子宝が授かるポイント③ 「ダイオキシン」(前半) | 不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「漢方の麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

  皆さん、朝夕はだいぶ冷え込んできましたね。

私たちは誠に勝手なもので、暑くなると涼しいほうがいい、寒くなると暖かいほうがいいと言いますよね。

しかし、日本には四季があって4つのそれぞれの季節を楽しめると思うと、何とも有難く幸せな気分になります。

 

 さて、今日は久しぶりに『子宝が授かるポイント』のお話をさせていただきます。

過去には、2019年8月8日に1回目の胃腸の話、そして8月13日の2回目に冷えの話をしていますので、今回は3日目で環境ホルモンのお話をさせていただきます。

 

 環境ホルモンと聞いても、なんだかピンと来ないかもしれませんが、『ダイオキシン』というと、皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。

 環境ホルモンとは、化学物質が私たちの体に入ってきたときに、ヒトのホルモンと似た形をしていることから、ヒトのホルモンを装って本来の働きを狂わせてホルモンのバランスが崩れてしまう。それが引き金となって赤ちゃんが授かりにくくなっている・・・ というのです。

 

 ダイオキシンは、ビニールやプラスチックを燃やした時に発生する煙の中に存在するもので、大気中のダイオキシンが雨が降った時に川や海に入ると、植物プランクトン→動物プランクトン→小魚→大魚→ヒトの体へと入りますし、土に入ると、土→野菜→ヒトという経路を介して私たちの体に入ってきます。

 

 ダイオキシンの一番怖いのは、一度私たちの体に入ってきたら自然に排出することなく濃度を上げていくということです。それではどうしたらいいのだろう?と思われるでしょうが、実はダイオキシンを体外に排出するエビデンスをもっているものが麗明堂にあるので、私も安心して皆さんの相談を受けることができるのです。

 

《この続きは、また明日・・・》

 

 

 麗明堂の子宝専用hp

 

https://www.reimeido.com/  クリックしてください。

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら  か、下のバナーをタッチグッド! していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。ニコニコ


 

 私が出演しているラジオ番組が、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも聴くことができます。(無料です)

最新のテーマは、『すべての“いのち”が輝きますように!!』です。

下のアドレスをタッチして、聞きたい番組のplayを押してくださいね

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

 

蒲公英t-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1
漢方の麗明堂
t e l (0985)72-2368  f a x:(0985)73-7313
http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!