作詩家 水木れいじの気まぐれDiary

アメブロにお引っ越ししました!


テーマ:

昨日、中野サンプラザで

天童よしみさんの

45周年記念コンサートがありました。

名曲「珍島物語」に始まり

アンコールの「母と娘の生きる歌」まで

息をもつかさぬ、名唱と語りで

45年の軌跡を 聞かせる構成でした。

幼少の時の音声「可愛いベイビー」から

15才の時の「大ちゃん数え唄」

そして、デビュー曲の「風が吹く」

そこには、ご両親と共に 幾多の苦難をのりこえて

歩いて来た、一人のアーチストの姿があり

感動の渦となって

客席の方々を 魅了するものでした。

最後に、天童さんが 思わず口走った

「この声ひとつで 頑張って来ました!」

それは まさに、魂の叫びのように聞こえ

多くの人が 泣かれていました。

天童さんと関わってこられた

先輩の作家の方たちも

涙を浮かべられていました。

これからも その歌声で

日本中の人々に、元気と

生きる勇気と笑いを届けてください。


 |  リブログ(0)

水木れいじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります