恋愛中毒

一人じゃ淋しくて生きていけない。本当の愛を見付けたいだけなのに。


テーマ:
彼と会っていつものように話していた。
でも、あたしの中で決めていた。
もう限界だった。
彼のキスを受け入れることすら出来なかった。
別に避けようとした訳じゃなかった。
なのにあたしは彼から顔を背けていた。
いきなりのあたしの態度に彼はびっくりしていた。
「避けられるなんて思ってなかった」
そう言う彼に、あたしは笑顔を返す。
何度か試みる彼に、あたしはどうしても答えることが出来なかった。
無意味な笑顔を振りまくあたしは、彼の目にどう映っていたのか?
何も言わず、何もなく別れた。
いつもと変わらずに。
そしてすぐ彼に電話した。
誕生日に会ってくれる約束をまず断った。
「用事があるなら仕方がないよ。別の日にしたらいい?」
「ううん、いい。用事があるわけじゃないから・・・。もう、会わない。今日で終わり」
驚く彼だけど、薄々気付いていたはずだ。
「やっぱり子供かわいいんでしょう?」
「うーん、まぁそうやけど、全く別やしなぁ」
「でもわかるよ。早く帰りたそうなのが伝わる」
「あははは、そう?本人は全くそんな気ないけど」
「わかるよ、メールの感じとかでも」
「そうかなぁ?」
「うん。あたしの誕生日まではって思ってたんだ。でもね、もう無理みたい」
「そっか。ごめんね、傷つけて」
「ううん、全然。大丈夫だよ」
大丈夫と答えて、本当に大丈夫な人などいるのだろうか・・・?
なんて意味の無い言葉なんだろう。
あたしの言葉に彼は引き止めたりしない。
「幸せになってほしいから。いつまでも引き止めておく訳にはいかないから」
あたしが別れ話をすると彼が言う言葉。
その考えが変わることはない。
もう、引き止めて欲しいとも思っていない。
そしてあたしは彼に話した。
決して開けてはならないパンドラの箱を開けた。
このことはあたし達ふたりの決定的な別れになる。
もう戻ることなどできない。
それは充分すぎるほどわかっていた。
そこまでしてしまわないと、別れられないことを感じていたからかもしれない。
いつかは言わなきゃいけないことだった。
でも言えなかった。
言わないで別れようと思ってた。
でもどうしてもできなかった。
もうこうするしかなかった。
決定的な別れを作ることしか、あたしは彼と別れられなかった。
大丈夫。
彼のことなんてすぐに忘れる。
すこし我慢すればいいだけ。
すこしだけ・・・すこしだけ・・・。
不思議とあたしは泣いていなかった。
もう今まで何回も何回も別れ話をしてきた。
いつも泣きじゃくっていた。
それなのに少しも泣かなかった。
もう涙も出なかった。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
彼とお別れしました。
あたしの誕生日までは一緒にいようと思っていました。
でも、もうもたなかった。
もう無理だった。
とっくにあたし達は壊れていた。
なのにお互いに見ないフリをしてきた。
でも一番の原因はやはり彼の心変わり。
仕方がないってわかっている。
でも、やっぱりうまく気持ちを消化できなくて。
彼が我が子を可愛がる姿を想像してしまって辛い。
家族が仲良く過ごしている姿を想像してしまって苦しい。
CMとかで赤ちゃんが出てくると、彼の家族と重なって見えて現実を見せられる。彼の家族もこんな風なの?
彼の子供もこんなに可愛いの?
彼もこうやって子供と過ごしているの?
想像が膨らんで押しつぶされる。
もう解放して。
あたしをこの苦しみから解放して。
もう、だめなの、苦しいの。


************************

彼とのお別れは実は少し前です。
ここ最近書いている記事は少し前に書いていたものです。
少しずつ書いていました。
まだ辛いことが多くて、なかなか書けないでいます。
コメントを頂いているのにお返事が遅くなってしまったり、遊びにきてくださっている方々の所にあいさつも出来ずにいること、本当にごめんなさい。
まだここに書けないでいることも沢山あるのですが、少しずつ書いていきたいと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに彼に会った。
2週間ぶり?
この前会った時も少し会っただけなのに。
辛かった。
あなたの心があたしに無いのが辛かった。
新しい命にしか目が行かなくなってるあなたが憎かった。
何もかわらないって言ったのに。
何も変わらないって・・・。
そんなはずないってわかっていたよ。
でも信じたかった。
あなたの言葉を信じたかった。
我慢できなかった・・・。
淋しくて、辛くて、苦しくて・・・。
もぅ、我慢できなかった。
もぅ、限界だった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドラマのお話。
「僕の歩く道」
前にも少し書いたけど、今回もちょっと思ったので書きます。
都古(あってるかな?)のことに呆れる。
なんで脚本家はあんなつまらない話を書いたのかわからない。
河原さんは奥さんと離婚して、自分と結婚してくれた。
でもそれは奥さんから言いだした離婚で、本人は嫌がっていた。
子供がいたら離婚になんてならなかったとか言われた。
それに傷ついて家を出る。
ばかばかしくて呆れる話。
それがどうしたの?
結婚している人と結婚できるなんて夢みたいな話。
それがどんなに無理なことか。
奥さんから言いだしたから?
そんなの願ってもいない話だ。
第一そうでもないと、男から別れるなんてほとんどない。
男のほうが別れたがらないものだ。
今は自分と一緒になってくれた。
それ以上に何を求めるというのか?
子供がいたら離婚にならなかった?
じゃあ自分が彼の子供を産んであげればいいじゃないか。
過去は過去でしょう?
奥さんと離婚して自分と結婚してくれたんじゃない。
たとえ過程がどうであれ、それは変わらない事実。
沢山の人が、いくら願っても叶わない夢。
手に入るなら、何もいらないのにな・・・。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
感じているんだ。
彼の微妙な態度で。
きっと彼は気付いていない。
普通にしているつもり。
でもわかるの。
女は敏感だから。
好きな男の態度には、とてもとても敏感だから。
なんとなくだけど確かに感じる。
あたしから心が離れていることを。
前ほどあたしに会おうという気がない。
会えなくてもまぁいっかって思ってるのがわかる。
メールの返事だったり、言葉のはしばしだったり。
実際に会う回数も減っているしね。
彼からの連絡も減っている。
わかるよ、そんなの。
仕方がないよね。
だって可愛いんでしょう?
産まれてきた我が子が可愛くて仕方がないんでしょう?
あたしは一体どうしたらいいというの?
あなたに文句も言えず、かといって許すこともできない。
あたしは一体どうしたらいいと言うの?
苦しい。
でも自業自得だ。
彼との別れを先延ばしにしていたあたしが悪いんだ。
こうなることはわかっていたはずだ。
それなら産まれる前に別れていれば良かったんだ。
そしたらこんな事実も知らないですんだ。
こんな思いもしないですんだ。
もしかしたらとでも思っていたの?
もう少しと思っていた自分が悪いんだ。
やっぱり先に延ばしても何も良いことなんてないなぁ。
もう、だめ。
毎日毎日来ないメールを待つのが辛い。
取り残された自分。
その間、彼は我が子をかわいがっていると思うといたたまれない。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「今更なものいりますか?」
そういってから、彼に誕生日おめでとうのメールを送った。
ずいぶん前に作っておいたメール。
結局なんの意味も持たなく終わってしまった。
二日遅れのおめでとうに、何の意味もない。
何もなく過ぎてしまった彼の誕生日。
おめでとうさえ言えなかった。
そんなことすら・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あたしには行けない場所がいくつかある。
彼が口にした場所だ。
その日からそこはあたしの立ち入り禁止ゾーンになる。
休みの日にどこどこの店で得意先の人に会った。
あそこの店は休みの日によく行くんだけど・・・。
あの店は。
彼が口にした場所にはあたしは絶対に近寄らない。
だって、もし彼に会ったら?
あたしが一人で、彼は家族でいたら?
そんな惨めなことない。
だから近寄らない。
彼に会いそうな場所には決して。
家族揃って行きそうな場所には。
もしかしてなんて、いらない。
そんな偶然は見たくもない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
彼の誕生日は会えないのはわかっていた。
だから、前日は会えると思っていた。
勝手に自惚れていた。
彼から連絡が来ると・・・。
ばかだなぁ、やっちゃった。
取り返しのつかないこと。
彼からの連絡は来なかった。
あたしの仕事が終わる時間まであたしは待っていた。
この時間になってしまって、あたしは彼に連絡できない。
彼のほうが先に帰ってるかもしれないから。
あたしは結局何もできなかった。
明日接待で飲みに行くと言っていた。
だから確認して彼にメールを送ろうと思っていた。
お誕生日おめでとう、と。
なのにあたしは勝手に今日連絡来ると思って待ってた。
そして何もできなくなった。
どうして待っていたのだろう?
どうして今日連絡が来ると思ったのだろう?
どうしてそんなに自惚れていたのだろう?
どうして?
どうして連絡してくれなかったの?
どうして?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
もうすぐ彼の誕生日だ。
そしてあたしの誕生日だ。
楽しみにしていたイベント。
っていっても何をするわけでもない。
彼の誕生日は彼は家族と過ごし、残るものなど送れないあたしは何もあげない。
おめでとうのメールを送るくらいだ。
去年は彼の車のなかでケーキを食べた。
それだけの思い出なのに、大事なイベント。
あたしの誕生日だってそう。
彼に毎年頂戴と言うものは決まっている。
お誕生日おめでとうのメール。
考えてみたら今年でもう4通目になるんだ。
一年に一度、彼が一生懸命考えてくれるメールが嬉しい。
どこにも連れていってくれなくても、何もくれなくてもいいの。
そのメールがあたしの宝物だから。
これが終わったら、かなぁ。
これが終わったらそろそろ言わないとね。
もう少し、もう少しと先のばしにしてきた。
本当はあの時が一番良かったんだろうなって、いまになってはっきりと感じる。
先のばしにしてもダメだね。
タイミングってのはあるんだよ。
あの時なら今より別れやすかったんだろうな。
あたしの気持ちも。
彼にもう会わないと言おう、そう決めただけでまた眠れない夜を過ごすあたしに、言えるのかなぁ。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「お疲れさま。忙しかったけど早く終わった。明日は接待あるし助かるわ。ゆっくり休んでください。」
彼から届いたこんなメール。
素直になれないあたしは思ってもいない言葉で返す。
「そうですか、良かったですね。ゆっくりしてください」
素直に会いたいって言えば良いのに。
きっと会えたはずなのに。
明日は会えないよって、彼が言ってるのに。
でもね、言えないよ。
早く終わって嬉しいって言うから。
明日接待って言うから。
早く帰ってゆっくりしたいって事でしょう?
そんな事考えちゃって結局言えないよ。
でも後で後悔ばかり込み上げて。
ばかだね、あたし。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。