ジャン、トライアル出発 | ねこっぱち!

ねこっぱち!

猫坂8丁目という小さな団体で、猫の保護活動をしています。

ジャンがトライアルに出発しました。

 

 

 

一人暮らしの女性のお家ですが、お留守番が少ないのと

 

先代の猫ちゃんを手厚く看護し、しっかりと見送られた

 

お話を聞き、この方ならやんちゃなジャンも安心だと

 

思ったのでした。

 

 

 

お宅に着いてすぐに全く怯えることも、戸惑うこともなく

 

さっさと探検開始。さすが猫飼いのベテランだけあって

 

危険な物は片付けられタワーやおもちゃも完備

 

 

 

「ふんふん、なるほどなるほど」とばかりに納得の様子

 

考えられた猫の動線にご満足の程でした。

 

 

 

それにしてもまったく初めての場所で、ここまで平然と

 

している猫は初めてかな?

 

あんなにヒヨヒヨしていたジャンだけど、実は太っ腹の

 

勇敢な青年だったのが分かりました。

 

 

 

早速おもちゃで遊び、ここではピリカたちに横取りされる

 

こともないのが嬉しそう。

 

 

 

「あのヒヨヒヨしたみすぼらしさがなかったら、この子に

 

決めなかったかも。なのにすっかり立派になっちゃった」

 

と里親様あせる すいません、なぜかツヤツヤの美猫に

 

なってしまいました照れ

 

 

 

それでも「可愛い、可愛い!元気ないい子だ」と2000回くらい

 

繰り返していらしたのでホッとしました。

 

そして翌日すぐにこんな写真が・・・

 

 

 

お得意のパンツ丸見えポーズ(笑)

 

とても1日しか経っていない猫とは思えない不遜な態度

 

あのヒヨヒヨはやっぱり猫かぶってたの?!

 

とにかく幸せになるのは間違いないです。

 

良かった良かった、出戻ってくることは絶対にないと思うけど

 

調子に乗っていたずらしないで良い子のままでお願いしますよ

 

 

 

そして明日はピリカほのかがトライアルに出発です

 

二匹一緒という嬉しいお届けですが、この二匹が

 

いなくなったら急にものすごく静かになっちゃう汗

 

 

 

ああ、もっとたくさん抱っこしたかったなぁ・・・

 

さらにその後は続けてピエールまでもが出発なんです。

 

 

 

 

こんなに一気にみんな卒業してしまうとは、思っても

 

いなかったので、心の準備ができましえんショボーン

 

残るは甘ったれのタケルのみ

 

 

 

一人だけちょっと体が小さかったから、みんなと遊ぶ暇も

 

なく、一人ぼっちになってしまいました

 

すぐに新しいお友達を連れて来なくちゃね。

 

淋しがってる暇はない、本当の家族に出会うのを

 

待っている子はまだまだたくさんいるのだから。

 

 

 

新入りがくるまではこのお方と二人きり

 

おばあちゃまと孫みたいな関係で、ヘタレのタケルが

 

遊べるかなあ?シャー子様お手柔らかにお願いしますね。