便座ヒーターは、逆子になりやすい・・・ | 不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「くすりの麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。


テーマ:

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・くすりの麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 25年間、子宝相談を続けてきて思うことの一つに『逆子の赤ちゃん』が多くなったことがあります。

 

 赤ちゃんが逆子のまま出産を迎えると、ほとんどの場合帝王切開で産むことになりますので、できるだけ正常分娩で出産していただくために、私は店頭で『妊娠中に知っておくとよい26の話』の中で、逆子の予防のポイントについてお伝えしています。

 

 その中でも衝撃的だったのは、トイレの便座ヒーターの保温スイッチを切ること。

 

 この話は、先日講演会で長年お産に携わっているベテラン助産師さんから直接聞いたお話です。赤ちゃんの感覚はとても敏感で、便座に座ったお母さんのお尻から伝わる電磁波を嫌がるので、頭をひっくり返して逆子の状態にするのだそうです。

 

 ひと昔は洋式トイレにカバーをかけて座っていましたよね。でも、いつの間にか、日本中のほぼすべての便座にヒーターがつくようになりました。お尻が温かいので、保温スイッチを切るなんて・・・ と思う方も多いでしょうが、赤ちゃんとどちらを優先するか?は、皆さんご自身で決められたらいいかと思います。

 ただ、そのような情報を知っておくことはとても大切なことだと思い、本日のブログで案内させていただきました。

 

 皆さんのお子さんのことですから、私がいろいろと申し上げるつもりはないのです。情報をどう捉え、どう判断して、どのようにするかは、皆さんがお決めくださればいいのです。

 

 温かった便座がひんやり冷たいのは、30年ほど前を思い出しますが、「これもまたよし!」なのかもしれませんね。

 

 麗明堂の子宝専用HP

http://www.reimeido.com/  クリックしてください。

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら  か、下のバナーをタッチグッド! していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。ニコニコ


 

 私が毎月出演しているラジオ番組が、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも聴くことができます。(無料です)

最新のテーマは、『バイオリンクが、なぜ必要なのか?』です。

下のアドレスをタッチして、聞きたい番組のPLAYを押してくださいね

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

 

蒲公英T-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂2711
「コープみやざき佐土原店」内
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313

http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!

くすりの麗明堂さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス