SPICA TOUR

テーマ:
SPICATOUR2018
東京 大阪 福岡 名古屋、全8公演無事に終わりました!
来ていただいた皆さん、ありがとうございました。
年に1回のやりたい放題のLIVE。皆さんからのリクエストを元にセットリストを作るけど、結局私の好きな曲ばっかりじゃん?なんてことになってるLIVEです。笑

今年は
東京事変
BUMP OF CHICKEN
サンボマスター
ウルフルズ
和田アキ子さん
中森明菜さん
忘れらんねえよ
あいみょんさん
スピッツ
エレファントカシマシ
キュウソネコカミ
松浦亜弥さん
ハムちゃんず
ヤバイTシャツ屋さん
ゴールデンボンバー
TOKIO
ベイビーレイズJAPAN
松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン
斉藤和義さん
の曲を歌いました。

詳しいセトリが知りたい場合は、ネットの波の中に転がってると思います。笑

みんなで大盛り上がりしたり


ギター弾いたり



楽しかったな。

どの会場でも思うのは一人一人が会いに来てくれる事の大切さ。
いろんな理由でFCのイベントに来れない人もいるけれど、来てくれた人達を通して、ここにいなかった人達にも届きますように、いつか会えますようにと思えます。

音楽の力とは本当に凄くて、お芝居で時間をかけて伝える事を数分で伝えてしまうし、時には人生を変えてしまう。
もちろん、お芝居にもその力はあって、同じ言葉のパワーだと思うけれど、伝わる速度は違うと思っています。
たまにその事がどうしようもなく悔しくなるけど、音楽でしか伝えられないこと、お芝居でしか届けられないことがあると考えています。
だから、私の大好きな音楽でみんなと遊んで、楽しい思い出の共有をできるこのLIVEの時間が大好き。
(CD出したりは超イレギュラーがない限りしないですが)

昨日の名古屋は場所もあるのかな?それをまた強く感じられました。
どこがと優劣をつけるつもりはないけれど、ああ、ここがホームなんだと思わせて貰える安心感。
ダイヤモンドホールはオーディションの会場だし、SKEのみんなで立っていたステージ。そこにバンドメンバーと一緒に立って歌っているなんて、数年前に考えたことがあったかなって。
そんなの全く予定になくて。笑

1年目は騙されるようにはじめたLIVEでした。
歌が下手だと言われ続けて、1人で歌うのなんて出来ればしたくなくて。
でも、スケジュールにLIVEって入っていて会場もおさえられていて。
もうびっくりですよね。逃げられない状況。
そんな中、初めてだらけのバンドライブはすっごく楽しくて!
下手っぴだけど、それでもみんなもバンドメンバーも一緒になって楽しんでくれる、エネルギーのやり取りの空間がとても愛おしくなりました。
そうやって続けて3年目。
今年はギターに挑戦するって自分で言ってやってみたものの、まだまだな所もあって。次に向けた目標もできました。

歌も、パフォーマンスもプロの人達に比べたらお遊戯みたいなものかもしれないけれど、一人一人がとっても楽しんでくれているのが伝わって私は嬉しくなります。

昨日はちょうどSKEが名古屋でコンサートをしていて、私は1人でLIVEをしていて。
夜明けBrand New Daysの歌詞がいつも以上に自分とみんなに重なる気がして、勝手に感慨深くなってました。笑
今だからわかることが、今しか見えないことがあるんだなと。
自分の選択を後悔したことは1度もないし、今がとっても幸せ。もっともっと上に行くから、みんなに見ていてほしいなって思いました。

LIVEは来てくれる人がいるから成り立つけれど、
その前に多くのスタッフさんたちに支えてもらっています。
優しくて、素敵なバンドメンバーのみんな!

ベースでバンドマスターの島本道太郎さん
コーラスの菊間まりさん
キーボードの花岡環さん
ドラムの渋谷憲さん
私のギターの先生でもあったひぐちけいちゃん
今回は東京は吹野くわがたさん、大阪、福岡は村山☆潤さん、名古屋は森谷優里くんがマニュピレーターとして参加してくれました!

裏で支えてくださったスタッフさんもありがとうございました!
助けられまくりです。

ツヅキエイミちゃんも可愛いグッズのイラストをありがとう。

毎年良くなってるねと言ってもらえて嬉しいけど、もっともっとクオリティを上げていきたい!
私はどこに向かうんだ笑

最終公演のアンコール前、みんなが凄く褒めてくれて、嬉しいな、優しいな、一緒に出来て良かったなって気持ちでいっぱいになりました。ちょっと泣きそうになっちゃうくらいで。
私は人見知りで、1年ぶりに会ったみんなとどんな距離でいればいいかわからずに、絶妙な距離感でいたのに、リハも、本番中も、終わってからも、みんな優しく見守ってくれていました。
次会える時はもっとレベルアップするんだ!


周りにいる人、応援してくれている人にこんなにも恵まれている。
ありがとうの気持ちでいっぱいです。
みんなに会える場所があって、顔が見られてよかった。
SPICATOURはそれを再確認する場所なのかもね。




また、来年。会えますように!
ギターは続けるぞ!