空胞って何? 子宝カウンセラーの会より | 不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「漢方の麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。


テーマ:

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・漢方の麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 今日は、東京の子宝カウンセラーの勉強会に参加してきました。5名の講師の5時間にわたる内容の濃い勉強会でした。

 そこで、今日は最初の講師の医学博士 卲輝先生『空胞の対策』についてお話したいと思います。

 

 不妊治療を始めると、まずは「卵胞のチェック」が行われます。

これは、タイミング療法でも、体外受精を選ぶにしても、最初に検査する大切なものです。超音波検査では、卵胞の存在は確認できますが、卵子は採卵して検査をしないと状態を確認することはできません。

なぜなら、卵子は卵胞で包まれていて、超音波検査で見えるのは「卵胞液」と呼ばれるものだからです。

 

ブドウをイメージしていただければわかりやすいと思いますが、ブドウの実が皮に包まれているように、卵子は成長するまで卵胞で守られているのです。この卵子はすべてが排卵するわけではなく、卵胞内でしっかりと成長し、元気なものだけが排卵するようになっていて、残った卵子は生理が始まると徐々に消えてしまうのです。

 

 そこで、加齢などによりホルモンの低下が起こると、卵子を育てる血流が悪くなります。すると卵子の成長がゆっくりになり、未成熟になりやすいために消滅しやすくなります。その時に、卵子が未成熟であると、卵胞の中で自然消滅してしまい『空胞の卵』ができるのです。

 

 そこで、この空胞の対策としては、

①卵子の質を高くすること

②卵子の成長をうながす陽気を作ること

③子宮・卵巣の冷えを改善すること

と仰いました。

 

①の卵子の質を高めるためには、高濃度ショウキT-1と麗明宝、または503や源液

②の陽気を作るには、その人の体質に合わせたホノミ漢方

③の子宮・卵巣の冷えを改善するには、6年根の紅参やパナパール

がおすすめです。

 

 何度採卵しても、いい卵が採れない時は、お早めにご相談くださいませ。

 

 麗明堂の子宝専用hp

 

http://www.reimeido.com/  クリックしてください。

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら  か、下のバナーをタッチグッド! していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。ニコニコ


 

 私が毎月出演しているラジオ番組が、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも聴くことができます。(無料です)

最新のテーマは、『健康の基本「早寝、早起き、朝ごはん」』です。

下のアドレスをタッチして、聞きたい番組のplayを押してくださいね

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

 

蒲公英t-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂3599-1
漢方の麗明堂
t e l (0985)72-2368  f a x:(0985)73-7313
http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!

漢方の麗明堂さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ