おはようございます。

昨日は、朝は寒かったですが

日中は、暖かかったですね・・・?

そんな、気温が高くなる時を狙って

外構リフォーム工事で、車庫土間の生コン打ちを行いました。

まずは、コンクリートの厚みを十分確保する様に

出入り口付近に厚めに敷き込んでいた砕石を、掘り返します。

そして、鉄筋を並べていきます・・・

一枚一枚、丁寧に敷き込んで行きます・・・

そして、鉄筋を結束して行きます・・・

この鉄筋が、生コンを流し込んだ際に

生コンの中間に来るように、引き上げながら生コンを打ちます。

全体的に、敷き込んで行き・・・

一つ一つ、一枚一枚、結束して行きます・・・

すると、生コン車の到着・・・

奥の方から、生コンを流し込んで行きます・・・

一輪車に入れて、奥に運びます・・・

奥の角の方から、少しずつ流し込んで行きます。

そして、高さを調整しながら平らにして行きます・・・

面積が広いので、二人掛かりでならして行きます・・・

結構な厚みを打ち、割れにくい様に施工します・・・

そして、少しずつならして行きます・・・

予定していたより、結構生コンが必要でした・・・

急遽、追加をお願いして最後の入り口付近を打ちました。

そして、一旦生コン打ちは終了・・・

以前に比べると、登りやすい勾配になりました・・・

そして、道具のお掃除・・・

それに、道路もシッカリとお掃除して・・・

少し乾くのを待ちます・・・

少し乾いて来たところで、金コテで仕上ていきます・・・

そして、滑りにくい様に「ほうき引き」で仕上ていきます。

少しラインを入れる事で、車のタイヤが滑らない様にします。

精一杯、手を伸ばして・・・

均等に仕上がる様に、「ほうきの目」を付けていきます。

そうすると・・・?

綺麗に仕上がりました・・・

シッカリと乾燥するまで、1週間程掛かります・・・

しばらく御迷惑お掛け致します。

リリーフホームのフェイスブックページ

宮永 貴伸の個人フェイスブックページ

テラス屋根熊本フェイスブックページ

ウッドデッキ熊本のフェイスブックページ

薪ストーブ熊本のフェイスブックページ

キッチンリフォーム熊本のフェイスブックページ

お風呂リフォーム熊本のフェイスブックページ

トイレリフォーム熊本のフェイスブックページ

洗面所リフォーム熊本フェイスブックページ

宜しくお願い致します!!