必見!こういうとき、どうしたらいいの? | 不妊相談ひとすじ25年 子宝誕生1200組の秘密
新型コロナウイルスに関する情報について

不妊相談ひとすじ25年 子宝誕生1200組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「漢方の麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 今日は、朝からずっとカウンセリングで忙しい一日でした。

今日のブログの内容は、私自身が常日頃から自分の考え方を変えなくてはいけない…と思っていたことと、まさに同じ内容でした。

 

 子どもを正しく教育するために、どうしても必要な時には体罰もあり!という時代を子どものころに過ごしてきた私たちの年代は、口よりも先に手が出てくることもあるかもしれません。私も父親にげんこつを何回もされましたし、小学生低学年までは子どもにもしてきました。しかし、大きく時代が変わってきました。昔の常識は、今では非常識になることもあるのです。

 

 今からの時代に受け入れられる人になるには、今の常識に自分の頭のスイッチを切り替えて考え方を変える勇気と柔軟性が必要だと実感しています。

 とても勉強になった長谷さんの記事です。続けてご覧くださいね!

 

長谷静香さん 勇気のしずく代表・心理カウンセラー

昭和47年、福岡県生まれ。茨城県在住。3児の母。大学病院に10年間勤務。退職後、ベビーサイン講師として活動中。子育てに悩みアドラー心理学に出会う。潜在意識なども学び、、勇気づけ親子心理学講師として、個人向け講座、医療・行政・教育機関・企業向けの研修・講演を全国で開催。著書に『看護師のためのアドラー流子育て・自分育て』などがある。

勇気のしずくホームページ http:haseshizuka.com/

著者ブログ http:ameblo.jp/tsukuba-yuukiduke/

 

【長谷静香さんへ寄せられた相談…】

「こういうときどうしたらいいの?」

 

質問:

先生の書かれているような「良き子育て」をされずに育った大人は、これからどのように自分を育て直せばいいのでしょうか?親の圧力が強くて、いまだに自分で何かをすることが不安です。

 

長谷さんの答え:

 不安なお気持ちがあるのですね。実は、子育てには良いも悪いも正解も不正解もないと思っています。おそらくご両親は、「これが一番いい方法」と信じて育てられてきたのでしょう。

 

 少し前の世代だと、賞罰の子育てが当たり前で、勇気づけ子育てなど知らない方が多数だと思います。ご両親は‟知らなかったからできなかった”のかもしれないので、知ったあなたがこれからを変えていきませんか?

ご両親に対して、まずはあなたをここまで育ててくれたことに感謝し、「こんな風に自分は思っている」「こんなことをやりたい。だから、信じて見守ってほしい」と、伝えてみるのはいかがでしょう。

 

 人はいつからでも変われます。あながた変わりたい!育て直したい!と思った瞬間から。一生、自分育てです。

心の中の小さな自分に大人の自分が、親のように声を掛けながら育てていけたらいいですね。

 

心の生涯学習誌『れいろう5月号』より≫

 


 

子宝誕生1200組の秘密

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、コウノトリのバナータッチ していただけると有難いです!

皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。

 

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1
漢方の麗明堂
t e l (0985)72-2368  f a x:(0985)73-7313
http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!