野球勧誘活動「はるなチャレンジキッズカップ」 | おーばブログ 野球のお仕事
新型コロナウイルスに関する情報について

おーばブログ 野球のお仕事

東京で生まれて→奈良県→福岡県→愛知県→群馬県に引っ越し そして現在 高崎市にて 小さな野球専門店で 「三方よし」を理念に 野球のお仕事に励む゜ そんな おっちゃんの 野球が大好きな人の為の お得情報入りのブログでございます。ハイ❗

今年も見学に

行かせて頂きました。

 

今回が5回目となる

「はるなチャレンジキッズカップ」

 

榛名地区の少年野球チーム

 

倉渕ファイターズ

下室田ファイターズ

里東ペアーズ

久留馬ヤンキース

里見ヤングライオンズ

 

上記5チームが共同で

 

チームに入部していない

地域の子供さん達を集めて

 

おもいきり野球を楽しんでもらう

 

5チームが協力し合って

部員確保のために行っているイベント

 

 

コロナウイルスの影響もあって

今年はどのような雰囲気になるのか

 

すごく心配していましたが

そのような心配は不要だったみたいで

 

 

たくさんの

子供さんが集まって


オレンジボールの試合や


ストラックアウトのアトラクションを


楽しそうに行っている姿が

とても印象的でした。

 

 

 

このイベントは

 

各チームの代表の方々が

9月位から会議を開いて

 

イベント内容や役割などを決めて

準備をなさっていたそうでして

 

榛名地区のチームの

横のつながりの強さに

 

感心させられてしまいました。

 

 

宣伝のビラを作り

貼ったり配ったりして


一人でも多くの子供さんに

イベントに参加してもらう

 

そのように努力して頂いた結果が

 

今回のとても賑やかな雰囲気に

つながっているのだと思います。

 

 

 

小さな子供さんが

一生懸命バットを振って

 

ボールが当たった瞬間に


グラウンドの周りで見ていた

保護者の皆様の大声援が響き渡る

 

何とも言えない

あたたかな雰囲気

 

このあたたかな雰囲気こそが


小さな子供さん達を

一生懸命にさせる為に

 


絶対に必要な事のひとつ

 

 

個々のチームで

体験イベントをやるよりかは

 

近隣のチームが共同で行う方が

賑やかな雰囲気を作る事が出来る

 

共同イベントの

最大のメリットだと思います。

 

 

 

帰り際に

体験に来ていたお子様が

 

「試合でヒット打ったよ~」って


お母さんに

興奮気味に話している姿を見て

 

 

体験にさえ来て頂ければ

きっと楽しいと思ってもらえる

 

 

野球の魅力を

もっともっと小さい子供さんに

 

伝えて行けるように

していかなければと思いました。

 





「はるなチャレンジキッズカップ」

準備などご尽力頂いた皆様

 

本当にお疲れ様でした。

 

 

このイベントが

これからも毎年

 

続けていける事を

心より願いたいと思います。

 

 

今年もお声掛け頂き

ありがとうございました。