【ご質問】子宮や卵巣を取っても布ナプ使う意味はある? | 布ナプキン専門店 REMEDYGARDEN ママ社長 ☆田上玲子ブログ

布ナプキン専門店 REMEDYGARDEN ママ社長 ☆田上玲子ブログ

REMEDYGARDEN代表 田上玲子オフィシャルブログ


テーマ:
子宮から地球を変えよう
   ~Saving the Earth  month by month~

布ナプキン・子宮ケアアドバイザー
布ナプキン専門店レメディガーデン代表の田上玲子です


先日、親しくさせていただいている方からご相談を受けました。

**********************
玲子さんご意見下さい。
シルクライナーのことでお客様から質問ありました。
子宮を全摘出したけれど、シルクライナーをつける意味はあるのでしょうか?と

子宮や卵巣をとった女性が思いの外、多かったのです。

皆さん一様に布ナプキンは自分とは関係がないと思われていました。

しかし、すすめられてシルクライナーなどを身につけると、その心地よさに開眼されます。

いかがでしょうか?
**********************



私は、もちろん、とても良いと思います。

まず、子宮摘出をしても、膣からの分泌のおりものはあるんですね。


そのため、紙ライナーよりも、肌への優しさを考えたら、絶対布のライナーの方が心地よいからです


そして、何より、子宮や卵巣を摘出したとしても、女性には膣があります。

膣も柔らかくあたたかい方が良いですし、

尚更、女性しか持っていない、残っている部分を大事にして欲しいと思います

ですので、できるだけ優しく温かく保てる方がいいと思います。


布ナプをあてると、それだけであたたかく、やさしく守られているような、そんな感覚になります。



実は私も、何度も同じような質問を過去に受けた事がありますが、お勧めして使っていただ方からは、

「本当に、使ってよかったです」

「自分はもう、どこかで女性としてという感覚を持たないようにしていました。
でも、こうして着けてみると、自分のからだを愛しく思えるようになりましたラブラブ

と言ってもらえました。


全摘をしたことにより辛かったカラダやココロの傷も、少しづつ受け止め癒やし、自分のからだをもっと愛せるようになる手助けに、きっとなってくれるのではないかと思っています


全摘後はおりものが増える方が多く、そのためにも、布ライナーは本当に役に立つと思いますし、そしてデトックスの繊維と言われるシルクであればなおいいとおもいます



{DA25E838-4FC2-4699-BE69-C2E0A53CCFF1}

         reico∞tagami




布ナプキン専門店 remedy garden



極上天然繊維ブランド Reicarino∞bon





宝石白布ナプキンのお取り扱い、子宮から地球を変えようプロジェクトリーダー、に関してはコチラをご覧ください



宝石白オリジナル布ナプキンやコラボ商品に関して、ご興味がある方は

Instagram ID:
reico_tagami


布ナプキン専門店 remedy garden 社長 田上玲子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ