「安定剤」は お菓子なのか? | 女性の為のうつ克服専門カウンセラー「後生川礼子」~うつを乗り越え自分らしく生きたい方へ!

女性の為のうつ克服専門カウンセラー「後生川礼子」~うつを乗り越え自分らしく生きたい方へ!

3人子育て真っ最中の現役看護師時代に重度うつへ。薬漬けや引きこもり、体重増加等様々な事がありましたが1年も経たずして克服。その経験から当事者目線のうつ克服の為のカウンセリングを実施中。ヒント満載の本は既にシリーズ化。お役に立てれば嬉しいです☆


テーマ:

 

おはようございます。

 

熊本うつ専門カウンセリング 看護師 後生川礼子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日はとあるPTA講話に参加、その隣の会場で「看護」の研修会があっていました。私としてはそちらの研修会に参加したいなぁ‥とおもいながら自販機でお茶を買いつつ…。

 

その時に会場にぞろぞろと入る老若男女のナースさんを見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出すナースさんたちがいたので、ちょっと振り返りたいと思います

 

(もう10年前の同僚のことなので書いても時効でしょう)

 

 

 

 

 

 

 

 

入院入所施設のところは当然交代制勤務があります。2交代も3交代も経験ありますが私の現役当時は

 

【3交代勤務】

 

日勤を18時前まで行い➡帰宅し家事育児➡仮眠1時間➡23時過ぎ深夜勤務いり➡朝10時ごろ勤務終了➡…

 

 

【2交代勤務】

 

2時間くらい昼ね➡16時半~(深夜仮眠1時間くらい?)➡翌朝10時くらい勤務終了➡

 

 

 

 

 

 

 

準夜もあります。睡眠リズムが不規則なので「寝ないとあとがキツイ」というのもあって無理やり寝ていましたね。

 

私自身は自然仮眠出来ていたのですがナース仲間の中にはデパスなどのお薬を服用し爆睡し勤務に来ていた人もいました。

 

「デパス?別にいつも飲んでいるし」

 

 

 

 

 

 

 

 

夜勤を頑張ってくださる方々がいるからこそ患者さんも安心して入院できるわけです。だから夜勤を否定していたら成り立たない訳で。

 

でもフ〇スクの容器にデパスを入れてラムネ菓子の様に口に入れていたナースも知っています。

 

そうとも知らずに

 

「フ〇スク 一個ちょうだい☆」と彼女に言ったら「中身デパスだけどいい?」って‥(-_-メ)えええええ

 

 

 

 

 

 

 

 

今、彼女らがどういう人生を生きているのか分かりませんが…

どうなっているのかな。

 

 

 

方やカウンセリングでは、そのような依存性の高い安定剤などを中々手放せないと苦しんでおられる方も沢山おられます。

 

「断薬目標」で申込されてた方の中にも、安定剤常習性のある方々に囲まれていると「え、薬くらいいいじゃん、すごく楽になるよ~」って誘惑され気持ちがブレている方々も。

 

 

ブレるならバッサリその関係性を切った方がいいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

お薬に頼って生きるか

 

頼らず生きるのか。

 

 

 

 

 

 

 

その方の自由なので私がとやかく言える立場ではありません。

 

ただ…

 

 

 

 

若い時にはどうにかなるかもしれない(ならないかもしれない)

 

ただ…

 

 

 

 

 

 

5年後、10年後――。

 

自分の気力体力が落ちた時にはどうなのでしょうか?

 

「飲む事が習慣化」すれば「飲まないと生きていけない」という身体的だけではなく精神的依存性に陥いる事になります。それまでお気軽にラムネ菓子の様に服用していた結果、依存性を自分自身で作り出してしまっている事に気が付くでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

夜勤は確かに大変です。

 

大好きな仕事をなが~くゆる~く続けられるようにするために必要なはデパスのまえにる、と私は思うのです。

 

(でも現場は大変なので、まぁ仕方ないかなっていう雰囲気ですもんね)

 

 

 

 

 

 

この辺りはこの本に とても分かりやすく書かれているので是非参考になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

(※版元:産学社 2017・6月 井原裕医師著)

 

 

 

 

 

 

「お薬に頼らないこころの健康法」

 

 

ハッキリ言って職場は心身壊しても守ってくれませんよ。

 

だからこそ、看護師さんも長く働き続けられるようにこれから益々一人一人の自己管理能力が問われてくると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ナイチンゲール誓詞覚えてますか?

 

(うつの常識を疑ってみよう 2018・6 P186)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もお読みいただき感謝いたします(^-^)

 

看護師 後生川礼子

 

 

 

 

 

 

 

 

【追伸】

 

先日大手企業様から依頼いただいた従業員面談。

 

その報告書をまとめながら、自分の中で【確信】を得た事があったので 今後も私なりに自信をもって情報発信していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」


ごま書房新社「あなたは本当にうつ?」

 
ペタしてね読者登録してね

 

 

 

鬱克服専門カウンセラー"後生川礼子(ごしょうがわれいこ)"さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス