恋愛中毒

一人じゃ淋しくて生きていけない。本当の愛を見付けたいだけなのに。


テーマ:
200609260916000.jpg
ピンキーリングを買った。
数日前に、誰かのブログで見た。
「幸せは右手の小指から入って、左手の小指から抜ける。だから左手の小指に蓋をすると幸せは逃げていかない」
その日からピンキーリングが欲しくてたまらなかった。
あたしの幸せが逃げていかないように・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
あたし達の未来にはふたつしかない。

奥さんにばれて終わる。

奥さんにばれる前に終わる。

どちらかしかない。
どちらが良いか、なんて決まっている。
奥さんにばれる前に終わらせなきゃ。
それがふたりにとって、綺麗な終わり方。
綺麗な想い出として残るふたりのカタチ。
彼はあたしに未練を残しながら、あたしの事を想いながら生きていって欲しい。
またいつか会いたいと想いながら、家族仲良く過ごせばいい。
あたしの事を思い出しながら、奥さんを抱けばいい。
そうなることが、あたしの一番の復讐。
叶わない恋のささやかな望み。
そう思いながらも、ばれるまでは一緒にいたいと思う。
ばれてしまえばいいとさえ思える。
奥さんも苦しめたい。
彼も苦しめたい。
そんなことさえ思う。
一番傷つくのは自分だとわかっていながら・・・。
ううん、本当は嘘。
本当はそんなこと思っていない。
本当は誰も傷つけたくなんてない。
あたしが傷つけばそれでいい。
こんな姿に成り果てた、嫉妬に狂った女なんて、いなくなればそれでいい。
あなたの前からいなくなればいいのはあたし。
あたしなんていらない。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
心が揺れる。
あたしは彼と家庭を築きたい訳ではない。
それなのにどうして彼の家庭にこんなに嫉妬してしまうのか。
叶わないと思うからこそなのか。
ただ彼と一緒にいたい。
それだけのはずなのに。
それならば、それでいいんじゃないか。
彼と一緒にいれるのならば、それだけでいいんじゃないか。
あたしさえ素直になれば、それだけでいいのではないか。
割り切ればいい。
求めなければいい。
そうすれば楽しいだけの時間が過ごせる。
愛しい彼との幸せな時間だけでいいのではないか。
それ以上に何を求めるというの?
そう思い、決心する。
それなのにすぐ締め付けられる。
彼がもうすぐ産まれてくる我が子を抱く姿が頭に浮かぶ。
やはりもうだめだと思う。
あたしの心はもう醜い。
嫉妬に犯されて、醜く歪んでしまっている。
幸せよりも、嫉妬で心が埋めつくされている。
彼の幸せな姿を喜べない。
彼が不幸になればとまでも思うときがある。
家庭なんて壊れてしまえばいいと・・・。
こんなんじゃいけない。
傷つけ合うことしかできていない。
それならば、もう終わらせなければ。
こんな関係終わらせなければ。
一日のうちで何回も何回も繰り返し。
結局答えなんて出ない。
迷路の中でまた彷徨い続ける。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
あたしはいつもよりきつめにしていた。
故意的に。
わざときつめに行動していた。
あの日もそうだった。
大阪まで出掛けた。
昼からずっと歩き回っていた。
高いヒールをはいて。
友達の買い物に付き合っていた。
夜に好きな歌手のリスニングパーティーがあった。
友達が応募して、運良く当たった。
狭いクラブで押しつぶされた。
一日中立ちっぱなしで歩き回った。
突然お腹がずきっと痛んだ。
家に帰ると出血していた。
生理は予定では一週間も先だった。
こんなに早く来るはずもなかった。
だいたいいつも順調に来る。
もしかして、とも思った。
でももう考えるのは止めた。
考えても仕方がないことだ。
どちらにせよ、これで心配は無くなった。
じゃあもうどちらでもいい。
生理が早く来ることだってある。
それでいい。
一応彼には報告した。
自分から言うのは気が引けた。
散々困らしておきながら、迷惑な女でしかないから。
でもやはり彼には言っておかなくてはいけない。
彼にメールした。
あんなに彼を求めた気持ちは、急激に冷めた。
やはりあたし達はここで終わらせなきゃいけないんだ。
そういう運命なのだ。
じゃなきゃ、わざわざこの時期にこんなことなくていい。
別れる為に起きたこと。
お互いの気持ちを冷めさせるために起きたことだ。
もう、こんな想いは二度としたくない。
彼からのメール。

ホント気をつけないとね。
俺もだけど、すいませんでした。

そうか、そんなものか。
あたしが悪いとでも言うのか、この人は。
そうだ、こんな男を愛したあたしが悪いのだ。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

不信のときの最終回は本当につまらなかった。
結局誰の子かもはっきりしないし。
結局夫婦の絆とやらを見せ付けられただけだ。
まぁそりゃそうか。
愛人を応援するような話なんてあるはずない。
彼に何かあったとき、やはり思い知らされる。
彼が病気だろうがあたしはどうすることもできない。
彼に何かあっても、あたしは何もできない。
ただ傍にいてあげる事すら叶わない。
彼が突然死んでもあたしは知らされることもない。
彼との繋がりなんて何一つ無いのだと思い知らされる。
紙切れ一枚の事とよく言われるその紙切れが、どれほど大きなものなのかあたし達愛人は知っている。
あたし達が欲しくてたまらないカタチだからだ。
彼の愛のカタチだからだ。
カタチの無いものを信じ続けるのは難しい。
不安だから。
手に入らないからカタチばかり望んでしまうのかな・・・。
だからあなたの愛をカタチで感じたいのかな・・・。
カタチがないと信じることができないなんて・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
彼に話してから、あたしは後悔ばかりしていた。
なんで言ってしまったんだろう。
深い深い後悔。
眠れない夜の間中考えていた。
待とうと思った。
このまま待とうと。
でも結局待てなかった。
恐くて恐くて仕方がなかった。
じっと待つことなどできなかった。
彼からの反応が恐かった。
それならばこのまま携帯も変えてしまって逃げ出そうかと何度も考えた。
恐いから逃げてしまいたかった。
でもやっぱりそれもできなかった。
あたしは彼にメールした。

お疲れさまです。
昨日のこと、ごめんなさい。
やっぱりどう考えても言うべきでは無かったです。
一人じゃ抱えきれなくて、言ってしまったけど、正直関係ないことでした。
答えなんて決まってるし、そんな事言わしたくもないし聞きたくもないです。
余計なこと言ってしまってすごく後悔してます。
言わないでおこうって思ってたけど、言わないではいられませんでした。
話したら楽になるかと思ったけど、そんな訳ないですよね。
余計に辛くなりました。
だからもう忘れてください。
正直まだ可能性の問題ですしね。
いっつも先に心配しすぎるのがあたしの悪い癖ですね。
意外といつも取り越し苦労なんで。
超長文!
ごめんなさい、お仕事頑張ってください。

いつもと違って絵文字も何もないメール。
あたしはやっぱり逃げた。
彼の答えがこわくて、自分から逃げた。

お疲れさまです。
俺も結構先に悩むタイプですのでずっと考えてしまいます。
答えは解っているのに。
不信のときを見ながらめちゃくちゃ恐くなりました(^^ゞ
すいません。
何も言えなくて。
まだ可能性ですからね。

ほんとドラマみたいな話。
彼は石黒賢と大分重ねてみてるから、恐かったんだろうな。
でもやっぱりいつも自分のことしか考えていない。
自分がどうなるか、だけ。
あたしのことなんて考えてくれないんだ。
いつもいつもそう。
あなたは自分のことだけだ。
自分と家族を守ることしか考えていない。
奥さんを心配させない事しか考えていない。
あたしの気持ちなんて考えていない。
ホテルに行って帰るとき、必要以上に顔と手を洗う。
シャワーなんてもちろんしない。
洗面所で何回も何回も洗い流しているその姿を見て、あたしが傷つかないと思ってるの?
それは奥さんの為。
あたしへの気遣いなど欠片もない。
あたしのすべてを洗い流そうとしているその行為に、あたしが傷つくなんて考えないの?
あたしの存在を消してしまおうとするあなたを見て、あたしがいつもどんな気持ちでいるかなんて考えないの?
日陰の女だから仕方がない?
そう、思っているの?
ううん、あなたはきっと何も考えていない。
ただ、自分のことだけ。
そして家族の事だけ。
それだけ。
何通かメールをした。
でも明らかに彼はよそよそしかった。
メールの内容でわかる。
そして、久しぶりにあたしのメールで終わった。
彼から最後は返ってこなかった。
もう連絡なんて来ないかな?
待つのが辛すぎてできないよ。
携帯を変えようかな・・・。
そしたら勝手に思えるから。
彼は連絡してくれた。
そう言い聞かせられるから。
恐くて待てない。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

彼と会った。

「ホテル行く?」と言う彼に腹を立てたが、あっさり受け流した。

「無理」とだけ言った。

いつも通り他愛も無い話をした。

結局話したい事はいっぱいあったけど、お互いに触れられなかった。

でもやっぱり気になって、少しあたしから話した。

「余計な心配かけてごめんなさい」

そう切り出した。

あたしの予想とは裏腹に、相当悩んでいたみたいです。

仕事も少し失敗したそうです^^;

ずっと考えてくれてたみたいで、少し嬉しかった。

「もしできてたらどうしてた?」

意地悪に聞いた。

「えぇ!そんなんなぁ、俺もそんな事よう言わんしなぁ・・・。俺そんなん死んでまうわ^^;もう悩みすぎて自殺してまうと思うw。そんなん二人ともなんて俺には無理やし・・・。」

その言葉が嘘でも嬉しかった。

あたしも今の家庭と同じように、少しでも考えてくれるんだ。

比べてさえもらえないと思ってた。

たとえそうなっても、あなたは家庭を選ぶ。

それでも少しは考えてくれるんだ。

それだけであたしはもう満足だった。

そんなこと言ってもらえるなんて思ってもいなかったから。

あたしの心は満たされた。

もう、その言葉だけで充分満足。

あたしって本当に大馬鹿だな。

彼のことになると、ほんとにだめだな。

「あたしのこと嫌いになった?」

「ううん、全然。嫌いになんてなってないよ」

それだけで、もう満足。

もう充分・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうして今なんだろう?

どうしてこんなタイミングなの?

そんな事は望んでいないのに。

どうして彼とこんなに強い絆なの?


********************************


あたしはなんて馬鹿なんだろう。

あたしは自惚れていたのかもしれない。

もしかしたらって思っていたのかもしれない。

彼に話す事で、何かが変わると心のどこかで思っていたのかもしれない。

もしかしたら・・・。

そんな訳、ないのにね。

絶対に絶対に、そんなことないのにね。

わかっていたはずなのに。

でも心のどかかでは、期待していたのかもしれない。

あなたが喜んでくれると・・・。

そんな甘い甘い夢を。

そんな儚い夢を・・・。

一人で抱え込む事が辛かった。

あなたには話さないでおこうって思ってた。

でも、もうあたし自身が限界だった。

あなたに話せば楽になれると思ってた。

あたし一人では支えきれないこの重みを、あなたと分け合いたかった。

でも現実は違った。

あなたに話した事で、余計に苦しくなった。

もう、息もできないくらいに・・・。

苦しいよ。

話してしまった自分に後悔ばかりが押し寄せる。

あたしはどこかで期待していたんだ。

彼が優しく受け止めてくれるって、心のどこかで思っていたんだ。

そう、期待していたんだ。

一人で悩んでた時の何倍も苦しかった。

あなたを困らせている自分が嫌だった。

あなたが引いてしまったのがはっきりとわかった。

これは別れの言葉だったんだ・・・。

それでいいと思ってた。

そうなれば別れられると思ってた。

でも、でも違ってた。

目の前に突きつけられる現実に、あたしは困惑した。

そんな事はわかっていたのに。

そんな事は想像していたのに。

あたしはもしかしたら・・・と考えていたんだ。

彼が受け入れてくれると、どこかで思っていたんだ。

お願い・・・。

何もなかったことにして。

何も聞かなかったことにして。

時間を元に戻して・・・。

お願い。

お願い。

お願い。

何もなかったから。

あたしの体なんて、たいしたことないから。

あたしの体なんて、いくら傷ついてもかまわないから。

だからお願い。

彼を返して・・・。

かれを、かえして・・・、おねがい・・・。

彼を失って、あたしは生きてなんていけない。


*******************************

まだ可能性です。

確定ではないです。

その時点で彼に話してしまいました。

はっきりわかるのはもう少し先です。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

結局今週も連絡が無かったのは月曜日だけでした。

後は毎日彼からメールが入った。

火曜日

「会議で遅くなりました。もう帰りましたよね?」

水曜日

「今日は接待です。早く終わると思います」

木曜日

「今日も暇なので早く帰れそうです」

といった具合に、毎日お誘いメールでした。

水曜日、彼が会いたいといったなら会おうと思っていた。

でもやっぱり彼ははっきりとは言わない人なので、結局は会わなかった。

で、木曜日そっけない返事に「今日は会えると思ってたのに」と来た。

まぁ妥協ラインですね。

木曜日に会いました。

なんか結構色々話してて、出会った時の話になった。

「初めてご飯食べに行った場所は?」とか。

あたしはだいたい覚えているので、彼があたしに勝てるはずも無い。

彼は結局墓穴を掘りまくってました。

正解率低すぎで^^;

その頃の楽しかった事はよく覚えている。

でもその後のずっと辛かった時の記憶がほとんど無い。

記憶喪失?ってくらいに覚えてない。

無意識に消去しちゃってるんだろうな。

今から考えたら楽しかった想い出なんて5か月くらいだ。

毎日何通も何通も1日中メールして、電話も何時間も話して。

あの時は本当に幸せだった。

愛人として幸せなだけの時間だった。

あの日、彼があんな事を言うまでの、短い時間だった。

彼と会った帰りの電話。

「もう会わないほうがいいんじゃない?未来(さき)が無いのにこのまま続けても仕方が無いやん。早い方がいいやろ?」

初めて彼と結ばれて、4,5回目の時だった。

もう、飽きたんだ。

何回かしたら、もういいんだ。

それからは本当に辛かった。

あたしは彼の前で自分の携帯を真っ二つに折った事もあった。

どうしても連絡してしまうあたしに彼は冷たかった。

「この携帯が無かったらいいんでしょ!そしたらもう連絡できないもんね!」

そう言って彼の目の前で、あたしは自分の携帯を壊した。

あの頃は彼のことしか見えなかった。

彼と会えるなら、自分がどんなに辛くてもかまわなかった。

毎日毎日泣いてばかりだった。

彼から来ない連絡を1日中待つばかりだった。

メールを送っても返事なんて来なくて、さらに落ち込む。

それなのに、メールを送ってしまう自分を止められなかった。

電話しても出ないってわかっているのに、どうしてもかけてしまう自分を止められなかった。

毎日毎日お酒ばかり飲んでいた。

飲まないと眠れなかった。

安定剤を飲むことも日常になっていた。

その頃の事なんて、ほとんど覚えていない。

彼との想い出も、ほとんどない。

辛い事ばかりだから。

嫌な事って忘れるものなんだね。

人間ってすごいよね。

木曜日の帰りの電話。

会って彼が家に着くまでの電話は恒例。

なんかこの帰りの電話ってよく考えてみると今までろくな事がないな。

問題になる事ばかりだ。

木曜日、あたし達の関係が終わりを迎えた。

きっと、もう彼はあたしを捨てる。

それだけははっきりとわかる。

余計な事を言ってしまった。

いわなくてもいい事を言ってしまった。

もう少し一緒にいたかった。

あと少しでよかった。

奥さんに子供が産まれるその日まで。

その日までは一緒にいたかった。

その後、あなたが離れていく事はわかっていたから。

だからそれまでは、あたしの方を見ていて欲しかった。

それなのに・・・。

あたしはなんて馬鹿なんだろう。

彼を失ってしまった。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
子供できたって聞いてすごいショックだった。
たぶん男の人と女では受け取り方が違うんだと思った。
別に今までと変わらへんって言ったけど、そうじゃないの。
子供ができたっていう事実に傷ついた。
幸せな家庭が想像できて。
子供が出来たって聞いて喜んだんだろうな、とか奥さんに何ていったんだろうな、とか周りに何ていわれたんだろうな、とか色々思った。
あたしがもしあなたの子供が出来たって言ったら、あなたは何ていうのかな、とも思った。
同じあなたの子供でも、あなたは喜んでもくれないんだろうなって。
あたしって何なんだろうって。
あたしはあなたにとっていらない存在なんだなぁって感じた。
あたし達には何もないんだなぁって思ったら悲しかった。
あなたの子供を産みたいわけじゃない。
でも、あなたの子供を産んで、あなたがずっと傍にいる奥さんに、絶対的な敗北感を感じた。
改めて思い知らされた。
自分が惨めで仕方がなかった。
だからもうあなたの前から消えようと思った。
そう思ってたあたしにあの時あなたはなんて言ったか覚えてる?
全然あなたは気にもしてない事。
「自分も作ったら」
くやしくてくやしくて仕方がなかった。
あなたの子供など産めないあたしにどうしてそんな事が言えるの?
あなたの事を想いながら、他の人の子供など産めないあたしに、どうしてそんな事が言えるの?
くやしくてくやしくて仕方がなかった。
あたしは何?
愛人であることはそれだけでいつも傷ついている。
我慢しなきゃいけないことがいっぱいあって、嫉妬と執着にいつも悩まされている。
そこにあなたの精一杯の愛を感じることが出来たなら、愛人として幸せでいれるの。
そうする事で自尊心を保っていられるの。
それなのに、あなたはどうしていつもあたしを傷つけるの?
愛人でいることがどんなに辛いか、あなたにはわからないの?
結婚しているあなたを好きになったから、それは仕方がないことなの?
愛人なんだから、すべて我慢しなきゃいけないの?
愛人は何も感じてはいけないの?
愛人は何も望んではいけないの?
ただあなたに体を差し出すだけの女じゃなきゃいけないの?
それでもいいと思ってた。
ただあなたに会えるのならば、それでもいいと。
あなたに会えればそれだけでよかった。
あたしが我儘になってしまったのかな?
あたしが欲張りになってしまったのかな?
最近別れ話ばっかりしているね。
今年に入ってもう何回目かな?
もう、本当にだめだと思うの。
もう本当に終わりは近いと思うの。
もう、だめなの・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。