こんにちは。
京都市内平安神宮から歩いて5分のアトリエでキャンドル販売とカップケーキの教室をしております「やわらかな光」のReikoです。




自分の大切にしていく美しさを明確にしておく事。


女の子ですから
お洒落をしたり自分を綺麗にしておく事には
とてもテンションが上がります。


でもそれだけではなく
(それは私という人間の、小さな小さな入り口にすぎないのですから)


自分が本当に育んでいきたい美しさを明確にしておく、という事が
わたしにはとても重要な事なのでした。


・この女性(私)をどう成熟させていこうか

・この人の内側の光をどのように育んでいこうか


そこに対して
毎日私はとても真剣に考えています。


人だから完璧ではなく
清濁併せ持つ、それは仕方のない話で



だったらどう磨いていこうか

だったらどう深めていこうか


そこにその人のセンスが表れてくるのだと思っています。



トラブルというボールが自分の所にやってきた時


「人のせいにする」というやり方で
とにかく早くこの嫌なボールを他人になすりつけよう、とする稚拙なやり方ではなくて


じゃあ自分には何が出来て
何を磨けばよくて
何を共有できて
どういった形で自分の出来なさを認めて
助けをお願いし、自分自身も成長していけるのか。


人の駄目出しをしたり
悪口を言っている暇はなくて
嫌なボールをすぐ人や社会のせいにして
とにかく逃げてしまえ、ではなくて
そのボールを自分の中で
いかに爾色に磨いて自分の光に変えていけるか考えるという事。


すごぉく泥臭くて真面目なのかもしれないけれど


多分、私はすっっっごく真面目です。(笑)



皆人生を通して
自分が何を大切にしているのかを表現しているのです。


すべての人が自分の選びとった目に見えない物を表現して生きている。
そしてそれを纏う。
そこに自覚的でありたいと私は思っています。



私にとって美しさとは誠実である事です。


自分に対して
人に対して


人にはわからないけれど全部自分は見ているのだから。


人にはわからないけれど
どれだけ真面目に誠実に選びとってきたのか
育んできたのかを
自分自身は全部知っているのだから。



何かを選ぶとき。



損するとか得するとか以前に


この人(私)の内側の光をどんな風に光らせて深めていこうかと考えた時


もはや対ヒトの事などどうでもよくなります。


ヒトから帰ってくるメリットデメリットが
私を幸せにする訳じゃないから。



誠実であるという事に見返りを求めなくとも


その誠実であるという選びは
私の人生にかえってくるから。


私はこれからも
私の内側の光を深めて生きます。


私という人間を通して
私が表現していきたいのは
生き方そのものなのだから。



「やわらかな光」Reiko