うつ病の先の 介護問題 | 女性の為のうつ克服専門カウンセラー「後生川礼子」~うつは克服できるんだから!

女性の為のうつ克服専門カウンセラー「後生川礼子」~うつは克服できるんだから!

3人子育て真っ最中の現役看護師時代に重度うつへ。薬漬けや引きこもり、体重増加等様々な事がありましたが1年も経たずして克服。その経験から当事者目線のうつ克服の為のカウンセリングを実施中。ヒント満載の本は既にシリーズ化。お役に立てれば嬉しいです☆


テーマ:

 

おはようございます。

 

女性の為のうつ克服専門カウンセラー カウンセラー看護師 後生川です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末なので独り言ブログです、お暇な方のみお付き合いくださいね。


 

昨日は地蔵祭りで地域にすむ高齢者の方々も沢山集合。私は子供会役員をしているので、くじ引きやかき氷等お祭りのお手伝いをいろいろしてきました(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちびっ子から「おばちゃん、あげる♪」といわれ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・で。

 

かき氷待ちの、おばあちゃんグループから聞こえてきた とある会話。

 

 

 

下矢印  下矢印  

 

 

 

 

 

 

Aさん

『暑いけん、全然外に出らんごつなった、足腰の動かんごつなったー』

 

 

Bさん

『私もったい、だいたいご飯も作りたくなかし、食欲もなかし何もしたくない』

 

 

Cさん

『今日は久々、外に出てきたとよー、こぎゃん笑ったのは久しぶり』

 

 

(通訳必要ないですよね?(笑))

 

 

 

 

 

 

‥‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの会話はどこからでも聞こえてきそうな日常会話ではないでしょうか。日常にこそ社会の課題が隠れている。

 

・・で、思ったんです。

 

 

 

 

 

 

➡高齢孤独筋力低下うつ薬の副作用猛暑

 

…状況はどうなるのか。

 

 

 

 

 

 

 

ザ・介護問題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、もしも私世代のうつだったら就職や結婚・出産などの問題が関わってきますね。


しかし高齢者になると就職問題よりも物理的に介護が必要になるケースも起こり得ます。


 

服用後の夜間転倒、転倒後の寝たきり、誤嚥、精神科治療と並行して血圧や糖尿病などの身体疾患の管理などなども現場ではたくさん看てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、精神科病院の閉鎖・開放病棟看護師をしていましたが、その方々が高齢となり転棟していかれる「介護病棟」勤務の経験もあります。


 

その時に私が思ったのが「この方々って退院したら一体どうするんだろう…」という素朴な疑問でした。

 


長期精神科入院によって家族関係は決して良好とは言えない方が多かった気がする(あくまでも後生川の個人的感想です)



在宅に戻れたとしてもサポート体制って一体どうなっていくんだろう…?



 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご本人、ご家族様にとっては切実な問題です。退院後の在宅支援の必要性を感じ10年位前に資格取得したのが介護支援専門員。

世間ではケアマネ―ジャーと言われてます。

 


(合格率10%代で厳しい試験ですが、デスクワークが肌に合わず結局は臨床で看護師をしていました"(-""-)")

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は超高齢社会に突入です。

 

 

うつ病が改善せずそのまま高齢化してしまうケース、定年後の引きこもり うつ発症、その先の介護問題は本当に切実になってくると思います。



今日の地蔵祭りに参加されたおじいちゃん、おばあちゃん達と関わりながら色々思うところがありまして。

 

 

実は来年(5月~11月まで)ケアマネージャーの免許更新研修を受ける予定なのですが、現状の介護問題を改めて勉強してきたいと思います。介護保険制度改定に伴い免許は更新制。



いずれ中年層に留まらずに介護支援専門員の知識を生かした高齢者対象メンタルヘルスも関わっていきたいですね。

 

 

健康寿命という言葉がよく聞かれますが寝たきりで長生きするよりも、誰だってイキイキ長生きしたいと思うのではないでしょうか。

 

 

 

 


 

 

 

私だって、そうです。

 

 

 

 

 


 


 

 

しかし介護現場の働き手人口は不足しています。

私がおばあちゃんになった時には どうなってるんだろう。



制度の充実というより なるべく頼らなくて済むように1人1人の自己管理が問われてくると感じました。








 

 


 

 

独り言ブログ、お付き合い下さり有難うございました。

 

では またですね(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【追伸】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神秘的な秋の夕日

 

買い物帰りにパチリ。

 

 

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」


ごま書房新社「あなたは本当にうつ?」

 
ペタしてね読者登録してね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬱克服専門カウンセラー"後生川礼子(ごしょうがわれいこ)"さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス