小澤玲子の「れいこの後頭部」

小澤玲子の「れいこの後頭部」

劇団翌檜座に所属している小澤玲子が、日々精進してゆく日記

オシャレ好きぃ
食べるの好きぃ
皆のことはもっと好きだぁε=(/*~▽)/


テーマ:
あまり既成概念とか固定観念もちたくはないのだけど、統計だけ、生きてればとれてしまって、
自分の回りにおいて、これをする人はこうしがちとかそんなデータがどんどん蓄積されてゆく。
そのくせ、それに対応するスキルはそこまで持ち合わせてなくて、摩擦があって、後になって、あー、あの態度ならあの言い方の方がよかっただろうなーとか、プライド傷つけちゃったかなーとか考えてしまう。
そこには、頭で動けず、心のままにふるまう自分が存在してるんだなと、安心しつつ何とももどかしい。

その頭と心の距離感が、年々離れていってるような気がする。それで、テグスが伸びきってしまい、あるとき「ピン」と千切れて落ちる。

立場ってものがある。

ここは自分から動くべきなのか、あえて我慢してじっとしてた方がいいのか。
日々の選択肢が多すぎて酸素が足りなくなる。
息があがって涙目になる。

今絶妙にそういう時期で。
やりがいって言えばそうなんだが、冬眠中の幼虫みたいにうごうごしてしまうよね。

そういう時期だからさ。

なんにも難しいこと考えないで、バカみたいに飲んで笑ってふざける場所がほしいのねー。、

ごろーん。


テーマ:
ながーいことこの場を放置していたんだなと。
とくに目新しいこともないのだが、なんとなく文章が書きたくなったので、更新してみることにしたよ。

こないだ東方神起観てきてさ、2年半前の活動休止前のライブもみてたりして、時の流れと、自分の生活の変化と色々考えたりして感慨深いものがあった。

出会いがあり別れがあり。

結婚やら出産やら周りは大変で、私だけなんとなく、、認めたくはないし、実際そんなことはないのだけど、なんとなく取り残されていくような変な気持ちになったりもして。

衝動的になにかに駆り立てられる機会はぐんと減り、ちょっとした日常の出来事で浮いたり沈んだりして。

もっと若い時分に「心の曇り空」がふえたことに大人を感じたりしてたけど、今は逆に本当の空が綺麗だと逆に虚しさを覚えるようになっている。

決して決して楽しくない訳じゃないし、幸せな生活をしているのだけど、思春期ばりのセンチメンタルを感じざるを得ないのだ。

そんな中で、チャンミンが最後の挨拶で語っていたことがひどく心に突き刺さっているんだ。

世の中は思っている以上に傷ついてて助けが必要なんだと。

なんかそんなこと上京してくるころに思ってたし、学生のころにもおんなじような志があった。

私は私なりのやり方で、助けるなんておこがましいことは出来ないかもしれないけど、そこにいて、生きている人達のことを認める生き方をしていたいんだと改めて思ったんだ。
大それたことじゃない。
ただ、認めていきたい。
素敵なんだよってさ。

誰が見てくれるかも、誰も見てくれないかもわからないこの場所に、そっと、そう決意しておく。



テーマ:

端的なものではなく、もっと長めの思いを綴るべく、久しぶりにここにおいてゆきます。

小澤さんの現状。

ちょとまえ
脱稿、観劇ラッシュ
いま
稽古中、もすこしで本番
ちょとさき
11月末に劇団本公演、三十路突入。

な、感じ。
この夏までの出会いは数知れず。
ただ、疎遠になった人も多く、気にかかる。
いい方向からの風は感じるものの、足元はまだまだぬかるんでいる。
といったところ。

相変わらず人が好きである。
そればっかりは10年経っても20年経っても変わらない自信があるね。
冷たいと言われるようになったのは、素が出せるようになった証拠。
いいわけは上手になった。
あと、お世辞や雑談も上手になった。
大人にはなったが、涙もろさは変わらず。
駆け引きはできない。
恋愛が下手(笑)

考えるとどんどん支離滅裂になるからこのへんでやめとこ。
ただ何がいいたいかってゆうと

小澤、生きてるぜ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。