恋愛を科学するベル清水くららです。

クリックの応援よろしくお願いいたしますキスマーク

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

 

前回の振り返りはこちら

連絡をくれない彼「恋愛」というカルマを乗り越える 第13話

 

 

前世の縁て言えば聞こえはいいですが

私たちの場合、業(カルマ)でした

からねぇ・・・

 

あんまり積極的に欲しいものではない

ですよねあせる

 


その肝心の業(カルマ)の内容ですが

自分の頭で考えた時に

思い当たったというか

引っ掛かったのは



 

前々回 お話ししたように

虎太郎くんの人間性に疑問を感じ

ながら付き合っていたことです。

 

 

他者批判のほか

人種差別や

日本人同士でも出自に偏見を持つ

↑絶対許されないことです💢↑

そんな人だったんです。

 

 

博愛主義で、性善説がベースの私

にはどうやっても理解できない

相容れない価値観の人でした。

 

 

それなのに交際にまで発展した・・・

 

 

それってもう抗えない運命の糸に

よって手繰り寄せられたとしか

考えられなかったんですね。

 

 

そこで前世どんな関わりがあったのか

を見せてもらいました。

(催眠で見る前世療法です)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

時代は3世紀ごろ

私はアテナイの神官の血を引く者で

神託というのか予言をする力が

ありました。

 

砂漠を渡って旅をしているところを

某国の豪商(虎太郎くんの前世)に

拾われ、半ばむりやり連れて帰られ

妾として暮らすようになります。

 

私の助言のもと商売をどんどん拡大

し、絶好調だった豪商は私をとても

大事にしてくれました。

 

ところが、当時の国の情勢か

はたまた商売敵のやっかみか

あるいは私の能力を忌み嫌ってか

 

私の存在が問題となり

選択を迫られた豪商は

いとも簡単に

憲兵に私を引き渡しました。

 

最後連れていかれるとき

彼は私に目もくれませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そんな過去世が見えました。

びっくりでしょ?

 

本当にリアルな情景で、覚醒した

とき私は涙を流していました。

 

 

一縷の愛情を信じていたのに

いとも簡単に見殺しにされたこと

 

 

 

 

悲しかった。

 

 

 

 

利用価値がある時は大事にして

自分にとって不都合になったら

切り捨てる

 

そんな扱われ方は今も昔(と言って

いいのか?)も同じでした。

 

 

なるほど
だからかーーー

 

 

消化できないこの思いを

私は何度もやり直してるんだ。

 

 

 

でももういい

わかった

 

 

彼は弱くて自分のことでいっぱい

いっぱいだったんだ

 

 

それでいい

もう許そう

 

 

そう思えました。

 

次回最終回キスマーク

 

対面じゃないからこそ話せることもある
「電話カウンセリング」好評受付中
8,800円(60分)
⇒ ご予約はこちらから
※「ヒプノラブ・プログラム」については次回募集時期未定


 LINE はクローズしましたお願い

清水くらら監修 媚薬ブレンド 復縁ブレンド
恋を叶えるドキドキメモリーオイルはこちらSHOP:https://amarige.base.ec/