9月23日(土)~29日(金) 増田勉展

粉引、刷毛目、灰釉、黒釉、鉄彩、etc.
土ものならではの表情の面白さを、いつも追求している増田さん。
普段使いの器という形の中に、焼きものの面白さが詰まっています。
そんな器に、ぜひ出会いにいらしてください。
9月23日(土)~29日(金) 12時~19時 最終日17時まで 会期中無休
詳細は→こちら
NEW !
テーマ:

 

朝ごはん
フルーツなんたらパン
コーヒー


パンの器
富山孝一作 ナラ板皿
マグ
角掛政志作 マグカップ


 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝ごはん
残り物で豚玉丼
糠漬け
お茶
コーヒー


どんぶり

増田勉作 刷毛目呉器形小丼鉢
糠漬けの器
渡邊心平作 染付菊文輪花小皿
湯呑み
古川桜作 染付トクサ文湯呑み
マグ
角掛政志作 粉引面取りマグ


今日の器

 

 

増田勉作 刷毛目呉器形小丼鉢
径14cm 高さ10cm
3672円

 

ただいま開催している「増田勉展」より、
「呉器形」の小どんぶりです。

 

 


形のよい高台の高い小丼。
高麗茶碗にある「呉器」を模しています。

 

この高台の高い碗の形は、

東南アジアでよく見られる形。

 

床に直接座って、器を床に置いて食事をする文化では、
床から高い位置に碗がくるほうが食べやすいことから、
高台を高くしています。

 

そういう文化では、器は手に持たないので、
ずっしり重心を下において重さのあるものが多いのですが、
もちろん、この碗は、普段使いできるよう、

手に持てる重さにできています^^

 

 

 

 

この形、好きなんです。

 

なんとも、いい感じでしょう 笑

 

増田勉作 刷毛目呉器形小丼鉢
径14cm 高さ10cm
3672円

 

 

ご注文は→こちらのフォームからどうぞ。

 

 

 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝ごはん
インゲン肉巻きの生姜焼き
温野菜
白ごはん
しいたけとミョウガの味噌汁
巨峰
お茶
コーヒー


メインの器
増田勉作 粉引リム6寸皿
飯碗 
石田辰郎作 粉引飯碗
汁椀
蜂谷隆之作 百福オリジナル高台椀
巨峰の器
田井将博作 輪花小皿
湯呑み
山田隆太郎作 粉引湯呑み
マグ
角掛政志作 粉引マグカップ


 

増田さんの粉引の6寸皿。
我が家の定番です。


ちょっと大きめの6寸で、
こうしてメインのおかずを盛るのに、
よく使っています。

 

店でも定番で扱っている器。

 

増田さんの粉引は、窯出しのたびに、
違った表情に仕上がってきます。


なので入荷ごとに「違う器かな?」というほど、
違っています。
味わいも表情も。

 

 

いい表情の器が焼けないと、

「うまくいかなくて」と、
増田さんは送ってくれません。

 

 

なので、定番なのですけれども、
店に並んでいることは、結構少なくて、
入荷しても、結構すぐに売れてしまうので、
見つけたら「買い」な器なのです。

 

そんな、増田さんの粉引の皿。

今回の個展に、結構並びました。

 

6寸、7寸といった、

普段使いのメインのおかずの器として、
使いやすいサイズが揃っています。

 

「増田勉展」
今日からスタートです。

普段使いの感じのよい器を、探しにいらしてくださいね。

 

 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝ごはん
玄米パン
ベーコンエッグとサラダ
トマトとセロリのスープ
コーヒー


メインの器
増田勉作 粉引7寸リム皿
スープの器
石田誠作 スープカップ
コーヒーの器
古川桜作 染付山桃文丸猪口

本日は展示入れ替えのため、店はお休みです。
明日から「増田勉展」。

 

午後、増田さんが搬入に来てくださる予定。

店を掃除して、什器を移動、ディスプレイを頑張りますっ!

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝ごはん
ししゃもと小松菜のおひたし
きゅうりの糠漬けとトマト
白ごはん
ナスとミョウガと大根の味噌汁

お茶
コーヒー


ししゃもの器
荒賀文成作 黒菓子皿
糠漬けの器
渡邊心平作 亀甲菊四角型小皿
飯碗
古川桜作 染付木の芽文飯碗
汁椀
蜂谷隆之作 百福オリジナル汁椀
湯呑み
尾形アツシ作 粉引湯呑み
マグ
角掛政志作 粉引面取りマグカップ


ひと月に何人か、
「器を見て欲しい」
という作り手がくる。

すでに活躍している作家の方も、
これから作家になりたいという方も、

いる。

 

そのまま店で扱うことを決めることもあるし、
取り扱いはできないけれども、とか
これからやっていく、という方には、
ももふくなりの器に対する考えや、
作り手に対する思いを伝える。

 

 

すると、ほとんどの作り手が、

 

「そういうことは他の店で言いわれたことがない」

 

と言う。

 

え。
では、他の店では、なんと言っているのか。
何を作り手に伝えているのか。
ちょっと気になる。

 

 

ももふくでは、

 

いろんな作り手がいて、
いろんな考えをもち、

それぞれの思いが器という形になっている、

ということをふまえて、
どうしたら、その作り手のもっているものが一番引き出せて、

どうしたら、それがお客様に伝わる形になるのか、
そのためには、何をしたらいいのか、


という話しをすることが多い。


こういうものが売れている、
だから、こうしたら売れる、
というのは、確かにあるのだけれども、

 

それを伝えたところで、いいものなんて、
できてこない。

 

形が器である、というものを作ってもつまらない。
器という形をした何か。
それが手にした人の心をうごかす。

 

作家が作る器は、たぶんそういうもの。

 

と思っているので、それを伝えるようにしている。

ので、うまく伝わらないことも多いと思う。
全然参考にならなかった、という方もいるだろう。

 

なのですが、
もし、
 

「器を見て欲しい」

 

という作り手の方いらっしゃいましたら、
思うところをお話しさせていただきますので、
器をお持ちになってみてください。

あ、できれば事前に、メールかお電話でご連絡くださいね。

 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝ごはん
残り物ナス肉味噌炒め
糠漬け
白ごはん
もやしと揚げ出しの味噌汁

お茶
コーヒー


炒め物の器
関口憲孝作 黒釉輪花楕円皿
糠漬けの器
渡邊心平作 赤絵なずな文小皿
飯碗
石田辰郎作 粉引飯碗
汁椀
蜂谷隆之作 百福オリジナル汁椀
梨の器
中村和也作 輪花小鉢
湯呑み
山田隆太郎作 粉引湯呑み
マグ
角掛政志作 粉引面取りマグカップ


昨日、来月個展をしていただく内田可織さんが、
DM用の作品を持って来店してくださいました。

来月は、内田さんの「土鍋」がずらーっと並ぶ個展です。

内田さんの土鍋は、
本当に可愛らしくて、素敵で、
そこにあるだけでテンションがあがってしまう♡

なので、
「今シーズンこそ土鍋を手に入れたい」
という方は、来月末の個展を、ぜひ楽しみにしてください^^


で、内田さんといろいろお話しをしていて、
あー、まだまだ、自分も頑張らなきゃって、
あらためて思いました。

この歳になると(アラフィフです)、
新しくものごとを始めたり、
新しい刺激を求めたり、
ということが、
どうもおっくうになってしまう、
みたいなことがあるのですけれども、


「ここで、いまやらないと!」
「刺激が必要!」


と、新しいことにチャレンジしているという話を
同年代(いや、うそ。もっとお若い 笑)の内田さんから聞いて、
そうだよなーって、思った。

「いま、はじめないと」

たぶん動けなくなる。
動かなくなる。

仕事もそこそこ、
暮らしもそこそこ。

日々、ぬるま湯につかっていると、
ぶよぶよふやけちゃう。

それは、よくない。
まずい。
美しくない。


内田さんは、3人の小さなお子さんのお母さんで、
陶芸家で、陶芸教室もしていて、
あれこれ忙しいのに、
その上で、新たなことにチャレンジしているのです。
打って出る!のです。

すごいパワフル。
お話しを聞いているだけで刺激になる。

まだまだ、できる。
まだまだ、チャレンジして、いいのだ。

そういう作り手がいる。
その伝え手でありたい。

そう、あるために、
やっていこう。

な、1日でした。

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝ごはん
えぼ鯛のみりん干し
糠漬け
梅干し
白ごはん
大根と茗荷とオクラの味噌汁
お茶
コーヒー


みりん干しの器
新道工房作 白磁木瓜皿 小
糠漬けの器
渡邊心平作 染付市松文中平皿
梅干しの器
藤吉憲典作 赤絵猪口
飯碗 
石田辰郎作 粉引飯碗
汁椀
蜂谷隆之作 百福オリジナル汁椀
湯呑み
志村睦彦作 三島湯呑み
コーヒーの器
宮岡麻衣子作 染付草花文蕎麦猪口


今日も暑くなりそうですね。

暑い日は、目に涼やかな染付の青をならべて。

 

残暑があるうちは、夏のなごりの青を効かせつつ、
秋色の土物ものをバランスよく配置すると、
いまの季節らしい器合わせになりますよ。
 


 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝ごはん
全粒粉トーストとジャムにバター
ソーセージといろいろラダ
コーヒー


トーストの器
山本拓也作 乳白八角皿 M
サラダの器
村木雄児作 三島6寸皿
マグ
角掛政志作 粉引面取りマグ



【今日の山食】


 

 

今日の山食は成城石井の「全粒粉入りブラン食パン」3枚入り。
195円(税込)です。

普通の食パンより一回り小さいサイズですから、
ちょっとお高め、ですね。

原材料は、
「小麦粉、小麦全粒粉、小麦ふすま、乳酸菌発酵液、蜂蜜、バター、調味酢、食塩、イースト、麦芽エキス、グリセリン、V.C」
けっこうもりもり。

 

最後の「V.C」ってビタミンCかしら?

 

でも、口当たりが軽くて、なかなか美味しい。

 

全粒粉のパンは、普通に作ると、ずっしり重くなる感じですけど、
「ふすま」などをいれて、見た目に素朴さを演出しつつ、
食感をよくしている感じなのかなー。

 

 

 

今朝は二枚、ぺろっといただきました。


普段二枚食べることは、まずナイ、ので、

それくらい食べられちゃうほど、
軽めの食パン、という感じです。


ジャムたっぷり、バターたっぷりでも、
いい感じでした。



 

ひさびさの朝ごはん。
そして、久々の【今日の山食】です。 笑

 

そろそろ気分を休みモードから平常モードに移行せねばねー!

 

 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

お休みをいただいた先週、
増田勉さんと山田隆太郎さんの工房にお邪魔しました。

 

増田さんの工房では、

今週末9月23日(土)から開催する、
個展を前に打ち合わせをかねて、
今回出品してくださる作品を、
一足先に拝見させていただきました^^

 

 

今回、ものすごい数を作ってくださっていて、
その中から選りすぐりのものを、持ってきてくださいます。

これからの季節に嬉しい、土ものならではの温かみのある器。

 

繊細なものから、ざっくり土味の効いたものまで、
たくさんの器が並びそう。

どうぞお楽しみに。

■9月23日(土)~29日(金) 『増田勉展』
http://www.momofuku.jp/2017/08/19/post-6158/

 

増田さんの工房の様子は、ももふくブログで詳しくご紹介しますね。

 

 
 
山田さんの工房では、
ちょうど登り窯の窯詰をしている、
というので、その様子を見せていただきに行きました。


 
山田さんの登り窯は、結構大きくて、かなりの容量。

大きいものから小さなものまで、ぎっしり、
器を詰めていきます。
 
火の勢い、窯の中の温度変化を見極めて、
どの場所に、何を置くか、
轆轤を轢く段階から考えて器を作るそう。
 
 
その膨大な作業量と、その手間を考えると、
気が遠くなる感じ。
 
そうして焼きあがった器が、
例えば飯碗のようなサイズのものが、
よく焼けているもので4000円〜5000円くらい、
作り手の手元には、そのうちの何割かなのだ、
ということに、いろいろ考えてしまうのでありました。

作り手が求めているものは、なんだろう。
目指しているのは、どこだろう。
とか。
 
とか。


さて、山田隆太郎さんは、10月の中旬、
つくばの「マニフィクトジャム」さんで個展があります。
 

http://manufact-jam.com/

 

今回窯詰していた器たちが並ぶとか。
「いいのが、とれるから、見に来てほしい」
っておっしゃっていました。

 

ぜひ、お出かけください。
 

 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 ひゃー!!

ナント!!

またまたキャンセルが出てしまいましたの、募集させてください!!


明日

9月16日(土)に開催する、榊 麻美 (Asami Sakaki)さんの

「お月見と楽しみたい萩の盆栽をつくるワークショップ」。


午後14時からの部にキャンセルがありましたので、お一人さま、募集させていただきます。


この機会にぜひ、秋の盆栽を楽しんでみませんか?


件名に「盆栽ワークショップ参加希望」として、以下をご記入の上お申し込みください。


・お名前

・参加ご希望時間 14時〜 残り1席

・当日連絡のつくお電話番号・メールアドレス


ご応募おまちしております。


メール宛先

momofuku@momofuku.jp





9月16日(土)、榊麻美さんの

 

「お月見と楽しみたい萩の盆栽をつくるワークショップ」

 

をももふくで開催します。

時間は午前11時〜と午後2時〜の2回です。

 

毎回「和」の雰囲気を楽しめる植物を、

榊さんの丁寧な講義で学べると、

毎回大好評の榊さんの盆栽ワークショップ。

 

 

今回は秋の七草の「萩」。

萩の中でも、幹が太く立性の「木萩」 を、盆栽に仕立てていきます。

 

 

 

 

大きさは、鉢を入れて15~20㎝程度。
鉢の大きさは、直径12センチくらいです。

 

当日の作業としては、

根ほどき。
土作り。
苔ばり。
植え替え。

 

その作業の後に、

萩の木の手入れや剪定、

盆栽についてのお話、

暦についてのレクチャーがあります。

 

 

今回も、和菓子ユニット「ユイミコ」さんによる季節の和菓子とお抹茶付き。

 

 

秋の夜長、月と萩を楽しむために、盆栽をつくりに、

ももふくにいらっしゃいませんか?

 


 

募集要項
■場所:ももふく
■講師:榊麻美
■開催日:9月16日(土)
■時間:1回目 11時〜 2回目 14時〜
■定員:各回6名 (最小催行人数3名)
■受講費:6,000円(税込み、教材費込み、当日お支払いください)
■持ちもの:汚れても大丈夫な格好でいらしてくださいね。
エプロンなどあるといいかもしれません。

お申込みはメールでお願いします。
件名に「盆栽ワークショップ参加希望」として、以下をご記入の上お申し込みください。

・お名前
・参加ご希望時間 11時〜  or 14時〜
・当日連絡のつくお電話番号・メールアドレス

ご応募おまちしております。

メール宛先
momofuku@momofuku.jp

 


 

■講師紹介

 

講師:榊麻美

1980年 静岡県生まれ
2002年 日本大学文理学部卒業
2004年より8年間アパレル販売やディスプレイ業務等を

務めていたが2012年に師匠である塩津丈洋氏に出会い植物の世界へ
2014年より2年間、同研究所アシスタントを務め
2016年春独立 「榊麻美植物研究所」を立ち上げる

 

HP 「榊麻美植物研究所」→こちら

 

 

 

 

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101
TEL 042-727-7607
momofuku@momofuku.jp
Open 12:00 - 19:00
定休日 日・月・祝
お問い合せはお電話・メールでお気軽にどうぞ。

小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩10分〜15分
※専用駐車場はございません。
お近くのコインパーキングをご利用ください。

ももふくHP
オンラインショップ
入荷のお知らせ
地図
Twitter
Facebook
instagram

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)