棄てられないない原因は人それぞれです | ~10人10色の魔法のおかたづけ~整理収納サービス【シンプルスペース】加古川姫路・神戸西宮芦屋・高砂明石(住宅・終活・遺品整理)

~10人10色の魔法のおかたづけ~整理収納サービス【シンプルスペース】加古川姫路・神戸西宮芦屋・高砂明石(住宅・終活・遺品整理)

【整理収納術セルフケアセラピスト】商標登録申請中
☆10人10色のお片付けをモットーに☆  
穏やかな時住空間と美住空間をお創りします
お部屋の整理は心の整理
おかたづけ・整理収納を
サポートします
お気軽にお問合せください


テーマ:

お部屋の整理は心の整理♪

お部屋もスッキリ!

心もスッキリ!

1010の魔法のお片付け

シンプルスペース】の礒野由紀です


整理収納は

棄てれば片付くわけでは

ありませんが

使っていない

使わない

使うかも…を減らさなきゃ

片付かないのも事実です


収納の仕組みを変えて

収納スペースを確保するのも

大事な作業になりますが


本当は収納を

増やすのではなく

スペースにモノの数を

合わすことがスッキリ♪


でも

棄てれるなら

片付いてますという方も

いらっしゃいます


棄てられない原因は

人それぞれです


皆様よく頭の中では

理解していらっしゃいます


何年か前

ご自分が買ってしまった事は

反省していらっしゃるのですが

ゴミ収集車の音を聴く度

自分が買ってしまった自分を 

責める と言われた方が

いらっしゃいました



今回も

衣類を買うのが大好きな 

お婆ちゃまも

それはそれは

凄まじい数の新品の衣類

きっと無駄遣いも

わかっていらっしゃると思うのですが 

買うことをやめられない方も

いらっしゃるのも事実です



そして、もう老前整理をしようと 

心に決めて

今回お申込みくださいました

クライアント様

「想い出」「お気に入り」

モノに対して他の方より

心が入り込んでいらっしゃる方も

でも減らしていく仕方も

きっとあるはず!

きっと優しいんだろうなぁ


これじゃいけない!って

わかっていらっしゃるのです


だから、取捨選択したモノを

今度は想い出と言えども

画像に残して棄てるにするもの

保管するもの

飾っておくモノ


そして保管するものにも

期限を決めるのはいかがですか?

モノにも賞味期限をつけるのです

いついつまでに出来ないモノは

諦める

もしくは子供さん達に

要るのか聞いてみる


まずは

画像で残すと棄てられると

いうものから

減らして行く


毎回、毎回、分けては残して

そのまま…何年も

定期的に長期的に

3週間でダンボール一箱📦を

見直すと決める


いつまでに

1日何時間でを

無理なくスケジュールを立てる

ゴミの日に合わすのも良いでしょう


奥様は

キチンとされた方なんだと

思います

アルバムを作るのも

写真を貼るだけじゃなく

その時の新聞も資料としたり

お子様の写真1枚1枚に

その頃頂いたプリントや

行事をつけようとされて

写真➕資料と言う紙類があります


でも作らなきゃ

棄てられないなら

やるっきゃない!

納得できるようにやるっきゃない!


礒野もかつては

なかなか想い出や紙類やお手紙が

棄てられませんでした

でも、中学に入る時

母に棄てないから小学生の時のモノは

全部ダンボールに入れなさい

飾るものは3つだけ…

なかば無理やり

ダンボールを渡されて

でも、そのもの達がなくなって

スッキリした事

机の上が拭ける

なんかウキウキしたのです


そして

整理収納アドバイザー二級を

受講したきっかけも

溜まりに溜まった衣類の整理

棄てる基準って…みたいな感覚で

受講しました


その講座の中に

モノと人との関係がありました

私、モノを棄てられないわけでは

ありませんが

モノに「ありがとう」

モノに「賞味期限を作る」

年賀状は何年取り置き


なんかね…考えたことも

なかったのです


どちらかと言えば

キチンとするのが邪魔くさくて

嫌だから棄てた方が楽

くらいにしか思ってなかったし

でもそれからは「ありがとう」で

手離しています


そして衣類は畳んで

収納ケースの中に積んでいたのです


使いにくい使い方をしていました


衣類を立てるにハマって

片付けるのが楽しくて楽しくて

手離した後の

スッキリ感が半端なく

それはあるからストレスで

なんだ…なかったらこんなに

スッキリするんだを

伝えたくてアドバイザーに

なったのかもしれません


今はそれぞれの

お片づけの方法を考えて

礒野も技術的ではない

心の整理の

スキルアップを目指して頑張ります

一緒に考えていきましょう


皆様宜しくお願い致します


貴女の未来の時間を

過去の整理にあてるなら

それを趣味として

やり遂げるのも1つ

苦にならないやり方で

長期で定期でやるっきゃない


でも趣味にしたら

楽しめるかもしれませんね

それならしまいこまず

趣味部屋を作りませんか?





楽家事を創る整理収納アドバイザー礒野由紀シンプルスペースさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント