”月をさす指”

テーマ:
その後、無事に仕事も決まり
先週からフルタイムで働き始めてます。
しがらみと関係のない立場は気楽で
夜八時に家に居る天国も満喫し
飽きたらふらっとタイに行き
戻ったらまた働くなんて暮らしもこれなら可能で
気楽に働き、楽しく遊び、
余力で好きなことができる
三方よしな働き方をやっと見つけた…

先週末はポコンと予定が空いたので
何か面白いことに時間を使いたくなり
非二元という言葉を知ってから注目していた
矢沢大輔さんの非二元講座に参加してきました


非二元というワードを知って半年、、
きっとそういうことなんだろうと
マインドで思うところはあっても
何なのかイマイチ掴めないままだったテーマが
この講座に参加してクリアになりました

矢沢先生の講座は「燃えよドラゴン」の
世界で最も有名なあの台詞から始まった(笑)
とはいっても、考えるな、感じろ!ではなく
説明はその後の台詞からだった
この講座めっちゃ面白い予感がする…!
冒頭早々、ワクワクが止まらない。

先生の講座はとてもわかりやすくて
個人的なフィルターなど一切かからず
とことんフラットに、言葉をシンプルに使い
とても丁寧に理論的に、段階を踏みつつ
無理のないテンポで解説されていった
話の展開や図解も上手でさすがでしたが
折々にユーモアも織り込まれ
聞けば聞くほど、ほどけてくる

感覚に頼らざるを得ないようなそれを
不便極まりない「言葉」というツールだけで
ここまでわかりやすく誘導してくれる先生は
探してもなかなか居ないんじゃないか

質疑応答で分からない人がいると
そこにピントを絞って
疑問の出だしから丁寧に紐解いてくれる
質問者の疑問を捉えるのが瞬時で的確だから
どんどん訳が分からなくなるストレスがない
その人と同じ疑問点を持っていた私も
心地よく理解が深まっていった

それまで私が理解していたのは
非二元のほんの僅かなフラグメントでしかなかったと
講座が始まって比較的すぐに気がついた

気づきが無闇に壮大でドラマティックに彩られ
甘美な言葉で飾られ語られ過ぎていて
目眩しになっていることがあるように思う
分からないと自分側に苦しみを感じるけど
いつまでも分からない場合の問題点は
伝え方のほうにあるように感じる
聞く人を変えてみるのは大いにありだ

時間をかけなければ
探求しなければ気づけないなんて
そんな思い込みは捨てちゃってくださいと
講義の冒頭で矢沢先生がおっしゃっていた通り
難しいことは何もなかった

気づいたから特別でも何でもなく
分からなくて笑うしかないなんてことも起こらず
ただクリアな気づきだけがあった

私はどこにいった?
どこを探してももう跡形も見つからない
私が気づきそのものだったから

明日になったら私はそれを疑いはじめ
いつものように迷路に戻る心配など全く杞憂で
月を指した曖昧で巨大な指は
いつの間にか月を飛び越え宇宙になっていた

講座で先生に初めてお会いするまでは
近寄り難くて怖そうだなあ
アホな質問したら怒られそうと思っていて
アカデミックな人=気難しくて怖い人という
勝手なイメージを抱いていた

実際のご本人はイメージと全く違っていて
とても柔和でユーモアたっぷりの
自然体でオープンマインドな素敵な方でした。
尋常じゃなく博識でお話が面白いのは勿論、
屈託のない笑顔と生き生きとした眼差しが
また素晴らしく、いるだけでその場がフワッと
軽やかになる、不思議な魅力のある方でした

講座が終わり、先生や参加された方々と
歓談しながらビルの外に出ると

見てごらんよ、
この空も景色も全てが気づきなんだ。

と、薄く暮れ始めた空と高層ビルを見上げて
先生が楽しげにそうおっしゃった
その日の景色は鮮烈に記憶に残った
いつか気づきのきっかけを思い出すことがあるなら
この景色を必ず一緒に思い出すだろう
帰り道をご一緒した方とも
今日は楽しい時間でしたね!と頷き合った

知らないことがどんどん楽しくなり
それを話すことはさらに愉快だった
次回開催のコロキアムにも是非参加したい

矢沢先生の非二元講座に参加したのは
タイに続いて間違いなく今年のベストでした
しんどいことや嫌なことしょーもないこと
いつもの年よりたくさん起きた気がするけど
あはは  もうどうだって構わない
それらはもうとっくに消えて無くなっているから

興奮冷めやらぬうちに
どうにか書き留められて満足です(笑)

最高にエンジョイできた週末でしたニコニコ

今日も軽やかにまいりましょう音譜