篤です。


年度末の最終追い込みですね。

ジムで会うOLさん達もみんな疲れてました^^;


さて、今日はダイニチ工業です。


「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の

実行委員会長賞を受賞した会社です。


どんな企業理念なのか、楽しみですね。


<企業理念(社是)>

「常に新しい技術を生み出し

私達が心から誇れ

お得意様が安心して販売でき

使用者にいつまでも愛される

良い商品を作る」


目標、社員への思い、

お客様、その先のお客様と、

商品の誕生から終わりまでを網羅した

わかりやすい企業理念ですね。


毎朝の朝礼にて、全社員で唱和しているそうです。


また、解説もわかりやすく明示されています。


新しく生み出す技術をベースに特徴のある商品、

社会に役立つ商品を作る。


本当に社会に存在する意味のある商品を

持つことを、誇りに思う。


お客様に商品を説明し、販売してくださる

小売店様を大切にしたい。


「ただ気に入って便利」というレベルを超え、

お客様に愛情を持って使用していただける

商品を作りたい。


となっています。


創業48年の会社です。


石油暖房機、加湿器、煙発生機、コーヒーメーカーが

主要製品です。


大元は卓上型ガスコンロ、

この技術を発展させて、業務用ストーブ、


たぶんストーブに関係してお客様要望のあった加湿器、

灯油の気化技術を応用した煙発生機(発煙用機器)と


製品開発の流れと企業を支えた歴代の製品が

わかりやすく紹介されています。


最初に製品群を見た時には、繋がりがわからず、

一体この会社はなんなんだ?と不思議に思ってしまいました。


新しく生み出す技術、お客様のことを考えた商品から、

このようなラインナップができたのですね。


ホームページには「企業理念」という言葉はありません。

社是が同様の役目を果たしています。


企業の根底に同じ価値観が浸透しているようなので、

社是=企業理念で充分な良い例だと思います。


社是は経営者が座右の銘をあげたものが多く、

社長自身のためにあるようなものです。


企業理念は、全社員で共有する企業の軸です。


定義を考えると異なる理念ですが、

ダイニチ工業のように解説を丁寧に加えることで、

共通にすることも可能になります。


社是と社訓、経営理念と企業理念、

似ているようでみんな違う理念です。


また良い例があった時に解説していきたいと思います。


今日も読んでくださいまして、ありがとうございました♪