願い事が成就するときに

 

お力を貸してくださるサクセスの神様は

 

これが近道。

 

これが後々、その成功をしたときに

 

この人にとって必要になる。

 

との親心で

 

思わぬ道(選択)を示してくれることがあります。

 

 

しかし、夢を叶えていない多くの人は

 

そのルートが提示された瞬間に

 

「絶対イヤです!」

 

「そんな面倒くさい事するんですか?」

 

「それは以前からわたしが

 

大嫌いだったことなので

 

それだけはやれません」

 

などと言ってそのルートを拒否するのです。

 

そうやって断り続けた人は

 

どうなるかというと

 

願い事成就へのルートからは

 

大きく外れ始めます。

 

 

わたしも過去にこういった

 

お試しともいえる事象がありました。

 

それは電話占いをすること。

 

実はわたしの最初のデビューは

 

電話占いだったのですが

 

わたしはどこかでそれを

 

「新人のうちにやることであって

 

経験を積んだ鑑定士がやることではない」

 

と思っていたのです。

 

なので最初N先生から

 

電話占い会社に所属する話を聞いたとき

 

「なんでそんなことをしなくては

 

いけないのですか?」

 

と食って掛かった記憶があります。

 

 

しかし結果的に

 

わたしは電話占い会社に

 

所属する道を選びました。

 

 

なぜかというと

 

・・・・・・・

 

わたしの意思とは別に

 

N先生と電話占い会社の間で

 

もう契約がなされていたからです。

 

今振り返ると

 

これは神様が有無を言わせず

 

ルートに乗せてくださったのだと

 

はっきりわかりますが

 

当時は不満でたまりませんでした。

 

もしN先生が間に入っていらっしゃらなかったら

 

わたし一人だったならば

 

電話占いに再度所属するなんてことは

 

絶対にやらなかったとおもいます。

 

それがある意味、強制的に

 

そういった結果になったので

 

あとはもうやるしかありませんでした。

 

しかし、わたしはそこで初めて

 

気が付きました。

 

わたしの目標は

 

多くの人に認知され多くの人の役に立つ

 

霊視占いをすることでした。

 

もしわたしが自分の思い描いたルート

 

自分のやり方にこだわったままでいたら

 

その夢はきっと頓挫していただろうと

 

今ではよくわかります。

 

なぜなら、電話占いに所属したことで

 

大きく宣伝していただいて

 

わたしが受け付けてきた人数より

 

さらに多くのお客様を鑑定を

 

することができるようになったからです。

 

それまでのわたしは

 

少数のお客様の鑑定で

 

体が疲れていたため

 

1日3人までしか受付をしていませんでした。

 

しかし、電話占いに所属していると

 

ありがたいことに

 

どんどん電話がかかってきます。

 

1日3名までなんて言ってられないのです。

 

そして以前より多くのお客様がくる

 

大きなイベント*癒しフェアなどに

 

出演することでさらに多くの人数を鑑定する。

 

おかげさまでキャパシティーが増えたのです。

 

もし、わたしが自分のやり方にこだわっていたら。

 

わたしの最終目標である

 

「たくさんの方に認知していただき

 

必要として頂ける占い師」

 

とは程遠い道を歩んでいたに違いありません。

 

多くの人は夢が叶う前に

 

自分のジャッジ、自分の狭い経験値で

 

勝手に方法やルートを絞ろうとします。

 

しかし、それがいかに愚かで

 

サクセスの神様からは嫌われる行為か

 

わたしは身をもって知っています。

 

夢を叶えたい方は

 

どうぞ柔軟に、ご自身の知らないルート

 

ご自身が嫌だとおもっているルートは

 

最短距離なのかもしれないと

 

受け入れてみてください。

 

 

 

ライオンズゲート前に

 

どなたさまの夢も素敵な形で

 

叶いますようお祈りしています。