今日は稽古終わりに『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』のDVD&Blu-ray発売記念トークイベントに行って来ました。
両作品の監督、湯浅政明監督のお話がたっぷりきけるというこのトークショー。
両作品を予約しまして、今日、もし予定が合えば行けるという奇跡的な状況で行けたんです!!!
感激。

私は湯浅監督の作品がとても好きです。
私の子供の頃からのアニメのルーツがそこかしこに散りばめられていて、、、と詳しく話したいけどそれはまた別の機会に、としておいて。

トークショーの中で、夜明け告げるルーのうたの中で私が特に好きなルーと主人公のカイが夜のお散歩をするシーンの話を湯浅監督がされていて、実際に目にして、日々の中で気がついたへえーという景色を作品に入れていると言っていました。
自分がへえーとなった事、ものを同じようにへえーと思ってもらえたらと。
このシーンがとても好きだから人に伝えようと何度もするんだけど、いつもうまくできないのは、このへえーという感情が1番ぴったりだからなのかもしれません。
キラキラしてるのにどこか寂しげな夜景、車のライト、夜を流れる電車。カエルの置物で遊んだり。
何回みてもぐっと引き込まれるお気に入りのシーン。
あとはもう、ラストのセリフが!名台詞!

夜は短し歩けよ乙女は詭弁踊りのシーンと、物語の伏線の繋がりが面白いです。
情報がぎゅっと画面に詰め込まれた作品。四畳半神話大系との繋がり、違いも楽しめるひとつですな。

どちらのディスクもGETしたのでお家でも楽しめるけれど、近くで劇場でかかっていたらぜひ映画で見てもらいたいですね。

{B0169913-1A8E-4668-94DF-7CBD28B434EE}


私もまた映画館でみたいよー。

オススメの二作品。皆さんもぜひ!!!

AD