信玄のラブレター

テーマ:
没になった男色の話に反響がありましたので無難なところを抜粋してみました。

(前略)

★政宗×小十郎

  さて続きましては一部の女子に大人気のカップル登場です。独眼竜こと伊達政宗とその補佐役、片倉小十郎さん(片倉景綱)。ゲームでも同じみのこのお2人ですが……【カップルではありません!】まぁ正確に言いますと政宗と小十郎はカップルです。しかーし、景綱ではなく片倉重長とです。『小十郎』というのは通称で景綱以降、代々片倉家の当主に受けつがれました。重長は景綱の長男で二代目の片倉小十郎です。Do you understand?

  この二代目小十郎(以降は重長)、武将として優れておりましたが
お顔も優れておりました。そのためこれまた男色家で有名だった「小早川秀秋」にタゲられてしまいます。秀秋は何度もアプローチをしますがこれを嫌った重長は寺に逃げ込みます。そこに秀秋から仲介を頼まれた政宗から書状が届きます。

小十郎さま

嫌な理由はたくさんあると思うが一晩のことだ。色々思うところはあろうがとにかく今晩京都へ行ってくれ。かえすがえす秀秋さまのことに従ってほしい。あ、主君の命令って親の首を切ることさえあるってコト分別持って考えてね。

政宗より

分別無いのはどっちだよもぐもぐとツッコミ入れて次に行きましょう。

★武田信玄のラブレター

甲斐の虎『武田信玄』にも男性のお相手が存在しました。それは武田四天王の1人にも数えられる『高坂昌信(春日源助)』です。武田軍きっての知将として有名な昌信ですが、物凄い美少年だったようです。現存するラブレターは信玄が弥七郎という少年と寝ているとの噂を耳にして激おこになり出仕を拒否した昌信に対しての言い訳的内容になっております。
                
春日源助どの

弥七郎を何度も誘いましたが、お腹が痛いと断られました。これはウソじゃありません。
弥七郎と寝たことはありません。前にもありません。昼も夜もやってません。ましてや今夜寝たりしません。アナタと結ばれたいと色々頑張ってるのにかえって疑われ困惑しております。
これらのことに嘘はありません。もし嘘があるのなら、甲州の一二三大明神、富士、白山、特に八幡大菩薩、諏訪大明神の天罰を受けるでしょう。
本当なら宝印の紙で書くところですが役人の目があるのでただの紙に書きます。明日ちゃんと書き直します。
 
晴信より
      
手紙の当時、信玄は25歳、昌信19歳でした。……なんだか信玄さん可愛いんですけど。

(後略)

略した部分にはア○ルを伏せずに書いたりやりたい放題しておりますチュー