こんばんは。

魂響書占 たまゆらしょせん 恵理子です。

 

 

両親の老いについて 

また私が面した老いについて綴っています。

 

 

 

老いを生きる(1)両親の老い

 

老いを生きる(2)老いの容量

 

老いを生きる(3)母の衰え 認知症

 

老いを生きる(4)認知症の対応

 

老いを生きる(5)延命治療

 

老いを生きる(6)死への向かい方

 

老いを生きる(7)老いとの色々な関わり方

 

老いを生きる(8)そのまま認める

 

老いを生きる(9)死の話合い 末期がん

 

老いを生きる(10)凸凹で取れるバランス

 

老いを生きる(11)歩み寄り

 

老いを生きる(12)私が思う認知症

 

老いを生きる(13)みんないい人

 

老いを生きる(14)どう生きたい?

 

老いを生きる(15)父の変化

 

老いを生きる(16)母は最強

 

老いを生きる(17)普通ってなに?

 

老いを生きる(18)母の入院

 

老いを生きる(19) 叔父他界

 

老いを生きる(20)母 再入院

 

老いを生きる(21)医療と薬

 

老いを生きる(22)還す時間

 

老いを生きる(23)認知症は治さないといけないの?

 

老いを生きる(24)実の親 義理の親

 

老いを生きる(25)どう生きていくか どう死んでいくか

 

 

 

すっかり長くなったこの「老い」のテーマ。

 

ここまで来たら 

母の最期まで見届け そして父のことも

しっかり記録しておこうと思います。

 

まぁ 母が先に逝く とも限らないしね。

 

そう思えたのも 

医療認識を遥かに超えた生命力を持つ母に

またまた念押しするように 

新たな証拠が現れたからなのね。

 

 

 

 

大学病院から今の病院に転院後

母はすっかり元気になり 食欲も旺盛でした。

 

ところが 転院約1か月後の7月末

車イスから立ち上がろうとした所 転んでしまい

床に額をぶつけて2針縫うというケガをした辺りから不調に転落。

 

毎回完食だった食欲も落ち

「数値的にも内蔵機能が低下している」

とのことで 1週間前

主治医の先生から 父 兄 私が一緒に説明を聴きました。

 

 

母の体調不良の急変を疑問に思った先生は

様々な検査をしてくださっていて

結果 母は次の4つの病気を持っていたことが発覚したのです。

 

1.うっ血性心不全(肺に水が溜まっている)

2.左腎結石

3.膀胱結石

4.巨大肝のう胞

 

母の心臓は弱って肥大化しており

肺に水が溜まっているのは

素人の私たちが見てもレントゲンではっきりわかりました。

 

2つの結石はどちらも1~1.5センチほどと大きなもので

これも言われなくても画像を見てすぐに確認できました。

 

そして 特に先生もたまげていたのが

巨大肝のう胞という肝臓に出来た20センチもある水胞。

 

CTで身体の輪切り画像を見たら ある部分では

小柄な母の身体の半分以上を占めていて

「えーーー!こんなに大きいのがあるの!?」

と声に出してしまったほど 私も驚いたびっくり

 

他にも小さいのう胞が5,6個あり

食欲や内臓機能が低下していたのは

この巨大な肝のう胞が

胃や他の内臓を圧迫していたかららしい。

 

 

膀胱結石は尿管の方へ下に落ちたら

それこそ転げまわるほどの痛みになるのに

本当に上手い具合に弁のような所にひっかかっていて

また石が大きいので 下に落ちることの方が難しいみたい。

 

なので「痛みが出ることはまずないでしょう」との話で

父は「本当にラッキーな人だ」と言っていた。

 

 

 

 

母は やっぱり強運だと思う。

 

 

先生は 母が転んでケガをしなかったら

ご飯も食べていて元気だったし 

たぶん検査はしなかったでしょう

 

「奥様に検査させられた気がしました。」

とおっしゃってたのね。

 

それに 病気はどれもが最近できたものではなく

大学病院に入院するもうずっと前からあったと思われ

慢性的な可能性が高いそう。

 

「これらは重箱の隅をつつくように探し出したものではなくて

 ケガからの検査でたまたま見つかったもので

 今思うと『私の病気を見つけて~』

 と言われた気がしたんですよね」 と。 

 

 

先生の見解では

大学病院で母は入院直後に敗血症になり

命の危険があって とにかくその治療にフォーカスしたため

原因究明はされず これらの病気の発見には至らなかったようです。

 

敗血症になったのは 

糖尿病で免疫が落ち そこから尿路感染症になっての発症

と説明を受け そう思っていたけれど 

今回母はまた尿路感染を再発しており

実はこの2つの結石が大きな原因だったのだろうと

先生の説明で納得しました。

 

この事態に対して

肺の水を抜く手術とか

結石にレーザーを当てて粉砕するという方法もあるけれど

高齢であることや術後のリスクの方が高いので

先生は 「お勧めしません」 と。

 

既に薬と点滴で対処していて

数値が少し上がった箇所も見られるから

このまま治癒していく可能性もあるとのこと。

 

 

それにしても 

これだけ色んなものを身体に抱えていながら

ずっと「サイコ―!」「幸せ~♡」とご機嫌だった母。

 

先生も不思議に思って

「本当に痛い所はないですか?」

「どこか不快な場所はないですか?」

と何度も母に聞いてくれたそうなのですが

 

「どこもないわよ」

「気分はいいわぁ~」

 

と答えたんだって。

 

 

この時は先生ももう 

母の異常な?生命力をよーく理解してくださっていて

 

「お母さんの生命力にかけましょう」

 

と言ってくださり

私たち家族も即決同意。

 

「母が苦痛を感じないこと」を第一条件に

手術は何もせずに

出来る治療を勧めていただくことにしました。

 

 

と ここで 前回治療を拒否した

静脈中心カテーテルのことが話にあがってね。

 

これは 末端の細い血管がダメになった時

点滴が確実に出来るように

足の付け根か首の辺りの太い血管を確保する 

というもの。

 

先生は

「足の付け根の方が見えないし 気にならなくていいでしょう」

と 母の性格を考慮して下さってました。

 

痛みを伴うものではないし

父も「これはやはりやってあげたい」と言っていて。

 

私も「父の気持ちを尊重しよう」と決めたので同意し

兄も同じく同意。

 

でも経管栄養については

鼻に管を通すことは母にとっては苦痛だろうから 

改めて「やらない方向で行きたい」

と先生に伝えました。

 

 

 

先生は データや数値だけでなく

目の前の母自身をちゃんと見てくれている

という信頼感があります。

 

それにね 母が額を切った時

ちょうど当直だった先生が縫合してくださったそうで

その時 面と向かって 母 

「先生のこと だぁい好きラブ

って言ったんだって。

 

「施術中にそんなこと言われたのは初めてで

 思わず 『僕も大好きですドキドキ

 って言っちゃったんですよね。」

 

って 先生もなんだか嬉しそうだった。

 

「そうそう ラブラブだったんだからぁ」って

その場にいた他の看護師さんも大笑いでね爆  笑

 

母自身も先生を信頼しているのは間違いない。

 

 

また先生は

 

「何か次の治療やステップに進む場合には

 必ずご家族にご連絡します。

 

 それから 

 今こう決めるからと言ってそれがすべてではありません。

 今後 気持ちや考えが変わってもいいんですよ。

 その都度 確認しながら進めましょう。」

 

と言ってくださったの。

 

 

「あぁ この先生や看護師さんたちに看守られていれば

 母は大丈夫だ。」

 

父も兄も 私と同じように感じたんでしょう。

 

大きな安心感と共に 

母のこと 全面的にお任せすることにしました。

 

 

 

 

看護師さんや介護士さんは

日々ローテーションで担当が変わっているようで

私も病院に通う中で10人以上の方に接しています。

 

業務状況をそばで見ていても  大変なお仕事。

 

だから 

対応が事務的になってしまうことがあるのも当然だと思う。

 

けれど 最初そんな感じだった方が

「気になることがあったら何でも言ってくださいね。」

と笑顔で言ってくださるようになった。

 

最初から「この仕事が好きで♡」と

態度がまったく変わらない親切な方ももちろんいる。

 

でも転院直後から比べて明らかに

和やかに朗らかに変わったなって感じる方もいる。

 

特に仲の良い看護士さんと母は

「美味しいもん 食べたいなぁ」

「じゃあさ ウナギでも食べに行く~?」

「いいね!行こう!行こう!」

なぁんて 八王子の老舗の鰻屋に一緒に行く約束してたし。

 

認知症の症状も上手い具合に手伝っているようで

「光子さんは愛されキャラだからぁハート

と他の方々にも言われてね。

 

 

母は居心地の良いように

素の自分でドキドキの世界を創っていくんだなと思う。

 

 

 

母は以前から 

コミュ二ケーション能力が異様に高くて

どこでも こうして 知らない人でも

友達のようにすぐ仲良くなっちゃうんだよね。

 

出先で見ず知らずの人を捕まえては

「私は孫が8人いてねぇ~」から始まり

30分以上もほとんど一方的にしゃべり倒し

 

「もー本当にすみませんあせる

と母を引き離すのが同伴家族の役目でね

 

私も コレ 何度やったかわからない。

 

 

で 当の本人は

「私の話を聴いてくれていい人だった~

 楽しかったぁ照れ」 と大満足で。

 

 

でもちゃんと 

「話を聴いてくれる人」を

母は見極めているんだよね。

 

母が話しかけた人は皆さん

もれなく 本当にいい人ばかりだったから。

 

 

当時は「ちょっと! それ! 人様の迷惑でしょむかっ

と思っていた母の実態が 

今は恐るべきパワーに感じるわアップ

 

 

だからね 糖尿病で 認知症で

しかもさらにこんなに病気が発覚した母だけど

私はもう 何も心配してないの。

 

 

母は どんな状況でも 

いつ死ぬことになっても

 

「みんないい人だった~照れ」 

「幸せな人生だった~ラブ

 

って逝くのは確実だろうから。

 

 

 

 

 

気がかりなのは 心配性の父の方。

 

息子や義弟もが 同じくそう言っている。

 

 

それでも 母の命の危機を何度か越えて来たからか

ネガティブな状況にずいぶん慣れたなぁ と思う。

 

こんなに4つもの病気が一気に見つかったら

以前の父だったら 激しく動揺し落ち込んでいたでしょう。

 

 

でも 今回父は

 

「ケガして 先生に検査させて 病気を発見させて

 医者まで動かすようになった!

 ばぁばはまた自分の力で回復すると思う。」

 

と前向きに落ち着いています。

 

 

それから 

私の親友からのアドバイスも含め 家族で話し合って 

母の次の場所を医療重視の特養ホームに定め

申込みをすることに決めました。

 

審査もあるし 待機している人も多数いるそうだし

母の今の身体状態だとすぐに移動するのは無理だけどね。

 

母にその特養ホームのパンフレットを見せたら

「ここいいワラワラ ここ行くー音譜

って目を輝かせて言ってたし。

 

 

家族全員 

 

「ばぁばが本当にその特養ホームに行きたければ 

 自分で治して 自分の身体で示して 自分で行くだろう」

 

と信じています。

 

 

この特養ホームは今年の4月に開設されたばかりでね。

 

糖尿病の母を受け入れてくれて

かつ「母の生の場所」と思える行き先は

八王子市内では他になかったの。

 

もしも今の事態が去年だったら 違ってた。

 

そういう意味でも 母は本当に運が良く

父が言う通り 「ラッキーな人」 なのだと思う。

 

 

 

 

老いを生きる両親を見ていると

看取られる方も 看取る方も

少しずつ心つもりをしながらちょうどいい時に 

逝けるよう 送れるよう

調整しているようにも思います。  

 

 

父は 母が入院する前によく言っていたように

ドライブに行ったり 食事に出かけたり

カフェで美味しいケーキを食べさせたい

んだって。

 

まぁ母は ちゃんと自分で 

食べたい物を食べ尽くしてから逝くんじゃないかなー

 

それに ほぼ食欲で人生を歩んで来た母に

後で化けて出られても嫌だから 

娘としても この両親の願いはぜひとも叶えたいしね。

 

 

 

 

さぁ このラッキーな母が 今後

どう自分の生を切り拓いていくのか 

 

見ものです。

 

 

 

この星のカード 母にピッタリ星

 

 

(紫)17 THE STAR 星

 

無邪気 子供のように 好き 楽しむ

 

楽しそうに踊りながら 水瓶から水を流す少女

 

今あなたにとって大切なのはこの少女のように

心から楽しんだり喜んだりエネルギーを注ぐ事

 

あなたが一心に好きなことをしたり

無邪気にワクワクする様子は

自分の活力を上げることはもちろん 

周囲の人々にも同じように♪のエネルギーや

希望を与えることになり 状況も好転します

 

行動の決め手は 好きか 楽しいか 嬉しいか

子供のように素直に決めるのが良いでしょう

 

 

 

つづく

 

 

老いを生きる(27)危篤

 


 

 

 

 

ホームページ 魂響書占 たまゆらしょせん 恵理子