ジュニアキャッチャーミット指かけ修理 | おーばブログ 野球のお仕事

おーばブログ 野球のお仕事

東京で生まれて→奈良県→福岡県→愛知県→群馬県に引っ越し そして現在 高崎市にて 小さな野球専門店で 「三方よし」を理念に 野球のお仕事に励む゜ そんな おっちゃんの 野球が大好きな人の為の お得情報入りのブログでございます。ハイ❗

昨日辺りから急に

 

修理のご依頼を頂くのが

増えてきているように思います。

 


先月(9月)は

お客様のご来店も少なかったですが

 

修理のご依頼も

かなり少なかったような

 


今月に入ってやっと

 

皆さまの野球の活動が

通常に戻りつつあるのでは・・・

 

そのように感じております。

 

 

 

そんな中

先日ご依頼頂いた

 

ジュニアキャッチャーミットの

親指の指かけ交換作業


汗などが原因で

指かけが切れてしまう事

 

確かによくありますが

 

 

この修理内容は

グローブに比べると

 

ちょっとだけ手間がかかる

作業となってしまいます。

 

 

ヘリ革などを外して




親指の指を入れる場所を


このように開いた状態にしないと

作業をする事が出来ない

 

かなり時間がかかる作業です。




指かけが切れてしまうのは

決して珍しい事では無いので

 

もうかなりの回数

この作業を行ったように思います。

 

 


でも・・親指の指かけは

 

ミットの動きに

大きく作用するパーツなので

 


切れているまま使用すれば


かなりミットが

使いづらくなるでしょうし

 

親指のケガなどにも

繋がりかねませんので

 

もし切れているような事が有れば

ぜひご相談いただければと思います。

 

 


修理のご依頼の時には

 

ご購入の時にお渡しする

「販売証明書」のご持参も

 

お忘れにならないように

よろしくお願いいたします。