11月14日(金)の夜に電話がきました。
息子と同い年で、やることも
性格もよく似た青年からです。

純粋の日本人ですが、顔も肌の色も似ていて、
私が見ても兄弟?と思うほどです。
癒やし系の
笑顔も素敵で
家族思いの優しい青年です。
多分、2年前だと思いますが、
何もかも恵まれた故郷を離れて
お父様の関係の会社で修行していたそうですが、
その後も帰らず、アルバイトをしながら、
自分の人生を見直すために
都会近くに住んでいました。

あまり詳しくは書けませんが、
宮崎貞行先生の講演で
私が彼の頭上に細い白い糸が
何本も見えた青年です。

電話の声はとてもハリのあるキチッとした
まるで軍隊の兵が上官に報告するみたいな話し方でした。
「今のアルバイトを来週で終えます!」
「え?その後は?」
「はい、え~~親元に帰ることにします!
 色々心配かけたり、お世話になった両親に
 恩返しをするつもりで帰ります!!」
「え~~~すごい!!
 それは、ご両親喜ぶわねぇ~~」

今時の日本の青年から
こんな素敵な言葉を聞けるなんて!!

世界中の親が聞きたい言葉ですよね

私の
両親は87歳と83歳で
ピンピンに元気です。

相当に心配をかけてきたし、
まだまだ世話になってばかり<(_ _)>ですが、
恩返しを全然していません・・・
(^_^;)
まだ若い青年が
「色々心配かけたり、お世話になった両親に
 恩返しをする」と言う言葉
私の心にグサリと刺さりました。
頭が下がります<(_ _)>
人生に大事な言葉を教わりました<(_ _)>
お世話になっているのは、
神様、仏様、ご先祖様も同じ事。
こんな言葉を待ちかねているんでしょうね。
いつもお願い事ばかりで
なかなか言えずにすみません(・_・)(._.)<(_ _)>

「帰ったらお嫁さん探しの時は
 トトのお嫁さんも探しておいてねぇ~~」
「え?あ、はい~~探しておきます!」
と、私のお願い事も任せてしまいました。
2年間の人生の修行をして、
すっかり「頼もしい男」に成長されました。
きっと、お嫁さんもご両親を大事にしてくれる
優しいお嫁さんを見つけるんだろうなぁ~~
彼みたいな青年と我が息子が人生を共に
歩んでくれたらいいなぁ~~
と、思うこの頃です。

来年の初詣は
「家族円満」「
子孫繁栄」
お願いしてこようと思います。
分杭峠から色々な事があって忘れていました。

おそば屋さんで相席した3人に
共通の知人がいたとう
サプライズの次の日、
その方のパートナーのFさんへ
分杭峠での不思議な御縁の
報告電話をしました。

Fさんは、私が丹生川上神社下社で御参りを
していた時に、まさにその瞬間に何故か
「これから広島に帰ります。」と訳が
分からない電話をしてきた人です。
たまにメールをいただいていましたが、
電話はめったにないことなのです。
「え?私は今、天河の方にいますよ。」
と言いますと、
「それなら、近くに丹生川上神社下社がありますから、
そこのお水をいただいてください。」
というのです。
神社前にある水場にいたトトと友人のKさんが
まさにそのお水をいただいている時です。
「あの~~私達は今、そこで御参りして、
トトはお水をいただいている所です・・・」
「え~~~???・・・・・
それなら皆見宮司さんにも会ってください・・・・」

それから、私達は毎年6月1日のお祭りで
必ず会っているような仲なのです。

そのFさんに、昨日、分杭峠に行って
山崎さんとO教授に会った話しをしました。
「や~~それは入れ違いでしたね。
私達は11月11日に行って、一泊して
午前中はまだ分杭峠にいたんですよ・・・・」
「え~~~~!!!すれ違いだったんですね!!」

なんの打ち合わせもなく、
山崎さんとO教授とFさん二人と私が
5人とも知り合い同士で
同じ分杭峠にいたのです!!

神様~~~~
守護神様~~~
ハイヤーセルフさま~~~
ご先祖さま~~~~
私達5人は、何故???
同じ日、同じ分杭峠にいたのでしょうか????

まさに異次元宇宙、パラレルワールドでの
ご縁のようです\(^O^)/



帰り道に山道への立て札がありました。
熊に注意と書かれていたり、
入野谷山頂、風の丘、光のテラス・・・と
書かれている立て札。

登山道のようですが、網で封鎖されています。
気になったので写真を撮りました。
お水をペットボトルに入れたりした荷物を持っていたので
携帯のカメラで連写してしまいました。
すると、4枚の連写写真の1枚が赤い??
なんとなく変だなと思いながらも、
あの7色の光を期待していた写真は
撮れなかったなぁと思いながら帰宅しました。

その辺からだったかもしれませんが、
私の携帯の画像に青い線が何本も出てきました。
使いづらいなぁと思っていましたが、
10月25日に渋谷で買い直したばかりですから、
まだ壊れてはいないと思います。
しかし、画像を開いて時間を見るだけでも、
青いシマシマ線が四角く出たり、
文字を横線で見えにくくしたり、
また開き直せば、画像全体を
青い線が縁取っています。
私も昨日から寝てないので、
携帯が壊れたからと悩むことも
騒ぐ気力もありませんでした。

いつもなら、どんなに寝ていなくても
一日中ぐらい運転しても大丈夫なのですが、
今回は非常に腰が痛いのです。
ハイキングコースのような道を少し荷物を持って
歩いただけでこんなに痛いかなぁ~~~?
とうとう我慢できなくなり、
途中から妹に運転を変わってもらいました。
皆でお菓子を出し合って食べましたが、
私は本当は何も食べたくありません。
おそばを食べたのは3時くらいでしたが、
夜になっても全然お腹がすきません。
携帯を開くと、青いシマシマ線は
もっとひどくなっています。

お友達の家について、荷物を運んであげるのも辛く、
もうこのまま妹の家に泊まってしまおうか
とまで考えていました。

その前に、妹の家の近くのガソリンは安いので
満タンにすることにしました。
私がセルフサービスの料金用の機械に
まず千円札を入れました。
すると、機械が止まってしまい
「係り員をお呼びください」と
機械が声を出しました。
係員を呼んで、千円を返してもらい、
今度は五千円札を入れました。
するとまた「係員を呼んでください。」というのです。
私の前にガソリンを入れている車があるのですから、
なんで今こんなに疲れている私の番になって
2回も壊れるのぉ~~???
ガソリンスタンドの男性が五千円を返してくれて
「すみません。壊れたみたいなので
 他の機械でガソリンを入れてください。」
と言われ、移動する事になりました。

そういえば、昨日の徹夜仕事の後に
パソコンのサーバも壊れていたのを思い出しました。
ああ~~パソコンもぉ~~~
ガソリンの料金用の機械もぉ~~~
携帯もぉ~~~~
機械の不便を感じっぱなしで疲れるぅ~~~~

妹の家ではロールケーキを出してくれたのですが、
全然食べる気にもなりません。
相当に疲れてるのかなぁ?
コーヒーにはお砂糖を入れてもらって飲みました。

なんとか帰ってから、猫ちゃん達の餌をあげて
猫ちゃんトイレを掃除して
シャワーを浴びて、すぐに寝る事にしました。
それでもお腹が減らないなぁ~~~なんで??
と考えていると、急に吐き気がしてきました。
私はあまり吐いた事はないのですが、
簡単に「ポコッ」
「ポコッ」と2回、
サラサラの真水を吐いたのです。
猫ちゃん達もビックリして、私を囲んで見ています。

え?今日はコーヒーとジュースと
そば湯と色のある飲み物しか飲んでいないよ?
一滴も真水は飲んでいないよ?
一時間程前に妹の家で飲んだコーヒーでもない?
なんで、透明なお水が吐けるの?
あの水はどこから?
私はちょっとだけ変な予知体質であることは
知っているのですが・・・
何かが起きる予感か前兆・・・ですが、
それは分からないのです。

その後はスッキリとして、
さっきまでの腰の痛みは無くなりました。
「あの痛みは誰か連れて来たかな?」
トトがいれば聞けるのですが・・・・
治さなくてはならないパソコンの心配もありますが、
今日は寝て、明日考えようとベッドへ・・・・
ふぅ~~~と一息して、携帯を開くと
いくつかのメールが来ていました。
返信をしなくてはと思うのですが、
あの青いシマシマ線がさっきよりもひどい上、
文字を押すと通常のタッチ音は
「ポコ・・・ポコ・・・」の音と
バイブレーションがあるのですが、
「ジジ~~・・・ジジ~~」と
ハエが閉じ込められたような雑音が出ます。

エ~~~~(@_@;)!!!
明日はイラストの修正もあるし、
パソコンのサーバも接続し直しだし、
渋谷まで携帯も交換しに行かないと
ならないのォ~~~???
気分の悪くなるような青いシマシマ線と
ハエのような雑音の携帯だけど、
今日撮った写真を見たくて
見ていると、またまた、またまた~~~

ベッドから飛び起きてしまいました。

ゲェ===何これぇ~~~~????
間違って連写した写真の一枚が赤かったのは
覚えてるけど、改めてメガネして見ると
縁取りが古く擦れたか燃えたような写真!!
これは2枚目の普通ですが、
山道の立て札

3枚目のこの写真は変じゃない????
不気味な感じ???
さすが磁場!!??
赤い写真

下の写真は写真が赤いから
縦にして撮り直した写真です。
立て札3

でも、次の日、色々調べて分かったのですが、
私の新しい携帯は3回ぐらいのタッチを操作をすれば
こんな古めかしい写真にできる機能がついていたのです。
しかしですよ!!私はこんな機能も知らないし!!
荷物を持ちながら片手で連写して、
こんな操作をしている余裕もなかったのです!!

やっぱり磁場のせいですかね??
それとも私が疲れていてマイナスなパワーを
出してしまったのでしょうか?

その次の日は何故かパソコンのサーバは
直っていましたし、
金曜日には
携帯もあの青いシマシマ線と
ハエのような雑音が無くなりました。

気分が良くなり、我が家の庭の竹やぶから見える
お日様を眺めていると、あの七色の光が見えます。
写真に撮ってみたのですが、
あまりハッキリしませんが、
薄い七色が見えます。
こんな感じで満足満足ですぅ~~~





おわり
山崎さん一行が 中々来ないので連絡をしてみると、
スマートフォンは何も使えません。
他の皆さんも電話してみたのですが、
全然電波が届きません。

70代前後の方々が崖の下に下って行きます。
もう何回も来ていられる常連さん達のようです。
埼玉から来られたそうです。
手でパワーを感じながら
ジ~~ッと温泉につかるように座っています。
他にも赤ちゃん連れや体の悪そうなお年寄りも
気を浴びに来ていました。
ここへ来る元気こそすご~~いと思います。
私が病気になったり、あのくらいのお年になった時に
ここへ来るとは思えません。
温度は11度くらいですが、雨上がりで山道も
冷たい水たまりがあります。
埼玉から

気を感じてきたので、その上の空を撮ってみました。
木との枝と枝がつながろうとしてる・・・・
私はアフリカで娘を産んだ時、
名前はこのイメージで娘の名前を決めました。
枝

山崎さんご一行も合流しました。
白山神社や菊理姫さまやレイキヒーリングや・・・
皆様スピリチュアル系の方々のようです。
時間もないので自己紹介はありませんでした。
皆様ニコニコとして優しそうな方ばかりです。
ほとんどの方が始めてですが、
場慣れした感じで集団行動をされています。

さっき座っていた崖下の上の道から撮った山々。
紅葉もなく、霧や雲でな~~んか寂しい風景です。
山

タコ?みたいな木。
その下から湧き水が流れています。
な~~んか不気味でしょ?
TAKO

上の川が流れている広場の風景。
雨上がりですから、こんな感じなのかな?
あの7色の光のイメージはありません。
ハロゥインをにぴったりな感じです。
皆さんは、気を感じるのかなぁ?
嬉しそうにさわやかな顔をしています。
が、私は「まずい所に来たかも・・・」
と思っていました。

川

まっすぐに天に向かっていない木があっちこっちにあります。
地に向かっているみたいな・・・・磁場のせいでしょうね?
息子なら、なんて言うかなぁ?

木の生え方

パワーが普通ではない磁場にお邪魔してる状態です。
しばらく、唖然として近寄れませんでした。
しかし、皆さんは楽しそうにしてるのですから、
私も早く溶け込まなくては・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

細かい事は省略させていただきますが、
小さな滝のような川ともう一方から来る
気の流れの交差する所に向かって
「私は今日ここに不思議なご縁で
 来れた事に感謝いたします。」
とお祈りしました。
山崎さんとご同行の男性も私と歩いてきましたので、
妹と友達と共にお願いしました。
「今日はヒーリングとか気を浴びに来たかもしれないけど、
 まず、その前にここに来れた事に
 感謝のお祈りだけしてください。
 何も考えないで、ありがとうございます!だけです。
 感謝の気持ちだけを考えてください。」
と言い、祈るように感謝の気持ちだけに集中しました。
すると、さ~~~~っさ~~~~っと
さわやかな気が流れてきました。
それは波のように漂いました。
男性も気を感じる方のようで
「わ~~~喜んでる~~~」
と、歓声をあげました。
私はその余韻を感じながら
ずっと手を合わせていました。
「わ~~まだ来ますねぇ~~~」
何度も波が寄せて来るような気を感じました。
息子だったら龍神様とかが見えたかもしれません。
そのくらい喜びの波動を感じました。

そして、やっと私が心から笑えました。
「や~~~良かった~~~今、やっと笑えるぅ~~
 ああ~~お腹空いたぁ~~お弁当にしよう~~」
もうお昼を過ぎていました。
夜中にサンドイッチを作って食べて
その残り半分を運転しながら食べただけでした。
急に喉が渇いてお腹が空いてきました。

ご一行は、山崎さんの
エジプトのピラミッドパワーを順番に
座っていただいています。
私もしていただき、目がスッキリ!!
妹達も同じです。
なるほどぉ~~~

滝

帰りはお水を頂いて、私が大事にしている
トルコ石のネックレスを浄化させていただきました。

帰り道

まだ午後2時くらいなのに、
どうしても日暮れ前の寂しさに見えます。

息子と来ていれば、魔界のようなエネルギーを感じて、
すぐに帰ろうと言っていたと思います。

妹と2人だけで来ていれば、
なんでこんな寂しい所に来たの?
と、ポカんとしたでしょう。

「分杭峠」の言葉は誰が言ったのか?
それは、確かに私の直感?ハイヤーセルフ?
守護神さま?・・・・・
そんな感じ・・・ですね。

帰りのシャトルバスが来ましたが、
他に個人で来られてる方々も乗ったので
皆一緒に乗れるか心配でしたが、
全員ピッタリ乗れたのにはビックリ!!
下の待合所には、ムーSHOP でも売っているネックレスや
あの光の写真も売られています。
そこで分かったのですが、
山崎さんは分杭峠の関係者の一人だったようです。
本当に山崎さんとご一緒できたことに感謝です。
他にも色々と内緒のことを教えていただきました。

その後、山を下りて、伊那の道の駅でお土産を買い、
皆(23人)でおそば屋さんに行きました。

おそば屋さんは狭いので座れないかと思いましたが、
なんとピッタリ!!!
ここでも自己紹介することもなく、
始めて会う方同士なのに、
ドヤドヤザワザワもせず、
まるで前から席が決まっていたかのように
すっと相席のテーブル席に座りました。

私は山崎さんの隣に座る事になりました。
色々な話しをしていると、なんと!!
あるスピリチュアル系の共通の
お知り合いがいることを知りビックリ!!
色々な話しをしていると、
すると!!またまた!!なんと!!
私の前席の方もその方を知っていて、
来週、会う事になっているというのです!!

最後の最後で、本当のご縁を知る事になりました。

「出雲大社の光」→「分杭峠の言葉」→
「ムーSHOPと分杭峠とのご縁」→
「白山菊理姫さま」→そして、
おそば屋さんの同席した三人が
なんと!!共通の知り合い!!!

全く世にも不思議な旅でした~~~

でも、もうちょっと続きます。




地図

地図を前日に確認すると、東京、神奈川の我が家、
大山、富士山、分杭峠、御嶽山、白山が
ほぼ一直線上です。
今年一年、このルートを何度往復したことか・・・
このコースをつなぐご縁があるとしか思えません。
実は、前日の朝、山崎さんからお電話をいただきました。
その時、私が
「今回やっぱりご縁があるみたいですね。
 山崎さん方は新宿方面から来られるんでしょ。
 私も溝の口から町田へ妹を迎えに行ってから
 西へ西へ一直線に行くんです。
 今年は白山、御嶽山、分杭峠、富士山、大山を
 一直線上に結ぶ所ばかり通っているんです。
 実は去年の今頃から菊理姫さまとご縁がありまして・・・」
と、言いますと、
「えっ!!菊理姫様?今さっき金沢方面から
 来られる人達が白山神社に
 交通祈願のお詣りをされたと
 連絡がきたばかりですよ!!」

や~~ぱり皆さんも菊理姫様ですか・・・・

しかしです!!
菊理姫様は厳しい~~~~(^0^;)
今回は色々なハードルを
私に準備してくださっているみたいです<(_ _)>

11月11日の夜7時になってから
イラストの仕事が入りました。
それも締め日が近くて大急ぎです。
明日は分杭峠に行って一日仕事はできません。

私がどこかに行こうと決めた時は
すべて不思議にも順調になり、
ポッカリと時間ができるのですが、
この間際に仕事が入るとは・・・・
現地集合にしておいて良かったぁ~~

それにしても我が家を早朝5時半に出て
妹と友達を迎えに行く約束です。
もう夜遅いので変更もできません。
しかし、仕事も大事。
明日の運転は妹に任せてでも
徹夜で仕事を終わらせるしかありません。
外注は厳しい世界ですから (^_^;)
こういうときは一心に集中するせいか
いつもの三分の一の時間で描き終えました。
火事場のバカ力です (*^^)v
いつもこのようにできるといいのですが f(^ー^;
完成したデータをサーバーに送りました。
しかし、もし修正が戻ってきても、
明日は何もできませんから
シャワーを浴びて寝る前にもう一度
イラストを見直して、
確実にデータ送信できたかを
再確認しようとすると、
「サーバーの問題で接続できません」の表示 (◎-◎;)
ガ~~ン!!!
数十分前にはデータを送れたのに???
このままじゃクライアントさんから
明日の修正の返信が受け取れません。
何度も再起動したのですがダメです。
もう夜中の3時半!!!
目も開いていられないくらい眠い~~(__;)
結局すぐには治りそうもないので、
なるようになるさの開き直りです。
1時間ほど仮眠して、簡単なお弁当を作って、
猫ちゃん達のエサをたっぷり入れて
準備OK (*^^)v
しかし、金太郎とモコちゃんは
私に抱っこをせがんで中々私から離れません。
それが異常なくらい2匹でしつこく付きまといます。
モコちゃんは2日前から何も食べないで
元気がなかったので病院に連れていき
点滴をしてきたばかりでしたし・・・
あっちもこっちも私を外に出そうとしないエネルギー・・・
嫌な予感がしてくるものです・・・

明け方の雲海は神秘的な風景です。
写真に撮るとその感動は感じられないかもしれませんが、
雲の中に山や家や畑が見えるのです。
オバサン3人は「わぁ~わぁ~~!!
と歓声を出しっぱなしです。
中央道

中央道の諏訪インターを降りたら
152号・・・と、道は簡単でした。
でも、途中のトイレ休憩を探していたら、
いつのまにか諏訪インターを過ぎていました。
またまた、遠ざけるエネルギー???

とうとう伊那インターまで行ってしまい、
153号を走っていると、
秋の紅葉と霞の美しい美和ダムの景色にうっとり~~~
美和ダム
こっちの道もいいものですね。
人生だって、予定通りに行かなくても、
少し方向違いの生き方も
それなりに予想外のこともあっても
いいんじゃない?ということを感じました。
152号

私の気のエネルギーは充分で
1時間ほどしか寝ていないのに、
全然眠くもならないです。
ここで妹に運転を任せた方が
何かが起きそうな予感がします。
最後まで流れに任せて運転を続けました。

トイレ休憩しながら、秋の景色も
楽しみながら、ゆっくり来たつもりでしたが、
集合場所には30分も早く着きました。
山崎さん一行は少し遅れるという連絡がきました。
何台もの自動車で来るのですから大変ですよね。
先にゼロ磁場に行って気を浴びていてくださいと
言われて、シャトルバス乗り場へ行くと
たった1台のシャトルバスは行ったばかりです。
なかなか戻ってこないので、
金沢方面から来ていた一行のご親切で
大きなワゴンに一緒に乗せていただき、
プライベートシャトルをしていただきました。

一緒に同乗された方から、
山崎さんが私の事を
宇宙人と伝えていたそうで、
「息子はそんな感じですが、
 私はただのオバサンです~~」
と自己紹介させていただきました。
皆さん癒しのパワー充分で
すぐになじんでしまいました。
みんな宇宙人ですからねぇ~~

分杭峠・・・いったいどんな場所なのか?
ワクワク >^_^<
プライベートシャトルバスを降りると
こんな感じの景色になります。
分杭峠1
つづく


山崎さんは、20人程の方を
引率されて行かれるようなので、
私たち親子とは現地集合となりました。

しかし、息子は大事な仕事が12日に決まったから
どうしても休めないと言いだしたのです。
息子は「分杭峠」がどんな所か
少しは知っているようです。
では何故、息子は行かないのか?
私の脳裏に浮かんだのは
「普通の人間が行く所ではない。」
という言葉です。

息子は、人間が住んだり
近づいてはいけない所が分かります。
たぶん、分杭峠もそんな磁場なのかもしれません。
息子のような霊感が強い者が行ったら 何が起きるか?
しかし、それでも私の頭の中には
「分杭峠」「分杭峠」「分杭峠」・・・・・
が繰り返されます。
今まで、息子の関係であっちこっちと
遠出をしてきましたが、
今回は私のために行くんだ!!としか思えません。

しかし、私一人で行くのも危険と思いました。
実は私も子供のときから
不思議な体験をしてきました。
だから、私の話しや経験を信じて、
それを一緒に認めてくれる人が必要なのです。

12日は平日なので、仕事を持っている人は
誘いにくいのですが、一応、
(妹も仕事をしています)
誘ってみることにしました。
「12日の平日だけど、分杭峠に行かない?」
と、メールを送りました。
すると電話がかかってきました。
「分杭峠に?後10分でそっちに着くから待ってて」
その時ちょううど私に連絡もないまま、
妹は我が家に自動車で向かっていました。
着くとすぐに、
「分杭峠?!どうしたの?
 友達のIさんと前から行きたかったの。
 ちょっとIさんも誘ってもいい?
 仕事してるからダメかもしれないけど・・・」
すると、すぐに返信メールで
「仕事を代わりの人にお願いできたから行く。」
という返信メール。

私が一応と思って妹を誘ってから
30分もしないうちに休みを取って
女3人で行く事になったのです。

妹とIさんは、夏休みぐらいから
分杭峠に行くことを考えていたそうですが、
今年は御岳山の噴火で亡くなった人がいたから
遠慮をして行かなかったのだそうです。

このパパッと決まるタイミングは
いいとか悪いとか考えさせる余裕もないです。
行ける人は行くしかない。
行かない人は行く必要がない。
そんな感じでゼロ磁場に
引き寄せられているんでしょうか?

つづく

分杭峠・・・(2)ムーSHOP

テーマ:
10月30日、仕事の納品の後に渋谷を通るので
早速、ムーSHOPに行きました。
あの7色の光に魅入られていたからです。

入った途端に目に入ったのは、
あの7色の光をプリントした傘!!
きれい~~~~
他にも、分杭峠のパワーを集めたグッズがあります。
はっきり言って、この時点でもまだ私は
「ぶんぐいとうげ」のことを
何も知りませんでした。
そこで分かったのは
ゼロ地場(磁場ですね)のすごいパワースポットらしい・・・
ということだけ。
それより驚いたのは、このお店には
息子が推奨する水晶の種類ばかりが置かれています。
色々見させていただいていると
店長の山崎さんが親切に
色々な説明をしてくださいました。

なんと、話し初めが「ピラミッドのトート神」の
話をされはじめました。
私は、先週にも宮崎貞行先生の「アワ歌」中の本に
「トト姫」という神様のお知らせをする
お姫様の話を読んだばかりです。
今週はピラミッドのトート神の話ですか・・・
あっちこっちで「トト」の言葉がでてきます。

他にも気になる言葉を言われる山崎さんに
息子を紹介したくなりました。
しかし、時間はまだ4時くらいです。
息子の仕事が終わって連絡出来るのは6時です。
しばらく、ムーSHOPで色々な話を聞いたり
話したりして時間をつぶしました。

やっと息子のトトに連絡でき、
7時に来たのですが、
8時の閉店まで時間がないので、手っ取り早く
「息子のトトです。」と紹介しました。
すると山崎さんは
「トート神のトトですか。」
言われました。
私はこの驚きを期待していたのですが、
「いえ、スワヒリ語では小さな子供という意味で・・・」
そんなこんなと不思議な話が次々に弾みました。
私は、3時間以上もお邪魔していたので
何か買わなければ失礼と思い
探していると・・・さすが親子です。
すぐに買いたいものが一致しました。
それはダウジングのペンデュラムです。
それぞれお気に入りを見つけて買いました。

他にも、分杭峠のパワーが入った
ゼロ磁場ジェネレータの息子の診断は
「なんだ?不思議なパワーだなぁ。こんなの始めて。
 だけど、何なのか分からない。何にいいかなぁ~~?」
また、アカーシャクリスタルのネックレスは
「これいいなぁ~~パワーあるよ。
 誰が持ってもいいね。」
でした。
トート神のピラミッド型の石も欲しいなぁ~~~
もっと時間とお金の余裕があればいいのですが・・・

必見は、入口の机に置かれている
額に入ったハート形の葉っぱです。
これは売り物ではありません。
このお店の入口で通りを歩く人たちの
悪い気が入らないように守ってくれているみたいです。
トトが言うには
「この葉っぱ生きてるみたいだよ。
左から空気を吸って右から出してる・・・・」
でした。
詳しいことは、店長の山崎さんと
仲良くなってからお聞きください。
スピリチュアルな経験をいっぱいされていて
ず~~~とお話を聞きたくなる
不思議な世界をいっぱい知ってる魅力的な方です。
ラジオとかにもご出演されたと話されていましたが、
声のバイブレーションに癒やし効果があると思います。
このお店で売っている石も全部
山崎さんが選んだとおっしゃっていました。
安心してお買い求めできると思います。

しかし、とにかく私は「分杭峠」のグッズを買う前に
「分杭峠」に行きたかったのです。
11月8日に友達が戸隠神社に行くので
私も一緒に行こうと思っていると
山崎さんに話すと
「私も11月12日に分杭峠に行くんです。」
と言われるのです。

そして、その後、色々な電話連絡を
山崎さんとしている内に
息子も行くのならということで
12日にご一緒させていただくことになりました。

しかし、その時もまだ
「私は何の為に「分杭峠」に行くのか????
どこで誰が行くと言ったのか????」
と、ずう~~と自問していました。

つづく

我が家の空
10月21日の我が家から見た夕方の空。
お日様の力に感謝・・・・・
そんな思いで夫の友人が亡くなったことで
色々な思い出にひたっていた一週間からの話です。

出雲の光
10月26日に友人KさんのiPadで見せてもらった
出雲大社の七色の光の写真を
またまたご紹介する必要がでてきました。

この時、Kさんとこの写真を撮ったお友達が
次に戸隠神社に行くと言っていました。
この写真をパソコンに送ってもらい
感動して見入っていると・・・
「ぶんぐいとうげ」
という言葉を聞いたような気がして、
「私も行きたい」と思いました。
しかし・・・・「ぶんぐいとうげ」????
なんだろう?どこにあるの?
ネットで調べれば戸隠神社の近くです。
すぐに開いたのは
ムーSHOPのホームページです。
http://bungui.jp/hpgen/HPB/entries/12.html
このページの一番下になんと!!
出雲大社の7色の光と同じ写真が!!!
一日のたった数時間でこんな素敵な写真を
二枚も見れたことに感動と驚き!!!
分杭峠の光
なんだか興奮してきました。
Kさんに電話して
「戸隠神社に行くって言っていたけど、
分杭峠にも行くって言ってたよね?
一緒に連れて行ってくれる?
分杭峠も近いでしょ・・・」
すると彼女は
「分杭峠??そんなこと言ってないよぉ~~
だけど戸隠神社に近いから
行ってもいいよぉ・・・」
「あれ?分杭峠って、Kさんが言ってなかった?」
おかしいなぁ?誰が言ったんだろう?
私の空耳・・・なのか???
とにかく、「出雲大社」と「ぶんくいとうげ」の
光の写真に共通点を感じました。
ムーSHOPに行ってみたい!!
ホームページで調べればなんと渋谷!!
実は10月25日に私のスマホが
徐々におかしな壊れ方をし始めていたのです。
あと何回か使ったらどうなるかというくらいの
非常事態でした。
他の用事もあった渋谷の帰り道に
あわててラビに入って
そのまま携帯を会社ごと交換していたのです。

よく考えたら、この辺から
何かが起きていたみたいです。

つづく

我が家の庭の沢ガニちゃん

テーマ:
珍しい11月の台風による

秋雨の冷たい雨が降る夜のことでした。

外は冷たい雨なので、寒くて我が家に入って来た猫達が

お座りをして、みんなで一点をジ~~~っと眺めています。

よく金太郎が空気の一点を眺めることがあるので

ああ、お化けさんかな?と思うことがあります。

カーペットの上で何かがザザッと動きました。

モコちゃんが ササッと動いて、手で何かを叩いています。

えっ?沢ガニ・・・・(?_?)エ?

金太郎か?華ちゃんか?モコちゃん?

それとも他の野良猫ベビー達? 誰かなぁ~~~

セミ、黄金虫、蛇、トカゲ・ヤスデ・

アゲハチョウやクワガタ虫の幼虫・・・等々

を捕まえて家の中に持ち込み、

みんなでバタバタと鬼ごっこ遊びはいつものことですが・・・

捕まえてきた生き物の名前を書くと、

まるでハロインみたいですね (◎-◎;)

でも、今度は・・・・沢ガニ???

我が家の横に小さな小川があったのですが、

ドブを作ったり、家を建てたり、畑を作ったり、

猫達や狸もいるので・・・・

ここ数年は全然見なかったのです。

もう絶滅してしまったのかと心配していましたが、

まだ生息していてくれました >^_^<

嬉しかったです。

猫の遊び道具になりそうでしたが、

必死にハサミで戦っていたのです。

かわいそうに・・・すでにハサミと足が1本づつ落ちてました。

沢ガニ

猫達が邪魔をする中、なんとか捕まえました。

もう十一時を過ぎていたので、

明日の朝に水気のあるところに

帰してあげようと思いながらも

猫に捕まらない場所を探して眺めていましたら、

ヒョイと息子が帰ってきました。

「 このカニ、家の裏によくいるよ。でも、随分大きいねぇ。」

と、息子はよく見かけてたようです。

猫がすぐに来そうも無いところに逃がしました。

「もう捕まらないで、子孫繁栄ガンバレぇ~~~」

台風雲があった夜空は、すっかり晴れて、

綺麗な満月がニコッとしていました。

自然界の生命力に感謝です <(_ _)>\(__ )



追伸:鹿児島県の川内原発の再稼働が決まってしまいましたね (-.-#)

   3.11からの反省も思いやりも無い日本の経済人、政治家!!

   福島原発だって、まだ問題だらけでしょ!!!

   被災住民の方々だってまだ全然我が家に帰れないのに!!!

   この地球はおろかな人間達の経済発展のためにあると

   錯覚しっぱなし!!!の
分からず屋!!!

   私の祖母は、川内原発の近くの加世田市出身です。

   日本で一番星空と水が綺麗な所と祖母自慢の田舎です。

   もっと人類の知恵を絞った生き方を考えられないですか?

   日本人なら自然のありがたさを知っているはず・・・

   福島原発のおかげで学んだと思ったのですが・・・・

   ねぇ~~~神様 (>_<)

   それから、確か小泉純一郎元総理の父の

   小泉純也さんの出身地も加世田です。

   小泉さんが首相になられたときは、

   地元の人だと言って応援してましたよ!!

   そこから数十キロ先の近くですよぉ!!!

   原発反対って、細川さんと活動してましたよね????

   おかしいなぁ~~~政治家って・・・・

   西郷隆盛どんの故郷ですよ!

   あちらで日本の政治の後継者達に

   怒っていませんかねぇ~~? (`ヘ´)



高野山の名宝 

テーマ:
11月3日、六本木のサントリー美術館の
「高野山の名宝」展に行ってきました。
前売りチケットを買った時に、
八大童子のお顔が印刷されています。
とにかく息子に見せたくて、一緒に行きました。

チケット

サントリー美術館は、元防衛庁があった後地で
新しくなった六本木の
「東京ミッドタウンガレリア」の3階です。
約30年以上前に私の職場があったビルの目の前です。
でも、外側や回りはよく行くのですが、
中まで入ったのは初めてなんです。

あっちこっち分かりにくい表示で
迷いそうになったのですが、
アリの巣のイメージをすれば、
何とか理解して美術館入り口に
やっと着くことができました。
しかし、中に入れば、なんと又々、
いきなりエレベータに乗せられて上に行きます。
 休日でゴチャゴチャの人をかき分けながら
初めての迷路のような通路を来たので
こんな所に高野山の名宝が本当に展示されてるの (?_?)エ?
相変わらず六本木のままじゃない (-_-#)
神仏がこんな所で展示されてるの (@_@;)
なんと面倒な (-_^:)・・・と思いながら、
エレベータを降りてのれんをくぐると、
なんと!!!(◎-◎;)
白い板を丸くくり抜いた展示台の光の中に
弘法大師さまの優しいお顔の座像が
出迎えて下さるような入口に安置されています (・_・)(._.)

弘法大師座像
今までイライラした気持ちが
スゥ~~~と引いちゃいましたぁ~~~<(_ _)>
思わず心の中で十善戒を唱えていました。

不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、
不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋恚、不邪見

「イライラして、ごめんなさい!お恥ずかしいです。」
と、思わず反省の合掌をしてました \(__ ) 

それにしても、こんなに身近で弘法大師様に
お会いできるなんて\(^O^)/
例え座像でも大感激です。

大日如来さま
金色の大日如来さまも凄いパワーです。

ご入滅されたときの書き物も展示されていますが、
漢字ばかりで解読できなくても、
一字一字と読み込んでしまいました。

どれも凄すぎて・・・ありがたいばかりです。

いくら説明したくてもこの感動を書き切れないのです。

八大童子はまるで生きているかのようで
感心して見ていると、息子が
「本当はもう少し痩せてたんだけどな・・・」
と、一言。
「彫刻で子供を表現するには、
少しポッチャリしてないと
子供に見えないから、これはこれで完璧よ。」
と、八大童子に会えた感激で興奮している私でした。

その後、入口を通り越して階段を降ります。

すると!!!
階下に「孔雀明王」様が!!!
金色の美しい孔雀の上に
孔雀明王さまが座られています!!!
「美しい~~~~~!!!
キャ~~~!!」
と声を出してしまいました。

私と息子は呆然としてず~~~っと
眺め続けていました。
他の方も「これは素晴らしい!!」
の感嘆の声を発しています。

孔雀明王さま

何年ぶりにこんな興奮や感動をしたことか?
近寄って見れば見るほど、
その気品や美しさに惹かれて行きます。

「弘法大師様とのご縁がある孔雀明王・・・・」
と書かれています。
<(_ _)>_(._.)_<(_ _)>_(._.)_<(_ _)>_(._.)_
私は、ただただ
「やっぱり毎年一回は高野山に行こうねぇ~」
と、何度も息子につぶやいていました。

すっかりファンになってしまった私達親子は
大日如来さまや孔雀明王さまのグッズや写真を
買っていましたぁ~~\(^O^)/

元防衛庁後地で、夜中も賑やかな若者の街六本木に、
弘法大師さま縁の宝物が 来られています。
ぜひ、皆様も行ってみてください。