子宝が授かるポイント②「冷えを改善する」(前半) | 不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「漢方の麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 台風10号が段々宮崎に近いづいてきました。

台風の速度が遅いので、お盆の期間に交通機関の影響が出たり、イベントや行事が行えなくなったり、皆さんも大変なのではないでしょうか?皆さんのお住まいの地域に被害がないことを心より祈っています。

 

 さて、昨日は麗明堂の漢方をお続けの方から、嬉しい妊娠のご報告をいただきました。

 

 そこで、今日は今回ご報告をいただいた方もそうでしたが、冷えを改善することによって妊娠しやすい体に近づける!というお話をさせていただきます。

 

 冷えと言っても、特に病気ではないので、気にしない人や、仕方がないと諦めている方も多いかもしれませんが・・・

実は、冷えが要因となっていろいろな病気が引き起こされます。

 

 それでは、そもそも「冷え」とは、どのような状態をいうのでしょうか?

体感として、自覚症状が一番多いのは断トツで「足」。つまり、冷えとして一番訴えの多いのは足の冷えです。

 

 冷えの定義としては、横隔膜を境として上半身に対して下半身のほうが冷たく感じる状態を「冷え」と言います。

例えば、冬に寒くて上半身も下半身も寒い状態の時は、寒くて冷えていると思うかもしれませんが、上半身も下半身もどちらも冷たい状態ですので、冷えとは言いません。

しかし、暖房のきいた部屋に入ると、暖かい空気は比重が軽くて部屋の上のほうに溜まり、冷たい空気が部屋の下のほうに行きますので、人間の上半身よりも下半身のほうが冷たい状態になります。

この状態のことを「冷え」と言います。

 

 それでは、同じように夏では、冷房(クーラー)のきいた部屋に入ると、冷たい空気が部屋の下のほうに溜まり、暖かい空気が上のほうに行きますので、暖房の時と同じように、人間の上半身よりも下半身のほうが冷たい状態になりますので、夏でも冷房(クーラー)の影響で冷えを感じる人が年々増えているのです。

 

 この冷えが、赤ちゃんを授かりにくくする原因の一つですので、これを改善することによって子宝に恵まれやすくなるのです。

 

≪この続きは、また明日・・・≫

 

 麗明堂の子宝専用hp

 

http://www.reimeido.com/  クリックしてください。

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら  か、下のバナーをタッチグッド! していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。ニコニコ


 

 私が毎月出演しているラジオ番組が、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも聴くことができます。(無料です)

最新のテーマは、『すべての“いのち”が輝きますように!!』です。

下のアドレスをタッチして、聞きたい番組のplayを押してくださいね

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

 

蒲公英t-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1
漢方の麗明堂
t e l (0985)72-2368  f a x:(0985)73-7313
http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!