風疹の抗体検査・予防接種の助成を拡大へ | 倉田れいかBLOG
2019-01-25 10:24:52

風疹の抗体検査・予防接種の助成を拡大へ

テーマ:  ∟☆妊娠期
2019年1月21日号の練馬区報にも掲載されておりましたが、
私の所属する健康福祉委員会において1月22日に報告がなされたのブログにもアップしたいと思います。
 

(写真練馬区報より)

 

今回実施に至った背景には

平成30年7月以降、都内を中心に風疹が大流行し、発症者の80%以上が30歳代以上の男性が占めていることが判明いたしました。

この世代の方々は、予防接種制度が異なっていたため、この年代の風疹の抗体保有率が低くなっています。

 

風疹の怖さの一つとして

『風疹による先天性 風疹症候群』です。

風疹ウイルスは飛沫感染しますが、感染力が非常に高く、発熱や発疹などの症状が現れ、

妊娠初期の女性が感染すると、生まれた子が先天性風疹症候群となる可能性が高く、難聴や白内障、先天性心疾患などになる恐れがあります。予防には、ワクチン接種が有効ではありますが、生ワクチンのため妊娠中には接種できません。

私自身、妊娠希望時に風疹のワクチンを念のため接種をしました。

前段にも記載しましたが、妊娠後には接種できませんので・・。

 

このように、感染力が高く、流行している風疹に対し、

厚労省は感染拡大防止の追加策として特に抗体の保有率が低いといわれている

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性を対象に

平成31年度からの3年間の限定ではありますが、

風疹抗体検査と予防接種を実施することを決定しました。

これを受け、

練馬区では、子供の定期予防接種と妊娠を希望する女性とその同居者に対象に抗体検査と予防接種を無料で実施していましたが、

平成31年2月から39歳から56歳の(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた)男性で風疹の患歴、ワクチンの接種歴のない区民に対し費用の助成を実施します。

 

ワクチンの供給量には限りがありますが、

抗体検査を受け、検査結果が基準値以下の方については費用負担なしで予防接種を受けることが可能となります。

 

希望される方は、保健予防課への電話やメールで申請することになります。

 

以下、練馬区HPからの抜粋です。

 

『風しん抗体検査および風しん予防接種の費用助成について』

 

 費用助成の対象者で、抗体検査および予防接種をご希望される場合は、次の1.から3.の方法でお申込みください。

  1. 窓口(練馬区役所東庁舎6階)
  2. 電話:03-5984-2484
  3. 「お問い合わせ」のメール

注釈:1. 窓口と2. 電話は、受付時間:午前8時30分から午後5時15分までです。(土曜日、日曜日、祝日、年末年始は除きます。)

 

現在申請が集中しているようで受付から抗体検査の問診票や予診票の発送までに2週間程度かかるようです。

ご希望の方は早めのお問い合わせをされることをお勧めいたします。

 

この年代の男性はパパになる方、早い方ではおじいちゃんとなりうる世代でもあります。お子さんやお孫さんたちを守るため、

そして地域にいる妊婦さんとお子さんを守るためにも社会全体で取り組み

予防に向け進んでいっていただきたいと思います。

 

 

倉田れいかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース