乳酸菌サプリメントを試す | 潰瘍性大腸炎 & クローン病&過敏性腸症候群の改善・完治・根治

潰瘍性大腸炎 & クローン病&過敏性腸症候群の改善・完治・根治

薬以外で病を治す代替療法。食事療法、エネルギー療法(レイキ・医療気功)、催眠療法、プラセボ効果、ホメオパシー、漢方、瞑想、温熱療法など。

腸内細菌叢を整えるといわれるサプリメントに乳酸菌があります。プロバイオティックとも呼ばれます。
乳酸菌は、ヨーグルトからも摂れます。でも、70%の人は、生まれた時から原料である牛乳との相性がよくないため、それが原因で、腸の炎症を悪化させることがある。

数か月前にスーパーでこのサプリメントをバーゲンしていたので、買ってしまいました。前から試してみたかったのですが、値段が高いし、サプリメントにも抵抗があったからです。でも、今回は、好奇心が勝ちました。

購入したのは、乳酸菌100億個 14種類 60カプセル入りと、乳酸菌20億個 7種類120個入りです。どちらも2000円ぐらい。

 

Image result for ジャミソン 乳酸菌 jamieson probiotic 10 billion

これを毎日、どちらか、あるいは、両方、あるいは、使わないというように、量を調整しながら2か月ほど試してきました。

他のメーカーは、試していません。同じ名前の乳酸菌でも、細かく種類分けでき、効果がみられる菌とまったく効果がないけれど安いので、数を付け足すため加えておく菌があると、あるジャーナリストが説明しています。

途中経過:

1)量が多いと、効果が高くなる。このメーカーは、最高が600億個入りで、ひと箱30カプセルしか入っていません。一時的用で、長期の使用は、意図していない。

2)使い続けると、効果が出て持続しますが、止めると、効果がなくなる。

身体の外部から取り入れた細菌類は、長期に渡って取り入れ続けても、やめると、2週間ほどで消えてしまいます。これは、大人になった後、身体に取り込んだ細菌は、大腸には根付かないため。昔の人は、ぬか漬けや納豆、味噌などをを毎日、食べる習慣がありましたが、知らない間に、良い細菌を継続的に体内に取り入れ健康を維持していた。
ということは、たとえば、テレビで納豆が良いからと紹介していたから、納豆をまとめ買いして食べるというのは、そのときは、納豆菌は増えますが、マイブームが去ってしまうと、納豆菌は幼子のころに、食べ続けていなかったら、なくなってしまう。(ゼロになるかどうかは不明)。

他人の腸内の細菌を取り込む療法がありますが、同じことになります。すぐに効果が出る人もいれば、細菌がある程度定着するのに17回以上も試さなければならなかったりする。

この治療の先端をいく研究者たちは、できるだけ長く定着させる方法を必死に探しているはず。もしもその方法が開発されたら、今ある難治性疾患の多くは、改善に向けて動き出すはずです。がんばれ、研究者!

 

 

 

関連サイト

★ メルマガまぐまぐ 毎週一度発行

潰瘍性大腸炎! 腕ふり体操?食事療法?指圧?気功呼吸法?瞑想?ヨガ?整体?霊気?

 

★ ホームページ

治すぞ! 潰瘍性大腸炎! クローン病!

関連書籍

★ アマゾン 潰瘍性大腸炎って何?
       無料アプリがあればただ読めます