてのお客様はお店の位置情報等も送らせていただきます。日本語でご連絡ください。日本人スタッフが施術中はお返事が遅くなる場合がありますのでご了承ください。)

 

 

RENEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス