目に見えぬ修行は、ほとんど

24時間続き、その声は寝ている

間も続き、徐々に睡眠障害を

起すようになった。

 

 

なにがどうなっているのか理解

不明でしたが、

 

 

ただ、ただ、言われるままに

課題(?)をこなしていった。

 

 

あなたは、きっと信じないかも

知れないが、

 

 

私は、次第に、亡くなった方の

声が聞こえるようになりました。

 

 

何度も後悔の言葉を、泣き叫び

ながら言っている、

 

 

その声が、どれほど恐ろし

かったか説明ができません。

 

 

その泣き叫ぶ声に誘われて

辿りついた場所は、なんと

戦死者の無縁仏でした。

 

 

そこは、私が始めて行った場所

で、多くのお墓の一角にありました。

 

 

その声は、男性で、かなり若そう

でした。

 

 

私は、その声に誘導され、気付いた

時には、彼が眠るお墓の前に

立っていました。

 

 

墓石には、戦死者の霊とだけ

刻まれていました。

 

 

名前もなく、ただそこに眠る

霊魂。

 

 

彼は、さみしいといいながら、

私が来たことをとても喜んで

くれました。

 

 

彼のその悲しみを考えると

涙があふれるばかりでした。

 

 

それから、私の家には、

毎晩のように、無念でこの世を

去った方が来られました。

 

 

毎晩、私のそばに来るのが

私には、見えたのです。

 

 

私は、そんな体験を世間に

知らせたくて、某アン〇〇〇〇、、

に文書などを送りましたが、

 

 

「当番組では、超常現象は

お受けしておりません!」と

キッパリ拒否された。

 

 

しかし、今では、平然と、

超常現象のドキュメントを

バンバン放送している。

 

 

私が体験中だった、目に見えぬ

相手との対談、そして

死者との関わり、、、

 

 

当時、私は、私なりに、この不思議

体験について、理論をまとめていた。

 

 

それは、こうだ。

人間の脳は、脳にかかるエネルギーが

ある時点を越えると、


エネルギーは出口をもとめ、
結果その衝撃で脳の天辺穴があき、

 

 

別世界というか、

異次元にいけるようになる。

 

 

その異次元とは、宇宙と直結した、

宇宙のエネルギーを自由に

取り入れ、吐き出しが可能。

 

 

そのため、現実の世界では聞こえない

周波数の声が聞こえる、

 

 

さらに、自分自身を自分で悟らせる

脳内をくまなくいじることができる

特殊な体験が可能である。

 

 

そんな理論だ。

あなたは、私が狂っていると

思うかも知れない。

 

 

しかし、私は、至って正常、

事実だけをお伝えしている。

 

 

我々人類は、大いなる宇宙の

子供であり、大いなる宇宙から

生まれたことは事実である。

 

 

ということは、宇宙と、人類は

一固体、連鎖、連動しており、

 

 

この宇宙に「生かされている」

というのが真実であろう。

 

 

事実、我々の体には、宇宙の

エネルギー、いわゆる「気」

が存在している。

 

 

その「気」が生命を左右する

ほど重要なことは、中国4000年

の歴史を見ても確かである。

 

 

気の流れをよくすることが、

健康に繋がる、と。

 

 

では、その「気」なるものの

正体は何か?

 

 

実は、これは、波動と呼ばれる、

振動エネルギーだ。

 

 

この世のすべての生命体は

振動している。ゆれている。

 

 

この宇宙自体が、絶え間なく

振動し、それが、エネルギーに

なっているということになる。

 

 

私は、その後、人の体から

でているこの振動エネルギー、

 

 

つまり、波動エネルギーを

感じるようになり、それをもっと

知るために、気功師になった。

 

 

 

つづく、、、
今日も読んでくださり
ありがとうございました。♪akikoより。


この物語は架空や想像話ではありません。
本当にあった話を元に記事にしています。

 
❤大人気! 
無料悩み相談、カウンセリング実施!
2月度10名限定・先着ご予約順受付中!
http://xn--tck7a2e.jp/nayami.html


❤メルマガ登録で無料特典付き!
すぐに役立つ電子本プレゼント!

悩みの起源がおもしろいように分かる!
松尾明子の無料メルマガ
コミュニケーション上達講座(2)
登録はこちらからどうぞ。
https://maroon-ex.jp/fx42149/uFPvH5