台湾観光「忠烈士」 | 不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「漢方の麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。

 皆さん おはようございます! 不妊相談ひとすじ25年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 いよいよ、台湾視察研修も今日が最終日となりました。3泊4日と思っていましたが、初日と最終日は移動ですので、実際に見学や観光ができるのは、2日間でした。

 私が台湾に来たのは20年ぶりの2回目でしたので、忘れかけていることも多かったのですが、実際に来てみると記憶がよみがえってきました。

 

 2日目の観光で最初に行ったのは、「忠烈祠」です。

 ここは政府が国家の祭典を行い、忠義の精神を表彰し、国のために殉死した烈士を追悼するところです。1945年第二次世界大戦終戦後に、植民地時代の日本の神道信仰の痕跡をなくすため名称を「護国神社」から「忠烈祠」と改めました。現在の忠烈祠は、1969年に故宮の大和殿を模して建設されたものです。

 

【忠烈祠】

 

荘厳な入口でまず見えるのが、この入口に立っている衛兵さんたち。まばたきひとつせず、指先もピクリとも動かさずまっすぐに立っています。6kgもある銃を抱えて、暑さ寒さに耐えながら人形のように立ち続けること1時間。それを時間ごとに交代していくのが、ここのメインイベントである「衛兵交代」なのです。

 

【7名の衛兵さんの、一糸乱れぬ行進の様子です】

 

 ここ忠烈祠では陸・空・海軍のいずれかの軍隊がいて、半年に一回交代します。

 見分け方は制服の色で、陸軍は深緑、海軍は夏服→白、冬服→黒、空軍は青だそうです。衛兵のいる場所は忠烈祠以外にも「国父紀念館」と「中正紀念堂」があります。半年に一回交代し、ひとつの場所にそれぞれ20人前後の衛兵たちが送られます。

 

 衛兵になるにはさまざまな条件を満たさなくてはいけなくて、体型は身長は最低でも178cm以上、そして、身長に見合った体重なのだそうです。さらに、新兵の37日間の訓練の際に、陸・空・海軍からそれぞれ推薦され、本人からの意思表示もあって2ヶ月ほどの厳しい訓練をし、衛兵になることができるそうです。

 

【選ばれて、鍛え抜かれた衛兵さんたち】

 

【衛兵さんは、1時間ピクリとも動きません】

 

【中央で一枚記念写真を撮りました】

 

【外門に衛兵さんが戻っていく様子】

 

≪この続きは、また後日・・・≫

 

 麗明堂の子宝専用hp

 

https://www.reimeido.com/  クリックしてください。

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら  か、下のバナーをタッチグッド! していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。ニコニコ


 

 私が出演しているラジオ番組が、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも聴くことができます。(無料です)

最新のテーマは、『すべての“いのち”が輝きますように!!』です。

下のアドレスをタッチして、聞きたい番組のplayを押してくださいね

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

 

蒲公英t-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1
漢方の麗明堂
t e l (0985)72-2368  f a x:(0985)73-7313
http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!