韓国の反日教育と毒親 | 令和からやり直す引き寄せ

令和からやり直す引き寄せ

時代が平成から令和に変わり日本を取り巻く空気や流れも変わると思い、始めたブログです。個人的な経験や考えてることについて書きたいと思います。

日本と韓国は昔から問題がありましたが、

現在は日々、溝が深くなっている状況です。

 

韓国側の問題があるのは事実ですが、

対立を利用して世の中を操作しようとしていた日本人もいた

というのが問題を悪化させた大きな原因だと思います。

ジャーナリストの大高未貴さんの話を聞くと

陰謀論と結びつけて考えるしかないと思います。

 

 

どこまで本当かはわかりませんが、

現在の状況を見ると、「シオン長老の議定書」

に書かれていたことが現実化しているように見える気もします。

(やはり世界の人間を思い通りに操作している人間が裏で糸を引いている)

 

 

反日教育も対立を生み出し人を操作したい

という人間が推し進めたことなのかもしれません。

日本人も韓国人も一般人は総じて被害者である・・・

というのが私の考え方です。

 

この方のようにまともな韓国人がいることは救いだと思います。

この方が代表して主張していますが、

まともな韓国人の方はまだまだ大勢いらっしゃると思います。

 

 

個人的な意見を書かせていただきますと、

反日教育は大問題だと思います。

 

何故、問題かと言うと、

毒になる親(毒親)と同じ原理で、

成長する過程=人格を形成する過程で

「恨み」「憎しみ」「怒り」「悲しみ」などの感情を

パンパンに膨らませて、

それを適切に処理せずに継続すると

それが内面化して人格の一部となってしまうからです。

 

 

そんな人たちが地域のレベルではなく、

国家レベルでいるということなので、

国民感情と言うか人格をニュートラルに戻すのは至難の業だと思います。

ニュートラルに戻すためには何世代も重ねなければいけないかと・・・

 

ニュートラルに戻すには貿易や経済など

かなり痛みを伴うかもしれませんが、

それは仕方ないことだと思います。

(信用状の発行が停止されて決済ができなくなるとか)

 

改善を祈るばかりです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さま、どうぞご自愛くださいませ。

 

こちらをクリックしていただけると励みになります。

いつもありがとうございます。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 


引き寄せの法則ランキング