うつの人の引きこもり…。どうなる?8050問題 | 女性の為のうつ克服専門カウンセラー「後生川礼子」~うつを乗り越え自分らしく生きたい方へ!

女性の為のうつ克服専門カウンセラー「後生川礼子」~うつを乗り越え自分らしく生きたい方へ!

3人子育て真っ最中の現役看護師時代に重度うつへ。薬漬けや引きこもり、体重増加等様々な事がありましたが1年も経たずして克服。その経験から当事者目線のうつ克服の為のカウンセリングを実施中。ヒント満載の本は既にシリーズ化。お役に立てれば嬉しいです☆

 

おはようございます。

 

後生川うつ専門研究所 看護師 後生川礼子です。

 

 

 

 

 

 

連日報道されていますね。

 

 

 

 

 

 

 

現場で自ら命を絶ったのは51歳の男性。引きこもり傾向にあったようです。

 

「8050問題」は無職で引きこもっている子どもが親とともに歳を取り「80代の親と50代の子」という状態になることを指します。

 

 

親に収入がなくなったり 親の介護の必要が生まれ、親子がそろって孤立死したケースまで既にあります。

 

 

 

 

 

 

 

事件のことは ココでは述べません。


中高年の引きこもりについて書きます。









引きこもり時期は本当に辛い…です。

 

親は高齢、子供は成長期と反抗期、無職、無収入、過食に増薬と寝たきりの自分。引きこもることで経済的 社会的損失などがあまりにあまりに大きかった!

 

 

このままだと日本全体おかしくなるぞ…と恐怖すら感じ アノ1作目を書き、今の諸々の活動をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような問題が起きると感情的になる人もいます。議論や批判する事はにでも出来ますよ。

 

 

 

 

 

 

 

しかし…

 

ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか静に考えて下さい。

 

当然ですが議論だけでは何一つ解決しません。

 

口だけじゃなく自分なりにが出来るだろうか?

 

あなたの行動一番重要なのではないでしょうか?

 

 

 


 

 

 

「でもまぁ誰かがやってくれるだろう」

 

「医者や看護師が薬のませて治してくれるだろう」

 

「行政や専門家がしてくれるだろう」

 

 「だって、自分カンケーないし」

 

 

 

 


 

 

 

・・他人事ですからね。

 

 

 

 

 

 


 

―――――――――――――――――――

 

うつになると程度の差はありますが多くの方は家から出たくなくなります。

 

 

自覚の無さや経済的負担などもあり医療に頼っていない方も多い➡しかし頼る先を間違えると、これまた余計ややこしく混乱するのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は精神科6年含めて20年医療や福祉現場にいました。

 

特に精神科病棟の場合、長引く入院生活によって面会に来られる親御さんも高齢へ。

 

 

お盆もお正月も迎えは来ることもなく…患者さんたちは病棟内で年越し。そして何十年に及ぶと退院することなく病院で亡くなられていくケースを沢山見ました。

 

 

 

 

 

 

 

私は思うのです。

 


 

 

 

 


 

 

働けずお金がない人に「経済支援する」のが真のサポートではなく 再発防止策を含めた支援でうつ回復させ、社会役割を与える。

 


海外労働者を入れるよりも日本国内の引きこもりで働いてない方々の自立支援をしたらいいのに…って 本当思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がカウンセリングの中でもよく言う言葉なのですが…

 

根本解決

 

物理的解決

 

優先順位を間違えてはいけないのです。

 

 



 

 

 

 

関東在住 引きこもっていたMさんも職場復帰☆

(お母様からのLINE)

 

 

主治医は獨協医科大の井原裕先生(クリック)、サポーターで後生川も入りました。

 

 


 

 

 



今度東京都内で お食事カウンセリングです(^_^)

 

 

 


 



つくづく思います。


うつで引きこもっている方に対して怖がらずに、生身の人間同士、真正面から向き合って、信頼し、励まし愛情持って関われば人は再起動できます。

 

 

一度や二度 三度引きこもってもまた 再起動すればいいじゃないの。

 


生きること 諦めなくていいよ。

 

 

 







話が止まらなくなりそうなので、このへんで。

 

看護師 後生川礼子

 

 

 

 

 

 

【追伸】

 

このままだと自分が引きこもり状態になる、引きこもっている子供(親)をどうにかしたい・・と不安を抱えている方。

 

 

現時点では「カウンセリング」という形でしかお役に立てませんがご一報ください。

 

 

いま キツイながらもまず出来る事。根本解決、物理的解決をしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」


ごま書房新社「あなたは本当にうつ?」

 
ペタしてね読者登録してね