3歳児一年保育事業について | 倉田れいかBLOG
2018-02-09 14:03:53

3歳児一年保育事業について

テーマ:議員活動

以前、一般質問でも3歳児一年保育については質問をしておりました。(こちら

 

3歳児一年保育とは、

区立幼稚園の空き教室を活用し、待機児童となった3歳児を1年間だけ預けることが出来るもので、

練馬駅近く(練馬3-9)に開設する送迎ステーションに朝と夕方送り迎えし、バスで区内3か所の区立幼稚園に通うものです。

 

 

(区の資料より)

 

対象者は平成30年4月入園分の申し込みをしたが、待機児童となった児童が対象です。

80名の枠が用意されています。

 

利用料金は、3歳児が最も多い階層の保育料から算定し、21.000円/月です。

(生活保護世帯は免除、ひとり親世帯は10.000円を減額)

 

一般質問や委員会などでもこれまで質疑をして参りましたが、

練馬地区(郵便番号176の地域)の3歳児の待機児童対策で行われるわけですが、

一年間の対応とはいえ、風邪をひいたらお迎えはどうなるのか・・・。

練馬地区から区立幼稚園のある光が丘や北大泉までお迎えに行かなくてはならない保護者の負担はどうなるのか・・・。

 

ステーションとして使用する場所の日中の利活用についてはまだ、明確な話は出ていませんが

保育所の設置は子どもの声が騒音であるということでの苦情や、送り迎えの際の自転車等のトラブルなどから

近隣の方々との調整も必要であることから、

一日を通しての活用方法は課題があるようですが、

送迎ステーションの場所自体を保育所として施設整備したほうが保護者や児童にとっては負担が少ないように感じます。

 

保育士確保の課題や近隣との調整など課題はありますが、更地にステーションをわざわざ作るわけですし・・・。

 

災害時のことも想定し、やはり近くで預けられる環境を進めてほしいかぎりです。

区に対しても、ただ預けられる環境でなく、安心して預けられる環境というで進めるよう引き続き議会を通して活動していきたいと思います。

 

倉田れいかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース