あの子たちは、今・・・ 宮崎の子宝先生より | 不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1100組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「くすりの麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。


テーマ:

 皆さん こんにちは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・くすりの麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 2日前の3月11日は、東日本大震災の起きた日でしたね。

震災の翌年に、私は被災地の一つ「大船渡」にある大船渡小学校に行って、当時の小学校6年生に向けてメッセージを送りました。

 

 東日本大震災の2ヵ月前は、宮崎では新燃岳の噴火が起き、その前の年には鳥インフルエンザと口蹄疫など壊滅的な打撃を受け本当に宮崎は大変な年でした。

 

 しかし、みんなで声を掛けながら乗り越えていきました。

 

 そして、今度は東北地方で東日本大震災という大きな地震と津波がやってきたのです。

同じ教室の中に、身内を亡くした生徒がいる中、どう声を掛けたらいいのか?本当に分からなくなりましたが、その時に、『大変』というお話をさせて頂きました。

 

 大変とは、悲しいときや辛いときに使う言葉ではありますが、「大きく変わる」というときにも大変と書くのです。つまり、大変な経験をした人、そしてその大変な中を乗り越えた人は、一段と成長して大きく変わることが出来る!というお話を、当時小学校6年生の子どもたちにお話しさせて頂きました。

 

【大船渡小学校でお話しした様子】

 

 

 その時の小学6年生たちが桜の絵を持って新聞に載っている写真を私は大切に額に入れて、相談机の前に飾っていました。

 あれから6年の年月が過ぎ、この春にその子供たちが、高校を卒業するのです。

大船渡を愛し、大船渡で働きたいと言っていた子供たちが、どのように成長しているのかがとても楽しみです。

 

 私は、震災で受けた被害の様子が出てきたら、大船渡の町の様子や大船渡の子どもたちを思い出します。私は、講演の中で、最後にこう話して終わりました。

「地震や津波は、怖くて大変だったと思います。辛い思いや寂しい思いもいっぱいしたでしょう。

でも、大変な思いを経験した分、皆さんは必ず素晴らしい人に大きく変わるチャンスを持っています。

 ぜひ、10年後、20年後にとても素晴らしい人になって大船渡を、そして日本を支えて下さいね!」

 

 震災から7年。復興への道のりは、まだ遠いとのテレビ番組を見ながら、私のお話を熱心に聞いてくれた当時小学校6年生の皆さんの新たな門出を、宮崎から祝いたいと思います。

 

【桜の木の絵を持った大船渡小学校6年生の生徒たち】

 麗明堂の子宝専用HP

http://www.reimeido.com/  をクリックしてください。

 

~ブログランキングに参加しています!~

今日の記事を気に入って頂けたら、こちら  か、下のバナーをタッチグッド! していただけると有難いです!皆さんのご愛読、ご支援に感謝いたします。ニコニコ


 

 私が今月、パソコンから24時間いつでも聞けるインターネットラジオで、『自分の人生にステキな魔法をかけてみませんか?』についてお話しています。ぜひ、お聴き下さいね!

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

 

蒲公英T-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/

 

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂2711
「コープみやざき佐土原店」内
T E L (0985)72-2368  F A X:(0985)73-7313
http://reimeido.com
 
↓いいねも押して頂けると嬉しいです!

くすりの麗明堂さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス