障り~武将の祭りの懺悔 | 霊能者 凛花のブログ

霊能者 凛花のブログ

★~~≪至急お知らせします≫
最近、私と同じ名前を使用して占い師が出て来ました
ひじょうに迷惑しています。
   ☆無料霊能相談~最強の霊視&霊聴
   守護神の不動明王(本当は天の神)天の神二十体の
    加護を受けて☆皆様の苦しみをお救いしています☆

 

武将の祭り~懺悔

- * - * - * - * - * - * - * - *-

障りの諸因は~昔の処刑に

あります

 

- * - * - * - * - * - * - * - *-

 

【神からの指令がありました】

秋季大祭に行った時に

不動明王の集まりがあり

特に足利氏の神の報告が

苦しみを帯びました

神々は

「人の苦しみをはじかなければ

いけない!!」

と苦悶されつつ

「昔の祭りの最後は厳しかった」

と語る

 

「強者は優しくあれ!」

 

~~時々厳重に処する報せの

祭り難しい人間たち

足利氏のその頃の祭りとは

危惧するほど

最後がしらけたる厳しき祭りとは

祭りの宴の最後にどれほどの

若い女が消されたか

~~裸足で歩かせる二十もの

行列

赤いこしまき

武将たちは囃す

ことごとく嫌味がある

主君のまえで股裂きの刑がのちに

 

★★★★神の報せはきつい

〈この状況説明です〉

「これは一大事である

汚い顔はいますぐに

斬れと支持があった

がっかりした」

くつうです、そのご血汐ですか?

[ならんだ行列~美しい女の顔が

浮き彫りに]

野蛮な男たちは

この内で三人の裸体の女をより好んで

抜きだす

みていた素浪人、行者たちは

具合悪くなる

 

これが室町時代の事実

 

武将たちは困った

おのずとしょっぴかれ

男も斬られる

血汐が噴流する

負け惜しみは言わない

悪だくみの男たちに頼まれた

処刑人たちは

その後は改心する

もうおそい手おくれである

 

【最後に】

これを神々がどう償いを扱うかは

これが主君の最後

半裸の女の最期の怨みは現代まで

突然の事故死を選ばせる

これが怨念

処刑人は海に落ちる海難事故死が

多いこれは摩擦にならないように

股裂きの刑の女の悔しさは前代未聞

[ある意味これは卑怯な手を使った

ことにより怨みが現在も離れない]

現代においても

ある女性の精神状態を破滅させる

~脳の呪縛のちに悔しみが多く

愛情深い夫が苦しむ、そして

その家族全体が苦しむ

(これは実際に霊能相談)

✖股さきは途轍もなくひきょう

立ったまま絶句

この男は最近になって絞首になる

ご自分で✖

 

 

☆難しい前世の取り憑き

でなければ

~悪因縁は

正しい生き方で、

前世も心を癒し

修復可能です☆

 

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング 

☆いつもブログをお読みいただき

 感謝いたします☆ 

☆ 

- * - * - * - * - * - * - * - *- 

こちらをクリックして

 いただけますか☆貴方様の幸福を祈って

 おります~凛花☆