⑤ 有害金属が体に及ぼす影響とは? | バンコクのリンパ痩身&理学整体スパ♡RENE

バンコクのリンパ痩身&理学整体スパ♡RENE

タイのバンコクで、リンパ痩身、理学整体、リンパと理学整体を組み合わせたフェイスマッサージや頭蓋マッサージを行う日系スパです。スタッフは国家資格を持つ理学療法士です。


テーマ:

前回、有害金属(ミネラル)等が体内に取り込まれた場合、蓄積されやすい部位についてご紹介しました。

今回は、有害金属(ミネラル)の中でも、日常生活の中で体内に摂取される機会が多い、水銀、アルミニウム、鉛、ヒ素、カドミウムについて、摂取ルートと体内に蓄積された場合の弊害についてご紹介したいと思います。

 

何から摂取されて、体内でどういう弊害を及ぼすのかは次の通りです。

 

① 水銀

    魚介類、昔の歯の詰め物(アマルガム)、予防接種のワクチン、化粧品、農薬等から

   主に腎臓、骨、肝臓に蓄積する。

   過剰に蓄積すると腎臓、肝臓障害、感覚障害等が起こる

   めまい、しびれ、頭痛、難聴、うつ、脱力感、アトピー性皮膚炎、食欲不振、アレルギー疾患、脂肪燃

   焼の阻害による肥満

② アルミニウム

   調理器具、アルミ缶などから

   主に骨、皮膚、脳に蓄積する。

   アルツハイマー病との関連も指摘されている。

③ 

   水、缶詰、たばこの煙、排気ガス、ヘアカラー等から

   主に骨、肝臓に蓄積する

   疲労、頭痛、貧血、不眠などの原因になる

④ ヒ素

   残留農薬、水、魚介類、殺虫剤、除草剤、ヒジキ、合成ゴム、プラスチックなどから

   体内のほとんどの組織に蓄積する

   皮膚障害、全身疲労などの原因になる

⑤  カドミウム

   排気ガス、たばこの煙、水、土壌、農作物などから

   主に腎臓、肝臓に蓄積する

   腎臓、肝臓障害、骨の異常等の原因になる

   貧血、情緒不安定、神経疾患、こどもの発育阻害

 

そして、摂取ルートとしては、次の3つのルートがあります。

① 口から何かを食べて様々なものを体に吸収する経口吸収ルート

② 皮膚を通じて成分が体内に浸透する経皮吸収ルート

③ 呼吸により取り入れる経気道吸入ルート

 

病院 経口吸収は、体に入った90%が体外へ排出されます。

食べ物に添加されている合成化合物質や、究極の化学物質を言える薬でさえも腎臓が解毒し90%は排出されるのです。

排出される期間としては、体に入って10日程で排出されると言われています。

なので、お医者さんや研究者などが、「人の体には本来解毒の作用が備わっており、デトックスをして体外に排出する必要はない」と言うのは、この肝臓の素晴らしい解毒作用のことを言っているのです。

 

病院 経皮吸収では体に入った90%が体内で蓄積されます。

ところが・・・

最近、経皮吸収がとても問題になってきています。

経口吸収に対して、経皮吸収された合成化合物質が体外に排出されるのは、たった10%程度であり、90%は体内に残ってしまうのです。

 

そして、怖いのは、経皮吸収された合成化合物は体内の脂肪分に蓄積されるため、皮下脂肪、内臓脂肪に溜まるのです。

体の部位でいうのなら、脳(脳の重量の60%は脂です)や肝臓などに溜まりやすいと言われています。

さらに、男性であれば前立腺、女性であれば乳房と子宮に多く溜まるのです。

 

本来、皮膚にはバリア機能があるため、分子の大きい物は吸収されることはありません。

ところが、最近は化粧品、シャンプー等、お肌に有効な成分を吸収させるためにそのバリア機能を壊す界面活性剤等が使われており、皮膚のバリア機能をすり抜けて体内に吸収される化学物資が増えてきています。

また、DDTをはじめとする殺虫剤や、汗によって微量に溶け出した金属イオンなどが皮膚から吸収されることは昔から知られていたことなのです。

 

例えば、経皮吸収されやすいものとして

① ニコチン - タバコに含まれる依存性成分
② エストラジオール美容液に使われるエストロゲンの一種で女性ホルモンと同じ働きをする薬剤
③ ニトログリセリン - ダイナマイトに使用される爆発性のある物質で狭心症の薬として使われる
④ フェンタニル - 鎮痛剤や麻酔剤として使われる薬剤
⑤ 水銀 - 神経系にダメージを与える有害金属で自然界にも存在する。

等が挙げられています。

 

そして、

日常使われるもので、危険とされているのが

・頭皮に直接触れるシャンプーを始めとするヘアケア製品

・口内の粘膜に触れる歯磨き粉

・生理用ナプキン

等があります。

 

一般に脂肪性で、分子量が1000以下のものは、皮膚からも吸収されるとそうです。

 

また、経皮吸収が高い部位として、腕の皮膚を基準として見ると

① 頭皮は3.5倍

② 口の粘膜は10~20倍

③ 女性のデリケートゾーンは42倍

と、とても吸収率が高いデータが出ています。

 

合成化合物として体に悪影響、危険を及ぼすものとして認定されているものは

日本 100種類

アメリカ 800種類

EU 4000種類

ということで、日本と欧米では合成化合物に対する認識にかなり差があります。

 

私たちが普段なにげなく使っているシャンプーやリンス、ボディソープなどの入浴グッズのほか、洗濯洗剤や台所用洗剤、また化粧品や毛染め液、パーマ液、香水、歯磨き粉等の品には、石油由来の合成界面活性剤をはじめとして、まだ人体への安全性がよく分かっていない成分が多数含まれています。

 

それが皮膚を通して体内に入り、さまざまな影響を及ぼす可能性があると考えられています。

ところが、その意見に関して「経皮毒」等真っ赤な嘘だという意見も多数あります。

データには信憑性がないとか、日常的に経皮毒を体内に蓄積していたら人類は滅亡しているという極端なことを言う人も中にはいます。

 

けれど、現実には、

そもそも自然界に存在しない石油由来の合成界面活性剤などは、人体にとって想定外の物質のため、皮膚のバリア機能が追いつかない

ともいわれており、経皮毒の研究が進めば、今後、とんでもない怖い結果が分かってくる可能性があるのです。

 

そんなことから、経皮毒は私たちの体に何らかの影響を及ぼす可能性が高いと考えられます。

健康に生きていくためには、私たち一人ひとりが意識を高め、「できるだけ安全なものを選んでいく」ということと、知らず知らずに取り入れてしまった毒素を日常的にデトックスしていく習慣をつけることが大切です。

 

 

 
 
 
コスモス (RENEの美と健康に対するビジョン) コスモス
 
RENEでは、現代人は経皮毒に対抗するためにデトックスが必要であると考え、デトックスに効果的な手技をふんだんに取り入れたメニューをご提供しています。
 
RENEでは、美と健康に対するテーマとして
① 筋肉を正常に整える
② リンパの流れを整える
③ 毛細血管を鍛える
④ デトックスをする
⑤ 自律神経を整える
の5つを掲げておりますので、5つの項目に対してできるだけ効果的な手技を理学療法士とリンパセラピストが日々研究し、メニューの内容もどんどんと質の高いものへとシフトさせております。
 

 

 

★ リンパ&理学整体スパ (痩身、理学整体、リンパマッサージ)

RENE  JAPAN  BEAUTY & HEALTH

HP http://rene-thailand.sakura.ne.jp/

営業時間 11:00〰20:00 定休日(月)

住所 102/14 Soi University of Thai Chamber of Commer.Dingdaeng.Bangkok アクセス

電話 09-5964-8484(日本語で対応可)

Facebook Rene seitaisui または Rene Thailand

Line rene8484

(日本語でご連絡ください)

RENEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス