イマドキの幸せ子育て・孫育て | 不妊相談ひとすじ25年 子宝誕生1200組の秘密
新型コロナウイルスに関する情報について

不妊相談ひとすじ25年 子宝誕生1200組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「漢方の麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 私たち人間は、自分のことはさて置いて、他人の欠点はよく目につくものです。

 

その時に、その状態を見て「いま、〇〇しているんだ~」と価値判断なく事実を事実として見れたらよいのですが、ついつい自分の価値判断で自分が正しいと思い込み、相手に求めたり、責めたりしがちです。それは、正しいこともあるかと思いますが、それが表情や態度に出てしまうと、相手に伝わり、人間関係がマイナスの方にいってしまうことが多々あります。

 

 今日の棒田さんのお話は、そんな時にどうすればよいのかを分かりやすくお話いただいています。

 

 

棒田明子さん NPO法人孫育て・ニッポン理事長 3.3産後サポートプロジェクトリーダー

 昭和43年千葉県生まれ。海外旅行誌、子育て、育児雑誌・サイトの編集、教育関係のプランナーを経て2011年9月よりNPO法人孫育て・ニッポン理事長。幼少期の祖父母と暮らした経験から、二児の母として孫育て、子育てに関する活動に携わるようになる。現在は母子健康×世代間交流をテーマに「たまご(他孫)育て」「産後カフェ&赤ちゃん食堂」など、全国でプロジェクトを行う。

 

ーとがめるより、補うー

 祖父母から見たら、パパママの子育ては「よくやっているなぁ」と思うこともあれば、「もう少し、○○したらいいのに」と、気になるところもあることでしょう。

 

 祖父母は、パパママよりも子育て経験はもちろん、人生経験も豊富なので、客観的に物事を見ることができるようです。でも、思い出してください。皆さんが、初めてのお子さんを子育てした時のことを。

 初めての子育ては、目の前のことで精いっぱい。もっと先のことを考え、冷静に子供と関われればいいのですが、感情的になってしまったり、手軽な方法を選択してしまうことも多々あります。

 

 例えば、スマートフォンやゲーム、。祖父母の皆さんから見たら「小さな子供にスマホばかり見せて…」と思うかもしれません。でも、そこをとがめても、何も解決はしません。では、どうしたらいいのか。答えは簡単です。皆さんがお孫さんと関わるときにはそれらを使わず、人がかかわる遊びや外遊びなどをすればいいのです。難しく考えず、皆さんがこうしたらいいのにと思っていることを、実際に行動で補ってあげましょう。

 

 スマホが気になるなら、お孫さんと関わるときにはスマホは使わず、外遊びをする。工作お料理など、できることをやってみましょう。パパママは、その姿を見て「あんなことでも喜ぶんだ」と、今度は自分たちでもやってみるかもしれません。

パパママは、祖父母のタイプを見極めることが大切です。子どもと関わるのが得意な祖父母もいれば、苦手な祖父母もいます。相手に過度な期待はしないこと。でも、祖父母の得意なことがあれば、「今度、子どもと○○やってみて!」とリクエストしてみるのもいいかもしれませんね。

 

心の生涯学習誌『れいろう5月号』より 

 


 

子宝誕生1200組の秘密

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、コウノトリのバナータッチ していただけると有難いです!

皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1
漢方の麗明堂
t e l (0985)72-2368  f a x:(0985)73-7313
http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!