6月の、マグワート。

6月の、マグワート。

株式会社黎明農園(れいめいのうえん)・のブログ。

栃木県足利市の株式会社黎明農園(れいめいのうえん)です。
厳格な規定のある「JAS有機認定農場」で完全無農薬栽培をした「よもぎ」を栽培し、
商品を企画生産販売をしている会社です。
無農薬で清冷な環境で育ったよもぎは独特な成分構成を持ち、
農薬など無い、古来から民間薬として使われ多くの効果を生み出したよもぎを目指し、日々精進しています。
このブログでは、よもぎやハーブ、農園のことや日々のことを発信し、より良い「よもぎのある」生活を目指し発信していきますので、よろしくおねがいします!
・黎明農園ホームページ
・黎明農園ショッピングページ
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。






Morrisです。







さて、最後のブログとなりました…。





やっと晴れましたね!
※この記事は5月20日(土曜日)に書きました。

 

 

 

そして暑い!





やっと、野よもぎの収穫に行ってきました!





僕の行くいつものところは、

里山の宅地造成を途中で止めた…ところです。

山が農地に入り込み、

その境に宅地ができたのですが、

住宅でなく、

今流行りの「太陽光発電施設」になっています。

 


農道とその境にある土手…がいつもの収穫場所。

結構の斜面になっていますので、犬の散歩の落し物…

の心配はないし、

交通量の多い道路は遠いし、

アクセスが良いのでよく使わせていただいています。

こんな感じ…このよもぎを収穫します。

 


根元からちょきん!…と切り、カゴに入れていきます。

その時の注意!…は、

・切り取ったら、その場で”ばさばさ”と振る。
 (虫等をこの時点で振り落とす!)

・切り取った茎の下半分(硬くて痛んだ葉)は
 上からしごいてその場に捨てていく。

…そんな感じで下ごしらえしながら採取します。



そして、

家に持ち帰りますが、

キッチンに行く前に洗面所かバスルームに持って行き、

ざっとシャワーをかけてホコリや虫を落とします。

ひとつひとつよ〜く見てくださいね!

(この時期はまだ無いと思いますが、クモが巣を作っていたりします)

この時にちゃ〜んとチェックしないと………

……………になりますから…。



チェック出来たらよもぎの茎を持ってバッ!と水気を切ります。

そして、初めてキッチンに持って行きます。

 



さて、もうひとつの下ごしらえに…。

今回のよもぎは一部保存用なので、

・蒸して…

・冷凍。

という工程になります。
 

 

 

まず、蒸し器(下部)をコンロにセットし火をつけ、

蒸し器の上には、大きめのオーブンシートを敷き、

その上に竹スノコを敷いておきます。


蒸気が出るまでの間、下ごしらえをします。

よもぎの葉の分別をしましょう。

穂先の、柔らかいところは茎ごと切ります。

『どこが穂先か分からない!」…ですか?

なら、こうやって…



茎がダラーっと曲がっちゃう…所が穂先…にしましょう。

柔らかくてそのまま食べられますんで。


穂先は茎ごと、

下の葉は、茎近くから切り落とします。

えっ?一つ一つ切るの面倒?

面倒でも、後が楽なんで頑張ってください!


…こんな感じになります…。

 



切り取った葉を、蒸し器に入れます。

あ、葉と穂先分けてくださいね。
 

 


…もう蒸気は上がっていますか?


蒸気が上がっていたら、蒸し器をセットし蓋をし蒸します。

短時間なので、フキンとかはいりません。

 

 


蒸気が上がっていない場合は、蒸気が上がるまで待ってね。

蓋を閉めたら「3分」タイマーをセットします。

「3分?短い…んじゃ?」とお思いでしょうが、

香りと食感、素材として使うにはちょうど良いと思います。

蒸しすぎると、香りが飛んでしまうし

蒸さないと冷凍時細胞内壁が壊れてしまいます。

香りについては、あと3分待ってね!

びっくりしますよ!

さて、タイマーが鳴ったら火を止めます…。

そして、蓋を取りましょう!

 


!!!う〜〜〜〜〜ん!あーーーーー良い香り!

…ショックなほど、洗練な香り♡

さて。

これを、布巾やキッチンペーパーの上に広げましょう。

菜箸を使い広げます。

そして、うちわで扇ぎ粗熱をとります。

…この時点で見た目が野草…から、野菜…に変わっています。

 



これを2つのジップロックに入れます。

ひとつは材料としての葉の部分。

ひとつはそのまま使う穂先の部分。

で、急冷凍!

 



…これでおしまいです。


私はこれを春のうちに何回か繰り返します。

そして、

もう一度熱を加えよもぎ餅…はもちろん、

穂先のてんぷらや、

ほうれん草代わりにキッシュに入れたり…

いろんな使い道があります!

冷凍ほうれん草と同じように使うことが出来ますよ。

これで、

家族一同よもぎの恩恵を受けることができます。

もちろん、美味しくね。

 

 

後日ですが、冷凍済みのよもぎがコレ。

 

色変わりもなく、パリッとしてますでしょ。

 

 

 

 

この時作ったのが、

「穂先のおひたし」。

 


蒸した穂先をそのまま皿に盛り付け、

おかかと醤油をかけて、完成!

穂先のしっかりとした食感と苦味、

口に広がるよもぎの鮮烈な香り…。

 


これだから、春が待ちどうしくて♡

 


それから、野よもぎは生育場所によって

生育速度が違うので、結構楽しめます!


もう少しすると、かなり育ってカチカチ…の葉になっちゃう。

そんな時は、木の下とか半日陰の場所をさがすと、

柔らかいよもぎを発見できます。

でも…あと1ヶ月が限度かも…。


みなさんも、

勇気?を出して、よもぎ生活してみたら?

お勧めします。






そして。

ちょっとびっくりな情報があったのでご紹介します。


これ。

 


知ってますよね、ヤブガラシ(藪枯らし)。

 

敵です、敵!!!


これをほおっておくと大変になりますよね!

そこらじゅうツタを絡め大きな葉を広げ、

下の植物を枯らしてしまいます…。

…そう思い、せっせと抜いていますが、

しばらくすると…いつの間にかどっと広がっている…。

こんなイタチごっこをくり返していた、あなた!!!


こんな…ショックな駆除方法があったなんて…

目から鱗…とはこのこと。


方法を簡単に言うと…

…広がったツタを剥がし集め、

根元にくるくると丸めて置いたら…終了。

えっ!!!

これで、退治できるの???


それが、出来ちゃうん…らしい…んです。

自分ではやっていないから…。

実験写真もあるんですが、暫くすると…枯れてる…。

あれも!これも…枯れてる…。


…すごいよな〜。


…仙人でしょうか…。


クレマチスとかは「剪定で強くなる」…ので、

私たちはどんどんヤブガラシを切って強く育てていたんですね!

う〜。

このブログの方が紹介してくださったのですが、

手法自体は「地球の庭師、矢野智徳さん」から教授されたそうです。


「あなたの役目は終わったんだよ…」と教えてあげると、

自分から枯れて行く…

なんて!………植物と会話が出来る…

長年の経験と、植物との絶え間ない会話…で。

…。

ああ、こんな方が地球を救うんだろうな…なんて考えちゃう。


こんな方たちが…増えたら良いな〜。


優しい気持ちになってくる…。


…。


ああ、すごい方が居るんですね!

まだまだ修行…です。


ぜひ読んでみてください!!!


「中央園芸のブログ」

・ヤブガラシを駆除するには


簡単に植物も動物も…人も殺しちゃう…。

子供でさえ…殺しちゃう…今の社会…。

めんどくさい…の?

簡単に、ゲームのようにリセット?


回避する方法を知っているはずの老人たちは狂いはじめ、

学者は政治屋のエゴやカネの為に手を擦りながら自説を曲げ、

社会のルールとなる言論の府…は、

ギイン…という方々の「幼稚園」となり、

先生不在の園では、道徳という積み木はガラガラと崩れ、

生き方の指針となる宗教は詐欺師の集団として

ギインの金集め・票集めの道具となり、

社会が弱者を苦しめながら徐々に殺す…のが今の社会。

そのための悪法が、

勝手にどんどん作られている…永田町にある幼稚園の、

園児のガキ大将が先導をして…。



…最後のブログが、

こんな最後になってしまいました…。


でもね、

なにもかも、繋がっているんですよ。

だから、

だから、

ひとつ、ひとつ、言葉を紡いで、

美味しいものを食べ、

健康を増やし、

「そうだよな…」と賛同してくれる方々を増やす…

そのための道具のひとつとして、

よもぎ…がある…とも、思います。

だから、

皆さんの口に入る、よもぎには手を抜かない…。

これが、

プライドであり、

黎明農園の誇りです…

…ですよね!社長!








さて。





長い間、ほんとうにありがとうございました。

拙い文章ですみませんでした…。

少しでも楽しんで頂けていたら、幸いです。





では、

皆様の幸せと健康を祈り、

終了させていただきます。









ありがとうございました。










By Morris.




(終)





















 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス