星も霞むは、お月さま
今宵は乳白の光おおきにえ

綺麗な綺麗なお月さま
うちも綺麗にしておくれなんし

ほんに
あのひとは遠くにいるばかり
溜まった言葉を閉じこめる
うちは貝になりとうて

ねぇお月さま
貝になったなら
乳白色の真珠ひとつ
それはあのひとに
Reiz☆-022.jpg

ひとに優しくしてると、
優しさが思わぬところからやってくる。

陽は陽を引き寄せるように
笑顔には、笑顔返し。

そういうあったかな感じの今春。
雨と空気。

うちの愛もこんなにもあったかい。
我が愛するひとは、遠き地で何やってんのか

全くわからない

同じ空は違う色で
紡ぐ時間も違う

ま、いいか

元気なら?

言い聞かせながら、学校へ向かう


面白いひとに会ったり
英語でメールしたり

色々してみる


そーだな…今の希望は


ベイビーが欲しい

ほんとに欲しい。


困るね。
しとしと雨が振りやまず
霧濃く海まで濡らします
夜の黒も漆塗りで
灯の座も隠すこと

満月ふたつの今月は
いろんなことが起きました

思うことの荷を軽く
うちの心は梳けそうで
真を袂に入れました

夢が叶うという今宵
君のことを祈ります

Reiz☆-20090214-00000004-jijm_sp-int_vi.jpg

心に 細波が起きて

現実が 吹雪いて

感情に息絶えそうになって

巡りに巡って

同じところに帰る

夏樹を愛してる

変えられず変わらない 玲の核