息子のこと(6)

テーマ:

こんばんは。

魂響書占 たまゆらしょせん えりこです。

 

先日は 息子の20歳へのメッセージやいいねを

本当にどうもありがとうございました。

 

息子20歳になりました ありがとうございます  

 

 

とっても嬉しかったです(*^^*)

 

 

息子のこと(1)

息子のこと(2)
息子のこと(3)

息子のこと(4)

息子のこと(5)

 

 

前回の更新後も また状況が色々動き

 

息子の誕生日の27日は 出世時と同じように

八王子の地で私の両親に見守られながら

満願成就の時を迎えました。

 

 


 

 


 

当日は息子のリクエストでお気に入りの近くのカフェで

両親と私と一緒にケーキで前祝。

 

 

 

実は息子

八王子の私の祖父 

つまり息子の曽祖父と誕生日が同じです。

 

2月27日

 

 

それは私も以前から知っていて

 

何かしら息子と深い縁があることを感じていましたが

 

この日 カフェでお祝いケーキを食べながら

 

初耳の話を父から聴きました。

 

「おじいちゃんも若い頃 20歳まで生きられないだろう

 

 と言われていたんだよ。」

 

 

 

 

 

 

息子のように 

 

 

霊能者や占い師の方々に言われた わけではなかったのですが

祖父は子供の頃から体が弱く病気がちで 親戚中から

 

「この子は長くは生きられない。20歳までもたないだろう。」

 

 

と言われ続けていたんだとか。

 

 

だけど 祖父は結局85歳まで生き

 

兄弟の中でも1番の長寿でした。

 

 


 

 

 

 

人生の途中には やはり転換点があったようで

 

 

祖父はそれが40歳の時だったよう。

 

そこから体質も 食べ物の好みも

 

まったく正反対に変化。

 

若い時は

 

油物やいわゆる高カロリーのものが一切ダメだったのに

40歳からはガンガン食べて元気になっていった 

ということです。

 

私の記憶でも

 

 

「今日の夕飯 何食べたい?」

 

と聞く祖母に

 

「ハンバーグ!」 とか 「グラタン!」

 

って言ってたもんなぁ おじいちゃん。

 

 

この話は 20歳の節目を迎えた息子にとって

 

 

 

「もう大丈夫。これからは元気に生きていけるよ。」

 

 

という祖父からの激励メッセージのような気がしました。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

出生時間の20:24を過ぎてからは

皆さんから届いたお祝いメッセージやいいね!を

すべて息子に見せました。


 

とてもステキな言葉に照れていましたが

家族や友人 顔を合わせたこともないたくさんの方々が

これほど自分のことを思ってくれていた という事実は 

今後の息子にとって大きな力となったこと

間違いありません。


本当にどうもありがとうございました。

 

 


夜にね 私と両親の前でこう言っていたんですよ。

 

 

 

「この20年を振り返ってみたよ。

 

 オレはずっといい友達に恵まれてきた。

 今もバイトの人たちや関わっている人 みんないい人。

 良かった。」

 

って。

 

 

昨年はてんかんやパニック障害の発作で

体が言うことをきかず 一時相当気持ちが落ちこみ

パティシエの専門学校で使っていたナイフで

自分を切ろうとしたこともあった息子。

 

あの頃 口から出ていたのは

 

 

「苦しい」 

 

「痛い」 

「もう嫌だ」

 

そんなネガティブな言葉ばかりだった。

 

 

それが誕生日のこの日言っていたのは

 

「良かった」ことばかり。


ひっくり返りました。

 

 

息子が 過去の自分を全部○に出来たんだな合格

 

 

 

と感じたことが何より私は嬉しかった。

 

 

 

 

そしてね 私の目をじっとみつめながら

こう言ってくれました。

 

「今まで20年。

 

 こんな俺を育ててくれてお疲れさまでした。」

 

ありがとう じゃなくて お疲れさま

 

 

 

このひと言で

 

「ああ 私の今生の使命 これで1つ達成したんだ。」

 

 

と実感しました。

 

 

 

赤ちゃんの頃からよく熱を出し 

幼い頃は 毎月何かしらで通院 

頭痛 腹痛 登校拒否 ADHD 交通事故

救急搬送 てんかん パニック障害 学校中退

 

息子の20年は 本当に色々あった。

 

 

 

ずっと

 

「私がこの子を20歳以上越えさせるびっくり

 

 

って思ってきたけれど それ違ったと思います。

 

 

 

本当はずっと

 

「息子が私の使命を達成させるために体を張って

 

 たくさんのことを学ばせてくれた」

 

んだと思います。

 

 

 

「お疲れさまでした」

 

私も過去の自分 

 

息子のこの言葉で 全部○になりました合格

 

 

 

 

 

 

 

 

育てさせてもらって ありがとう好

 

 

 

この子を授けてくださり 

 

学ばせてくださり

 

一時も心から離れることなく 

 

見守ってくださり 

お導きくださり

 

本当に本当に どうもありがとうございます。

 

 

 

目に見える守護 

 

 

見えない守護

 

たくさんの力によって 

 

人間は守られ 愛され 

 

生かされている

 

 

 

両親 息子とも この日そのことをしみじみ話しました。

 

 

 

 



 

 

 

 

八王子に向かう前に

 

いつもお参りしていた神社にお礼参り。

 

「この日を無事迎えさせていただき ありがとうございました。」

 

 

この日は これでも少ない と思った諭吉さん 

 

息子が入れました。 

 

これほど感謝があふれるのを感じたのも初めてでした。

 

 

 

28日の朝

 

 

快晴の青空と同じように 息子は気持ちが晴れたよう。

 

鼻歌歌ってた(^。^)音譜

 

 

 

1つのサイクルの終了と新しい始まりを 

 

 

見守り 祈り お祝いしてくださり

皆さん 本当にどうもありがとうございましたm(_ _ )m

 

 


息子のこと(7)

 

 

 


 

 

タロットカード 21 THE WORLD 世界

 

完了 完成 成就 実行 

 

あることについて 1つのサイクルが終了

 

することを示す タロット最後のカード

 

あなたは様々な事を経験し体感し 

ここまで 来ましたね 状況は整っています 

 

その精神性を持って「手に入れる!」と決起 

最後に手を伸ばす行動後 完成・成就という形

で締めくくられるでしょう

 

自分が培ってきたそれぞれの力と 

成し遂げたことを存分に味わい 

またここからの新たな力としてくださいね

 

たまゆらカード占い より)