ついにこちらのプロジェクトで作製していた書籍KANBUTSU ~DRYPEACEな革命」が完成。私もブランチメニューで参加させてもらった。

{FB448FF1-075A-491F-BFBA-97603FB3F402}

血管が浮いた男前の腕は私。


本の完成記念ということで今回の自分ごはん部では乾物メニューをたくさん入れさせてもらった。まずは部活の様子から。


{AAEF6300-4FE8-471F-A0C0-00BE1DE4D578}

久しぶりユキコちゃん。米を研いでもらった。水が冷たいところ、ありがとう。土井善晴先生が忙しい方に推奨する「洗い米」をやってみた。

{8D8C2A3D-80CB-4D63-8DEB-F37624C8004A}

米を研いで40分くらい置いたもの。黒いのはハトムギ。米が洗った時についた表面の水を吸って白く膨らんでいる。炊く時は浸水した米と同じ量の水にすればよく、米が何カップだろうと関係ない。洗い米と水は同じ量にする。だからこそ、水の計量は大事。

最初は水の計量方法に戸惑っていたユリちゃんだが、ちょっと考えて賢い計量方法に気づく(写真左)。それを眺めるフミカさん(写真右)。

{907662BE-FD86-4A74-97D3-E540AA61822D}

フミカさん、調理サボってる疑惑あり。

{24DCD895-14B3-42BB-96A5-CB8883CC0994}

疑惑は疑惑。フミカさんも作っている。

{581ED17D-AAAF-4FA8-A9D9-5070FBBF5AFD}

胡桃の葛豆腐を作り中。葛と昆布出汁を火にかける。ちなみに胡桃をすり鉢で擦ってくれたのもフミカさん。出来上がりは後ほどに!

続いて乾物ドライカレー。これはもう乾物メニューの中の殿堂入りメニューと言っても過言ではない。乾物本を作るキッカケを作ってくれたDry and Peaceのお二人のレシピ。 

{514ABBDF-0FF0-4AA3-BF99-F15F4D50794F}

具となる乾物をす全てジップロックに入れて水でふやかす。オレンジ色のはレッドレンティル。

具は全て乾物なので包丁要らず、ほぼやることがない。部員のユリちゃんから「私を持て余しています」と言われるほどに。

サラダは何度も作っている水菜・海藻・柑橘のサラダ。

{D0CEC403-3719-46AD-A6EF-E2CC51F4CDE7}

持て余していたユリちゃんにサラダ作りをバトンタッチ。仕事をもらって喜ぶユリちゃんをご覧あれ。

{A1E3A562-0402-42D8-A98E-3A74AB23E809}

ユキコちゃんもよく働く。

{29FF2A7B-194B-492F-87C1-0951BE394C87}

完成写真

{D9C607D7-0096-4239-A301-A4F2B03EB8FA}

今日は珍しく夜の開催だったので、消化しやすい白米に美肌効果を期待したいハトムギを加えた。カレーは切り干し大根がメインで椎茸の出汁やケチャップ、レーズンの甘みと生姜のピリっと感も出て、市販のカレールゥには出せない味になる。小麦粉使ってないので胃もたれしにくいのもGOOD。

スープの写真を撮り忘れた。。興味のある方はKANBUTSU本のブランチページの写真をみてね!

{8E07908D-A780-448A-81CE-E5076E420C34}

サラダ。最近買った器。赤と緑が好き。

{41B87F0A-425E-40D6-85F8-E67C011256C3}

胡桃の葛豆腐。完全に固まる前によそってしまったのでプルプル。昆布出汁でわった醤油麹をかけていただく。

ゴマ豆腐はよくあるけどクルミ豆腐はなかなか売ってないので、自分で作る価値あり。手順さえ覚えればかなりアレンジできそう。ジュース使えばスイーツにもできるだろうな。

{1377AF78-BE67-4A59-A820-07F591D06BF8}

プルプル高野豆腐のココナツミルク。お汁粉に似てる⁉︎ 温かいココナツミルクの中に高野豆腐、クコの実、レーズン、フィグ、サラダ寒天を入れている。ココナツミルクは飲みきれないのが難点。というか、量を減らしておけばいいのか。。

恒例の記念写真。

{832FB90B-5962-4695-8ACC-76A9C8A3CFB9}

この日は夜の開催だったのでマッタリモードに。17時集合で22時近くまで一緒にいたので、、5時間⁉︎ 楽しい仲間との時間はあっという間ということね。お疲れさまでした!