前回のブログ「フィギュアスケートを無音にすると見えてくるもの」に

たくさんのイイネやRT、リブログありがとうございますラブ

あまりの反響に驚いています目

 

 

で、少しだけ追記

 

 

たぶんね、ゆづファンのみなさんは

彼の演技はミュートして見ているという方、たくさんいると思うんです。

 

 

私もそうです。

初めて「ノッテ・ステラータ」を電車内で見たとき

イヤホンもなく、何の曲かも知らずに無音で見て

あまりの美しさに震えました笑い泣き

 

photo by 小海途良寛
 

だから、彼の演技を音を消して見るのは、ごく普通なことでした。

 

 

ただ、わざわざ他の選手の演技を見ることはなかったので

ふと思いつきでやってみてなるほどなと思ったのです。

 

 

「審査員も音楽に騙されていることがあるのではではないか」

これは、雰囲気に流されているとも言えると思います。

TVドラマの様々なシーンにBGMがあるかないかで全然変わって見えるじゃないですか。

 

 

「テクニックと表現力が本当にそろった演技なら、音楽がなくても魅せられるはず。それがフィギュアスケートの演技ではないのか。そういう演技こそが評価されるべきではないのか?」

スポーツでありながらテクニックと芸術性の両方を求められるのがフィギュアスケート。どちらの要素も同等の評価をされるべきなのに、難易度の高いジャンプをする選手のほうが高い点数が出やすいというテクニックに偏って見えた昨シーズン。

 

 

何のための採点方法の変更だったのか・・・。

来シーズン、ジャッジの皆さんは重ねて採点システムの再考と

観客がいくら盛り上がろうと、拍手や歓声が起きようと

音楽や周りの雰囲気に左右されない冷静な判断で演技を見て欲しいなと思います。偉そうにごめんなさいあせる

 

 
「いつか、彼の演技をエッジが氷をけずる音だけで見てみたいなと思う。」
でもね、神業の音ハメも大好き。ファントムとかゾクゾクします笑い泣き
 
 
最後に当ブログをフォローして頂きありがとうございますニコニコ
このブログは主に自分の活動の記録、報告のためのものなので、
あまりフィギュアのこと書かないかも。
期待して待たないでくださいね~あせる
 

photo by 小海途良寛
 
羽生選手 ファンタジー・オン・アイス全会場 出演決定!
楽しみですね音符私も行きますよ~爆笑
 
 
 
 
 
 
 
そしてついでに、もしお時間あったら
私の歌聞いて下さい。宜しくお願いします
【小節のない音楽】 -Music with No Bar- 3本一気見!
クローバーしゃぼん玉
クローバー赤とんぼ
クローバーSAKURA