恋愛を科学するベル清水くららです。

 

今日は七夕ですね。

日本中いや世界中の織姫と彦星が

しあわせでありますように♡

クリックの応援よろしくお願いいたしますキスマーク

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

 

前回の振り返りはこちら

連絡をくれない彼「恋愛」というカルマを乗り越える 第6話

 

 

私が別の人(オミくん(仮))と

付き合うようになってしばらくして

虎太郎くんの誕生日がありまして。

 

 

私の誕生日が近かったこともあり

 

「合同誕生会でもやるか」

 

と軽いノリで食事が決まりました。

 

 

 

当日

 

 

「今日は車で来てるから帰り送って

いくよ。でもその代わり飲めないん

だけどね」と、虎太郎くん

 

 

「えーーっ!!!なにそれ?

送ってくれるのはありがたいけど

飲めないとか意味わかんない。

私だけ飲むの?つまんなぁーい!」

と、飲む前からからむ私

 

 

 

でもね

なんで車で来たか。

 

勘の良い方はもうわかりますね?

 

 

 

そして、これもお伝えしておかなければなりません。

 

 

店を出てビルのエレベータの中でのこと

 

 

虎太郎くんがついに行動に出ました。

キスをしてきたんですよ、奥さん!

 

 

ナオト氏の回でも話したけど、

いきなり断りもなくキスしてくる男

のなんと多いことか・・・

 

 

 

 

困惑しながらも今のは事故だったと

否定することで平静を装いました。

 

 

 

車の中ではさっきのことはまるで

なかったかのように色気ゼロの会話

で馬鹿笑いをしていた私たちだった

ので、すっかり安心しきっていた

その時!!!

 

 

車は左折のウィンカーを出し、

ある施設の駐車場へと入っていった

のです。

 

 

 

 

その施設とは

ラブホテル

でした。

 

 

 

サークルの合宿とかで数台の車に

分乗して行動してる時はさ、

 

冗談でホテルの駐車場に一瞬入って

出てくるとかしてさ、

 

後続車を笑わせたりそんなことも

したけどさ、

 

今は後続車とかいないんだけどな・・・

次回、くららさんピーンチ!

 

対面じゃないからこそ話せることもある
「電話カウンセリング」好評受付中
8,800円(60分)
⇒ ご予約はこちらから
※「ヒプノラブ・プログラム」については次回募集時期未定


 LINE はクローズしましたお願い

清水くらら監修 媚薬ブレンド 復縁ブレンド
恋を叶えるドキドキメモリーオイルはこちらSHOP:https://amarige.base.ec/